カテゴリー「出来杉店!(てん)」の150件の記事

2019/10/18

業務で使うQGIS ver.3

秋の夜長に読書に励む日々です。

林業は残業がないから、いいよね!

 

今日紹介するのは、QGIS!

 

ーーーーーーーーーーーー
林務行政、林業経営に活かせる応用事例も豊富。

便利なデータ処理、地図化、ファイル作成が今すぐに。

「ここを説明してほしい」を項目別にていねい解説。

森林経営管理制度の支援ツールとしても最適。

●本書で学ぶ主な操作解説内容

・QGISについて

・QGISのインストール

・QGISソフトの基本的な操作方法

・ファイル保存

・地図データなどの入手・準備

・ファイルの作成・変換

・座標参照系の説明

・レイヤの基本操作

・属性データの整理

・地図の作成・表示

・地図の印刷

・さまざまな機能をつかった応用事例

・長さ、面積を測定・計算する

・紙地図をQGISで使う

・さまざまな場面での応用活用

・GPS関連の操作

・GoogleEarth関連の操作

QGISデータの共有方法、オープンデータの紹介、QGIS解説サイトや質問掲示板案内など、実務に使える内容満載

全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーー

 

 

現場オンリーの人が使う本ではないけれど、こういうの好きな人にはたまらないよね。

フリーソフトでこれだけのことができる。

それを懇切丁寧に解説してくれる書物がある。

んで、この「業務で使うQGIS ver.3」ホームページでフォローアップもしてくれる。

初心者向けの質問コーナーも充実していますよ。

 

皆さんの事務所にパソコン好きな若いコはいませんか?

いっちょやってみるかという人、いますよね。

ドキドキしながらやってみましょうよ!

なんてたって無料 ←本代はかかるよ。

| | コメント (1)

2019/10/13

アーボリスト基本テキスト

全国的に樹上伐採作業を行う人が増えてきましたね。

その基本的なテキストが発売されました。

 

 

アーボリストの国際組織・ISAがアメリカで発行した「Tree Climbers' Guide, 3rd Edition」。樹上作業者の手引き書として世界中で読まれている本です。その待望の日本語版が本書です。
「『ロープを使って木に登る』、『樹上でチェーンソーやノコを扱う』、『重たい枝や幹を吊り下ろす』といったアーボリスト、特殊伐採の作業は、どうすれば安全に行えるのか」
「樹木を痛めないように枝を切断して健康を維持するには、どのようにすると良いのか」
ISAでは、数十年間にわたり数多くの研究と現場実践を重ねてきました。本書はその実績をもとに、「なぜその作業方法か」「なぜ危険か」を示し、安全で適切な樹上作業の原則を300点を超えるカラーイラストで分かりやすく解説しています。

また、ISAやATIの認定資格試験のための学習ガイドでもあります。章ごとにキーワードや練習問題が設けられており、理解を深めるのに役立つ構成です。
全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーー

タイトルをよく見て欲しいのですが、これは『樹木管理技術』について書かれています。

木に登る手順や、その道具について書かれているわけではないんですね。

樹木を管理するために必要な技術としてロープ、ノット、クラミング、リギングについても書かれていますが、樹木の生態や安全管理にも多くのページが割かれています。

まさに教科書といった体裁。

これだけで仕事ができるようにはなりませんが、時に立ち返る場所として手もとに置いておきたい書物です。



最近は動画やSNSで勉強して、樹上伐採で使われる道具や技術を取り入れる人も増えてきました。

それでは表面的な部分を真似る以上にはなりにくいように思います。

ぜひ、こうした基本書を手に取って、そうした道具や技術の背景や土台というものを学んでほしいな、と思っています。

 

そうして、みんなで安全第一で取り組んでいきたいですね。

| | コメント (0)

2018/11/29

道具と技vol.19 リギングの科学と実践

そうです。
特殊伐採の大特集号になりますっ!

ーーーーーーーーーーー

ISA公認テキスト『アーボリスト® 必携 リギングの科学と実践』(8月、全林協発行)は、国際組織ISA(International Society of Arboriculture)によって体系化され、世界共通標準となる樹上伐採技術のエッセンスをまとめたものです。

本特集ではこのISAテキストを引用しながら、実際の現場におけるアーボリストの技術や道具を写真図解で紹介しています。
特殊伐採従事者、アーボリスト必見!
全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーー

例のテキスト。 これね。

amazonのレビューにもあるように「わかりにくい」って思う人もいると思うんです。
だって、原著はDVDとセットで販売されていたんですから。
映像なしで本だけ読んでもそりゃなかなか厳しいこともあります。
(それを踏まえて翻訳版はかなり補足説明が入っています)
そこで、この道具と技VOL.19ですよ、奥さん!

同僚の我が組合のエースクライマーbirdさんも「アーボリストの腰回り道具」に登場しています。
他にも友人がたくさんが登場しているんですが、豊富なカラー写真で情報量もかなり多いです。
多くの人に満足してもらえる本になっていると思いますよー

| | コメント (0)

2018/10/05

世界の林道

世界中で林業が行われているという当たり前のことに気づくことができる。
そんな書籍の紹介です。

 

北米、ヨーロッパ、北欧、オセアニア、アジア、世界各国の林道を著者が実際に訪れ、その構造や管理方法、システムやサプライチェーン・マネジメントでの役割、日本との違いなどを、現地で取材をしてきた知見とともに、カラー写真を交えながら解説、紹介しています。
「林道を見れば、その国の林業が見える」。
著者の見てきた世界の林道を感じ取ることができるでしょう。
全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず最初に、これは世界の林道の「作り方」が掲載されている本ではないです。
設計図はあります。

それぞれの国においての気候や地質、国民性に合わせて、どのような林道が展開されているのか、それがレポートされています。

写真も豊富なので見ているだけで、世界の森を旅行しているような、カタログ的な楽しみ方もできます。
見ているだけでワクワクするんですよね〜


ただ、ここで主に紹介されているのは林道の三区分で言うところの「林道」や「林業専用道」。
現場作業員の僕には「森林作業道」をもっと見てみたかったという気持ちがありますね。


ま、それは置いておくとして、この上下巻を読んでみると、改めて世界中で林業が行われていて、みんな水の処理に知恵を絞っていて、youtubeでみるようなトレーラーで丸太をガンガン運んでいるんだと言うことがわかります。

頭の中が狭い日本を飛び越えて行くので、なんだかスッキリすると言う効用もありますので、興味のある人はぜひ手にとって見てくださいね。

| | コメント (0)

2018/08/28

リギング本、確認テスト訂正箇所

先日、ブログでも紹介しました「リギングの科学と実践」に間違いがありました。
確認テストの部分です。

【お詫びと訂正】
P.174「確認テスト 解答」に下記の通り誤りがございましたので、
訂正させていただくとともに深くお詫び申し上げます。

 ■3章 リギングノット
問3  誤)c
    正)d

 ■4章 枝下ろし基本編
問1  誤)a
    正)d

全林協ホームページより引用


購入済みの方、ご確認よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2018/08/10

アーボリスト必携『リギングの科学と実践』

お待たせしました!


思えば、この原著を友人たちと分担して翻訳したのは何年前のことだったでしょうか。


編集部をお手伝いするカタチで協力してきたこの翻訳本。

原著ではDVDとセットなんですよ(DVDの映像はYouTubeで見れるものも多いです)。
それがこの本だけで、イチから説明しないといけない。
これがどれほど大変だったか。

翻訳を担当した方は本当に大変だったと思います。


そのおかげで、原著よりはかなり読みやすい本になったと思います。
原著は、同じ内容を指す用語がコロコロ変わりながら出てきたり、リギングの土台がないとわかりにくかったんです。

なにはともあれ、発売まであと数日。
自信をもってお勧めできます。
タイトル通り必携ですね!


ーーーーーーーーーーーーー
(2018.8.28追記)

【お詫びと訂正】
P.174「確認テスト 解答」に下記の通り誤りがございましたので、
訂正させていただくとともに深くお詫び申し上げます。

 ■3章 リギングノット
問3  誤)c
    正)d

 ■4章 枝下ろし基本編
問1  誤)a
    正)d

| | コメント (8)

2018/07/20

19号は特殊伐採、樹上伐採特集!

林業の赤い本こと、「道具と技」ですが、次号は久々の特殊伐採特集です!

先日から、僕も取材に行ってきました。
ここで画像の一部を公開。
Img_8038

Img_8040
Img_8044
Img_8046_2

Img_8047


特殊伐採を特集した号といえば、5号、10号とありますが、今回はよりリギング作業を重視した特集となります。

5号は特殊伐採を紹介した本、10号は全国様々な事業体、業者さんの現場レポートが大変充実しています。

第19号、楽しみに待っていてください。

| | コメント (2)

2018/06/11

道具と技vol.18

この特集はこれまでどんな本でもなし得なかったのでは?
日本の林業もここまで来たと思うと感慨深いものがあります。

 

本書は、オペレータ向けに執筆され、現場人の安全、チームワークを重視しながら、重機を使いこなす実践テクニックを豊富な写真で解説しています。

記述がすべて現場人オペレータの立場・視点で書かれています。技の方法・理由も説明され、納得して理解できます。著者は重機オペレータ出身の林業教育機関講師で、本書の内容はEUの林業教育教材に採用されています。

 もはや重機は単なる高能率の機械ではありません。IoT情報発信基地であり、サプライチェーンの起点でもある。それが今の進化形です。

 現場人・オペレータは、林業会社の顔であれ、と著者は言います。だからこそ、絶対安全を確保し、プロとしての技術・スキルを高め続ける責務があり、それが社会の信頼を獲得すると。

 業務、スキル向上に役立つ1冊です。
全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ハーベスタ・フォワーダがない事業体もまだまだ多いと思います。
僕の所属する森林組合ももちろんそうです。

そんな人でも大丈夫。
興味深い記事ありますよ。

松くい虫被害 防除作業最前線     株式会社 弘法林業(長野県)
山仕事の最適な肌着研究―機能性と汗冷え対策
作業衣研究シリーズ② チェーンソー防護ズボン・チャプスのメンテナンス、効果的な洗濯方法
中坪講師に聞く ロープ高所作業(樹上作業)の特別教育     「ここを学んでほしい!」

ちなみに、僕が肌着について書いたのは「現場系インナーを考える」になります。


あと、洗濯についてはもう普通に現場用洗濯機に放り込んで普通に洗濯しています。
脱水も。
夏場はズボンが汗臭くなったら嫌なので、裏返して洗ってます。
汚れがひどい時は先に手洗いしてざっくり汚れを落としたり、つけ置きして。

さて、「効果的な洗濯方法」とはどんなものなのでしょうか。


ぜひ、本書を手にとって確かめてください!

| | コメント (0)

2018/05/29

森づくりの原理・原則

こんな本を待っていた。
ここ数年でベストかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーー

樹高や材積の成長には自然のルールがあります。森林生態系の言葉である原理・原則です。

 本書は、森づくりの科学的根拠となる原理・原則を読み解き、そのルールを知ることで最適な森づくりを考える本です。

 間伐率はどうあるべきか、材積成長の最適化はどう見るか、皆伐、再造林の在り方、混交林、更新の確保、災害に強い森づくりなどは、何を根拠に検討すべきか。そうした答えを本書から見つけることができます。自然の法則にあった森づくりこそ、持続可能な森林管理の土台です。

 専門的で難解になりがちな内容も、わかりやすい語り口、写真や図表でなるほど、納得。森林に興味のある方、林業関係に携わる方におすすめです。

全林協ホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

そう、こんな本が出版されるのを待っていたのだ。
Genri1
リンク先の全林協のホームページをぜひ見て欲しい。
目次の内容見ただけで、これは面白そう!ってなるでしょ。
いくつか紹介すると。
木の一生(2)稚樹期─針葉樹の幹はバネのように柔らかい
針葉樹と広葉樹の生き方(2)─針葉樹は常に水を吸い続け、広葉樹は条件によって水を吸う力を変化させる
間伐と多面的機能の関係─多面的機能が高く、成熟段階に近い林相を間伐でつくる
自然撹乱を模倣した皆伐方法─木を残す施業と複相林
緑の雇用のFWでもこれをテキストに使った講習が開かれるべきなのではないか。
広く基礎的な知識をしっかりと押さえることができると思う。

ベテランさんも是非手にとって。
ウンウンうなづきながら読むことができるだろうし、知らなかったこともたくさんあると思いますよ。

僕も本当に勉強になりました。
大変満足しております!

| | コメント (0)

2018/01/20

赤堀楠雄さんの講演会が奈良でありますよ

というわけで、赤堀さんの講演会です。
林業って当たり前だけど、どうしても地域性が強くて視野が狭くなってしまうことがあると思いません?
赤堀さんのような川上から川下まで全国を回っている人の話ってすごく刺激を受けるんですよね。


主催者のホームページから引用します。

以下の通り第5回の「明日の奈良の森を考える学習会」を企画させていただきましたのでお知らせいたします。
皆様には是非ご参加くださいますようよろしくお願いいたします。
参加申込WEBSITE https://naraforester.wixsite.com/asumori-5

5421341bs

奈良県のフォレスターが主催だけど、全国どこからでも参加できますので、お気軽に申し込んでくださいね。
あと、大事なのは第2部の交流会。
これがあってこの勉強会が完結します。
ご飯も美味しいし、是非ご参加を。

ーーーーーーーーーーーー
後援会の予習するならこちらをどうぞ



現場派ならこれ!(ブログの紹介文はこちら

| | コメント (0)

より以前の記事一覧