カテゴリー「林業(チェーンソーの目立て)」の56件の記事

2024/04/16

どうしてガイドバーの先端が開いてしまうのか

ブログの読者さんから質問をいただきました。

有意義な質問だと思うので、ブログでも共有しますね

 

バーの先が開いてきて使えなくなる現象、あれはどのような理屈でそうなるのでしょうか 目立ての拙さがやはり大きく影響するのでしょうかだと思います。

先端が開く1番の原因はチェンソーの挟まれやプッシュバックなど、ソーチェンに強い衝撃を与えるものだと思います。

目立てについては、フック形状でデプスゲージが低いと食い込みが大きくなり、先端にも負荷が高くなると思います

 

もう1点、目立てしてて感じるのですが、左カッターの目立てで、上手に研げてるように感じても、あまりバリがでないように感じます 同じような経験ありますでしょうか?

上手に研げているなら良いのではないでしょうか。バリを出すために目立てしているのではないので。

僕はバリとか気にしたことがありません!

 

バーが開いた時は枯れたアカシヤでしょうか…かなり固い木を切っている途中でそうなりました ちなみにプッシュバックというのは…押し付けすぎている?という解釈でしょうか?

プッシュバックはガイドバー上部のチェンに負荷がかかり瞬間的に押し戻されるような状態になることです。ガイドバー下部のチェンでも起こり、これは引っ張られるようになります。

硬い木で開いたというのであれば、やはりチェンが引っ張られるような強い負荷がかかったのだと思います。
切れ味の良いソーチェンで切れ味に任せて切り進めば問題はないと思います。

| | コメント (0)

2023/08/09

チェンソー目立て工具、miyanoバイスを使ってみた

インスタを中心に話題になっているチェンソーの目立て用バイスを使ってみました。

いまやインスタのアカウントを持っている林業関係者で知らない人はいないと思うのですが、まだ使ったことがない人は多いと思うので紹介します。

商品紹介ページはこちら

72f7f7dd20af4e34b5b162cc5cfe6d58

3971053001b24caea908dda98d43fac2

186d1abe2059498a95b4a8402ba2b26a

一般的な目立てバイスというとこういうふうにガイドバーを固定するものが多いと思います。

これはこれで良いのですが、どうしてもカッターがブレやすくヤスリの力が僅かに逃げてしまいます。

 

それに対して、miyanoバイスはカッターの固定ができるところが最大の特徴です。

1aaa0e81bcce497daae96af7c0b6a875

プレートでがっちり挟みこむことによってカッターのブレをなくします。

ですので、パワーロスが少なくヤスリが曲がるほど力を入れなくても、しっかり刃を研ぐことができます。

 

<メリット>

・軽くコンパクトなサイズ感

・力が逃げない、カッターがブレない目立てができる

 

<デメリット>

・ソーチェンを外して研がないといけない

・切り株などに固定する場合、オレンジのハンドルが干渉したり、ソーチェンの仕舞いが悪いので、切り株を加工するなり多少の工夫と慣れが必要

・ハスクバーナの目立てガイドのようなソーチェン(ガイドバー)に装着するタイプのものが使えない。スチールの目立てガイドのような丸やすりに装着するタイプは大丈夫

 

<結論>

実際に現場で働く人ならではの、ありそうでなかった商品ではないでしょうか。

気になる人はショップへGO!

| | コメント (2)

2021/07/29

ハスクバーナの目立てキット

4afbdd271f7d43778d271913145b73a5

ハスクバーナの目立てセット(Husqvauna FILE KIT 33)使っている人も多いと思うのですが、ちょっと皆さん教えてください

 

5aae956569944e26b3e3556e988c9fc8

この黄色◯の90°ってどこを指しているんだろう?

これが60°ならわかるんだけど、僕の理解がおかしいのかな。

世界中で売られているものが、思いっきり間違えるなんてないだろうし、うーん。。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<追記>

コメントで教えてもらいました〜

カッターではなくて、この目立てゲージのローラーに対して90°にして、っていう意味なんですね。

優秀なフォロワーに感謝です!

| | コメント (5)

2020/12/15

京都でチェンソーの目立て講習会をしてきた

B3aaaf5b54d04d7c932185bce913b8d1

若手の技術者に目立てのコツを、という趣旨だったのですが、蓋を開けてみれば僕とほぼ変わらないくらいのベテランさんがいたり、ととても刺激的な講習会となりました。

 

C79ebbf6851f404bacbb47b70e3be90f

これは拡大鏡を使ってカッターのチェックをしているところ。

なぜこの刃が切れないのか、どこをどう研げば良いのかを一つ一つチェックします。

 

Bb18812a869343ba9ef3a030846bb65d

これはチェンソーで作ったカッターの模型。

樹種は桜だったかな。

 

講習会に参加してくれた人のヒントになることがあればよかったのですが。

今回の反省点としては、試し切りを行なったのですが、目立て前と目立て後でタイムを計測しておけばよかったということ。

次回あれば、ぜひこのようにしたいなと思います。

何か景品用意しないと!

| | コメント (6)

2020/08/01

90倍顕微鏡でチェンソーを見れるぞ


雑誌DIMEの今月号の付録やばいよね。
そうスマホに付けられる顕微鏡!
ヒューーーーー!


 


僕は早速ポチりましたので、これでチェンソーのカッターを見てみようと思ってます。
目立て前と後ではどう変わるのか、楽しみだよねー
もちろん、記事にもするから、少々お待ちを。


 


あ、僕は電池を買い忘れてこの顕微鏡がまだ使えないというミスを犯したので、みんなはそんなことないようにな!


 


| | コメント (0)

2020/05/27

チェーンソーの目立てチェックポイント

チェンソーを研いだ時に、フックになってしまう人、多いのではないですか。

ただ正しい刃の形というのが、「いい感じ」でフックになってる状態なんですよね。

どれくらいのフックが「いい感じ」なのか。

一つの目安として、カッターの下部がどれくらい削れてしまっているかで判別できます。

5f538f2d5b6f4019aa0b446c640ca5f0 D258d1dcf14f430fba1606e03829e904

カッターの種類は同じもの。

青丸を見てもらうと、まだカッターは半分以上あるのにリベットの下のところが削れて磨耗してしまっているのがわかると思います。

つまり、フック形状が引っかかりすぎてカッターの真下がガイドバーに強く接することにより磨耗してしまっているわけです。

 

対する赤丸はというと、カッターはかなり小さくなっていますがリベットの下部はそれほど磨耗していません。

つまり、カッターはそれほど振動せずにスムーズにガイドバーを走っていることがわかります。

 

多少の振動があってもグイグイと走っていくチェンソーが好きな人もいます。

逆にできるだけ振動せずに静かに切れていくのを好む人もいます。

好みはそれぞれですが、ぜひご自分のカッターの下のところをチェックしてみてください。

何か新しい発見があるかも。

 

| | コメント (0)

2020/01/01

チェンソー目立て動画いろいろ

みなさま、あけましておめでとうございます。

奈良県吉野に移り住み20年を超えていますが、年々、雪が減っている印象です。

環境の変化を感じるなあ。

 

みなさん、仕事始めは6日からですか。

今年は休みが長いですよね。。

僕はすっかり持て余していて、読書三昧の予定。

樹木、狩猟関係、昆虫食、ゲーマーのウメハラ、ときどさんの本をガーッと読んでます。

どれも面白かったけど、ゲーマーの本は示唆に富んでいて、ほんと素晴らしい。

ギリッギリの勝負から得られる教訓て、ほんとすごいわ。

 

で、読書もいいけど、やっぱり動画。

というわけでチェンソーの目立ての動画を集めてみました。

ネットにめっちゃ転がっているけど、個人が作っているものよりもチェンソーやヤスリメーカーが作ったものがシンプルにまとまっていて見やすいよ。

あ、オレの動画は特殊な事例(チゼルに角ヤスリ。しかもかなり初期のもの)ということで、分かりにくいのはご勘弁。(言い訳)

ちなみに、チゼルを角ヤスリで研ぐのならstihl fan suisseさんの動画がダントツにわかりやすいです。

カッターの固定がいかに大事なのかと痛感しますね。

もう一度スイスに行くことがあれば、ぜひ会いたいなあ。。。

 

 

 

アニメーションで表現されているので、個人のクセもなくわかりやすいです。

 

 

続いてはヤスリメーカーの動画。
ヤスリを往復させているのは、メーカーが早くヤスリを磨耗させるための陰謀です。(深読み)

 

と、他にもハスクやガイドバーのOREGON、ヤスリメーカーPFERDなんかの動画もありますが、どれも似たり寄ったり。

結局、肘の高さでチェンソーとカッターを固定して治具を使い両手でしっかりと研ぐ

というのが基本中の基本で正解なのでしょう。

 

さて、俺も動画ばかり漁ってないで、チェン研いできます!笑

| | コメント (3)

2019/12/29

チェンソーの刃の誤差は0.2mm以内

みんなセブンルール観てる?

僕はだいたい8割くらいは観てるかなー

いまはテレビアプリでも見ることができるから便利だよね。

少し前の辞典を作っている人は、ほんっと最高でした。

 

んで、このセブンルールに林業が取り上げられたんだよね。

その人は、有限会社ウッズ 森林管理部の中島彩さん

中島さんはもう知ってるね。

この業界イチといっても良いほどの有名人でしょう。

 

 

 

その中島さんが7つのルールのうち、2番目に挙げていたのが(というか編集で2番目になっていたのが)、タイトルの「チェンソーの刃の誤差は0.2mm以内」

番組では、現場に出る前にデジタルノギスで測って、研いで長さを揃えていました。

 

僕ももちろん長さを揃えるようにしているし、それは皆さんも同様と思います。

ただ、デジタルノギスで数値化している人はそれほど多くないかと。

僕は普通のノギスを使って長さだけ確認して大きさを揃えるようにしていました。

 

 

というわけで、中島さんに習ってさっそく購入。

091960cea11e4e59b6594b649e874722

Cbc71193cf234f5faa486e0e50e8f3e3

ヤバっ

これ、めっちゃわかりやすいわ。

数値化されて目標が見えると、研ぐ時のモチベーションが全然違う。

ここまでやればいいってわかるからだね。

いやはや驚いた。

 

というわけで、皆さん年内まだ間に合うから、近所のホームセンターへGO!

年末年始の休暇を利用して相棒のチェンソーをしっかり手入れしましょうね。

 

ちなみに、僕はAmazonで購入しました。

文字が大きく表示されるものを選びました。(それでいて安いヤツ)

 

| | コメント (2)

2018/04/30

キマルバイスを使ってみた

ソーチェンの目立て治具で有名なキマルさんからキマルバイスをお借りして使ってみました。

キマルバイスについてはキマルさんのブログ記事を参照してください。


Img_6997

カッターをがっちり固定してくれて、丸ヤスリのかかりが良く、しっかり仕事してくれます。

想像通りの剛性感に思わずニヤけてしまいます。
設置も簡単だし、目立てが楽しくなるレベル。


一緒にこのバイスを検証していた友人は早速購入を検討していました。
Img_6820

ただ僕が気になったのはその重さ。
このコンパクトさから油断していると、かなりズシっと重たいです。
400gだから決して重たくはないのだけど、現場で使うのはちょっとためらうかなあ。

友人は自宅でこれを使って目立てをしたいということでした。
僕は治具を現場に携行して目立てをするタイプなので、軽量なのに越したことはないんですよね。
でもそうするとこの剛性感はどうなるのかな。


とにかくこのバイス。
かなり優秀です。
使えばすぐにわかります。
がっちりホールドしてくれるから目立てに必要な力がしっかりとカッターに伝わるんです。
つまり余計な力が必要ないから、ブレたりもしないし、腕も疲れません。


さすがはキマルさん。
業界の発明王ですね!

| | コメント (9)

2018/02/07

目立てワークショップ@鳥取県八頭中央森林組合

Img_4669
やって来ました、八頭中央森林組合
一日ずれていたら大雪だったみたいですが、講習会当日はなんとか大丈夫でした。


鳥取県にチェンソーの目立てを話に来るのは2度目。
前回は2011年と言うことで7年ぶりの鳥取となりました。
その時のブログはこちらです

この時のブログ記事、何が書いてあるのかよくわからないっすね(汗)
この頃はマニアックに細かいことばかり気にしていたなあ。


とにかくこの2011年の時は、終わった後、すごく凹みまして。
調子に乗って細かいことまで話しすぎて、研いだり、丸太を切る時間があまり取れなかったかなと。


なので、今回は
20160126235823

つうことで、チェンソーに向き合ってもらう時間を増やしてカッターをしっかり観察したり、研ぐ時間をできるだけ取るようにしました。


Img_4666
できるなら目立ての時は地面じゃなくて台に置いてやりたかったんだけど、場所と人数の関係でできなくてそれは残念。

でも、僕の目立てフォームは今回室内、屋外でもしっかり見てもらえたと思うんで、要領はわかってもらえたかと。


林業の中心がハーベスタ、プロセッサになっているとは言え、やはりチェンソーはまだまだ必要不可欠。
刃の切れる使いやすいチェンソーで身体は楽に、気持ちよく安全に仕事して行きましょう!


お世話になった八頭中央森林組合の皆さな、きっかけを作っていただいたSさん、ありがとうございました。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧