カテゴリー「林業(四方山話)」の348件の記事

2020/01/21

「はたらく細胞」で勉強しよう

やあ、みんなアニメ観てる?

今期の「映像研には手を出すな」は、娘(小3)があまり気に入ってくれなくて、ちょっと残念…

 

で、後輩に教えてもらったのが2018年にやっていた「はたらく細胞」。

まあ、これが面白くてタメになる。

娘も気に入ってくれて、お父さんも満足です。

僕はアマプラで観たけど、ネトフリでも観れるので、ぜひ観て欲しいな。

 

どんなアニメかっていうと、舞台が人間の身体の中で、いろんな細胞がケガや病気と戦うっていう話なんだけど、、ってぜんぜん訳わかんないな!

林業に関わるみんなに特におすすめなのは、第5話「スギ花粉アレルギー」と第11話「熱中症」。

もうそろそろスギ花粉が飛び始めるころでしょ。

熱中症はまだまだだけど、熱中症には本当に注意しないといけないからね。

アニメを通して、僕らの身体の中でどんなことが起こっているのかを知ることができるんだわ。

 

で、原作マンガの「熱中症」はここで無料公開されているんで、ぜひ読んでほしいな。(公式のTwitterへ飛ぶので、そこからマンガへどうぞ)

あと、YouTubeにこの漫画のアナザーとしてポカリとのコラボ動画が挙がってるから貼り付けておきますね。

 

 

ちなみに、僕の推しは血小板ちゃんです(キリッ)

| | コメント (0)

2020/01/15

第11回林業Iターンミーティング締め切り間近

定員残り10名ほど。

全国から50名の参加をいただいています。

みんな現場でいろいろ思うことあるでしょ。

あんな話やこんな話したいでしょ。

わかるよわかるよ、オレにはわかる。

 

実行委員的にはコンテンツの充実を図ったつもりです。

でも、やっぱり最後は人でしょう。

「絶望の林業」において志をもって仕事をしている仲間と出会える場。

それがITMだと思いたいし、そのような場になるよう頑張ります。

 

申込み締め切りは20日。

あと5日ほどです。

申し込みはお早目に。

申込フォームはリンク先にあるよ。

 

| | コメント (0)

2019/12/23

沖縄の林業機械展示会に行ってきたよ

いや、もう10日くらい経ってしまったんだけど、沖縄の林業機械展示会に行ってきました。

Ce91c28bcd47462087629395a73801fe

8084da9b92194d83837ec05798e5f0a8

会場の広さに比べて出展企業が少なかったかな。

なんだかとってものんびりした雰囲気で、その分ブースをゆっくり回ることができて良き良き。

 

会場では、会いたい人に会えたり、まさかまさかの偶然の出会いもあって、とても楽しい時間を過ごすことができました。

ただ、会場でいただいてきたたくさんの資料を宿に忘れるという、完全なるリゾートボケをかましてしまいました。。

 

林機展では絶対に聞きたかった樹木図鑑作家の林将之さんの講演を聞くことができました。

亜熱帯の樹木図鑑を作るために沖縄に移住したと聞き、これにはびっくり。

417684e5f2484b1a988731a5461163a3

Eb520e7ab0934eb5a5a9358211686771

講演後には、森林インストラクターの勉強で図鑑がとても役に立ったことをあいさつさせていただき、いろいろな話を伺うことができて、天にも登る気分とはまさにこのこと(ミーハー)

 

 

展示会の翌日は島巡り。

36de122240cf443cbb60f92a4afc4b46

巨大な板根が特徴のサキシマスオウ。

これが群生しているスポットがあって、この場所を見つけてくれた組合の仲間たちに感謝ですね。

5923676530774f7397227cf05be67004

これはガジュマルですね。

小笠原を思い出すわ〜

C385c87543a041feb41f5aa77d1c5aaf

沖縄といえばこれ。

ヤンバルクイナ!

 

食べ物もいろいろ食べることができたし、沖縄とっても楽しかったです!

 

 

| | コメント (0)

2019/12/05

林業Iターンミーティング早期割引き締め切り間近

早期割引の締め切りは12/15。

6f20dc6bbb12428cb677c323039fc8bf

 

| | コメント (0)

2019/11/30

木材の記念市を見てきたよ

今日はいつも出荷している木材市場の年に一回の大きな競りのある日。

仕事が早めに終わったので、いそいそと出かけてきました。

3b9689612b024765bc5d5fb23dbf7b48

8d727ca26c4d46bdabdab2323f9c399f

 

それでは今回の競りの天辺を見ていきましょうか。

まずは川上村産のトチ。

いま広葉樹だと、トチがぶっちぎりで熱い。

E9acc43a093445a7bfe61ec8eac5c3d5

元側

1f5cbd12f15248f0947f9f16991ed591

末側

これで立米100万円。

トチは白太に価値があるので、いかに広い板が取れるかが大事なようです。

あとは杢の有無ですが、こればかりは挽いてみないと。

 

かつての広葉樹の雄、ケヤキはもう厳しいですね。。

334cbdd1272f4aad87676c618566a735

僕らが出したのは太さの割に80年生ほどだったので立米7万円。

まあこんなものか。。

9f9a63c193ce4e83ac377863b870fb59

ケヤキの天はこれで18万円。

92950d662a8648e6a05e686f30c1220a

これは大きくて150年は行ってそうなしっかりした丸太でしたが、結局買い手がつかず。

厳しい。。。

 

ーーーーーーーーー

さて、お次はスギ。

195e7a1ce9a049e6a3eb6325451a64d9

末側

36a90bf26c594e519dd636cb1ac4347c

元側

立米50万。

これぞ吉野杉という完満、通直、目合いと色目。

川上村以外のスギでこの価格というのは、僕らも希望が持てます。

吉野林業地帯というのは川上村、東吉野村、黒滝村を指しますが、やはり川上村産の吉野杉は別格なんです。

 

ただ、良かったのはこのスギだけ、、、

A9ceff94ac214170afb9eea3f0676985

同じ山からでてきたもの。

少し細いけど、僕にはこれも良いように見えるんですけど、ここまで価格差があるとは。。

0b84299fd94d4c32b8e1c53e43353b0c

こんな感じで並んでいて、1番手前が立米50万ですね。

Eb138c951ead4aac8f696e7c2f9f2bb3

で、こんな感じで色が悪いと同じ山から出てきていても、もう一気に価格破壊。。

元玉で枝も打ってあっても、使い道がないんでしょうね。。

ちなみに、杉皮は山で剥いて、それも販売されます。

この丸太なら皮のほうが高いかもですね(汗)

 

あ、皮が剥いてあると、丸太の表面(白太)がどんどん干割れしてくるんですね。

26784db8c7674d18b1c3af8e30ede6b1

なので、立米50万のスギは競りが終わったと同時に業者に運び出されてました。

もう用途が決まっていて、干割れはさけたかったのでしょう。

 

ーーーーーーー

で、最後はヒノキ

 

F06778625d1f45988bbaf51f2d10e537

末側

B8343b5166434d29bba8fd4f10c8e40b

元側

立米100万。

やっぱり3ケタはいかないとな。

で、もう一丁。

4b74a7d427a44830b295d1fd0f5d4638

末側

E1ea9d919b914604ba83022d8ae90eb7

元側

これも立米100万。

なんかどう見てもネジレがあるように見えるんだけど、これは良いねじれらしい。

この2本とも同じ出荷主で、黒滝村から出てます。

やー、こういう木を育ててくれた江戸明治大正の先人に感謝しかないですね。

 

3d9018437dc24601b9450dd5ae20bbd6

これは次点の立米95万。

これは本当に素直にきれいに育ってますよね。

年輪をみても、木肌をみても、ほれぼれするような美しさです。

木口に枯枝が出てしまっていますが、出荷主さん曰く、木裏は2mくらい枯れ枝の跡があるということで、木口で隠す必要もないだろうという判断だったようです。

 

ーーーーーーーーー

で、ヒノキが続くんだけど、ちょっとこの2本を見てほしい。

7eab373e1dd346cda6c0df82f753239c

宇陀産

8b3508926fd649dba7a402b5d792e38c

大阪産

 

両方とも同じような曲がり。

木口をみてみよう。

Fe8d89e0ace340148140a330aa8d2c73

309c9255baa54f6598560b68fe0791a3

わかりますか?

宇陀産は立米70万で大阪は25万。

宇陀産なんてめちゃくちゃに曲がってるのに一本でいうと、余裕の150万円越え。

どうしてこの価格差か、元側から見てみよう。

94940d5955884c34b761e87bbf767f72

宇陀産

93c500a3bc5a45f8923cb94e1b95ed20

大阪産

 

宇陀産の方はこれだけ暴れているのにアテがほとんどなくて、ど真ん中に心が来ていることがわかります。

対して、大阪産は心がかなり偏っています。

市場の人の話では宇陀産ヒノキは破風を取るのだろうということでしたが、それはそれはとんでもない迫力になるでしょうね!

僕的にはこの曲がりのヒノキをこの長さで出してきたことが驚きです。

少しでもまっすぐに見せるように、僕なら1番曲がりのきついところでバチっと切ってるに違いありません。。

 

ーーーーーーーー

で、最後は僕らが山から出してきた材をみて、しっかり反省したいと思います。。。

ほんと、これだけ素晴らしい材のあとに恥ずかしい限りなんだけど、、

6cbd5c9411194349829651fd63fb1523

D6cc12521d3a46999d285876f4d9b66a

2枚とも90年生くらいのヒノキ。

問題はこの伐採の時に生じる木繊維の抜け。

おそらく下方伐倒で伐倒スピードとチェンソーで追い込むスピードが合わずに、引きちぎられるように木繊維が抜けてしまっているのではないかと。

玉切りの時にも抜けてしまう時があるけど、その場合はせいぜい10センチもないくらい。

でも、伐倒時の元側の抜けは数十センチあるし、製材した時にもかなり影響があるから、本当に気をつけたいところ。

1b84645e134644bbbc55e84d78cd8909

あと、これは繊維の抜けじゃなくて、腐れね。

元から50センチくらいのところに白チョーク見えると思うけど、ここから長さを測っているので、まあ腐れは届いてないだろうということなんだけど、やっぱり見た目が悪い。

こういうところをきれいに仕上げておけば、もう一声競り上がってくれるかもと思うんですよね。

正直、この素材には僕も関わっているので、ほんと恥を晒すようで情けないんだけど、しっかり反省すべきところは反省しないとだめですからね。

最後のツメが甘いと、ほんともったいない。

 

ーーーーーーーーー

というわけで、みなさんどんな感想を持ちましたか。

やっぱり吉野の木は高い!って?

いや、これはほんとテッペンを紹介したんです。

今回のような記念市でもスギは本当に安かった。。

ついでに出したとはいえ、僕らの1番良かったスギがこの価格。

もっともっと勉強が必要です。。

C50c8e789f1049b189af8e8b77aacd50

| | コメント (2)

2019/10/29

ITM(林業Iターンミーティング)復活させるよ

ITMってなによ? 復活?って人は、僕の過去記事のリンクを見てみて。

第10回林業Iターンミーティング

第9回林業Iターンミーティング(1)

 

つまり、全国から林業関係者が集まって技術を学びに、刺激を受けに来る場だったんです。

いまでこそ、こういった場は全国で開かれるようになりましたが、当時(10年前)は全くなかったんですよね。

このITMが始まった頃はネットもあまり発達していなくて情報が限られており、仕事現場では「見て覚えろ」が当たり前の時代。

だから参加者達は技術に飢えていて、本当にすごい熱気だったのをよく覚えております。

 

 

このITMを令和の時代に復活させようというわけ。

当時は参加者だったけど、今回は主催側に回ってね!

 

2020年2月9〜10日、みんな空けておいて!

場所は和歌山農林大学校だよ。

お申し込みフォーム:
https://forms.gle/GwLaR3vvVv8KPGNk

17ef7053a7b640e983eb2d6c0a4cdccb

101732ee016a462fa31526dd69ccb0a7

 

 

| | コメント (0)

2019/10/01

FOREST JOURNALを読んでみた

「フォレストジャーナル」って最近、耳にしませんか。

WEB媒体とフリーペーパーがあるんですが、さっそく冊子を読んでみましたよ。

0c484fb8b519491aa388d60414e09c04

まず、広告が多いです。

フリーペーパーだから当たり前だし、この広告もけっこう楽しいので記事と合わせてお得感高かったりします。

ちな、広告には僕の名前も出てたりします。

3bfdec98bf4c455b95dc1036590afeb3

勘違いされることが非常に多いのだけど、モデルは僕ではなくて撮影しているのが僕と。

でも、2019のmont-bellのカタログは僕がモデルになっていて、撮影者は同僚だったりします(ややこしい)

 

 

あ、で、記事の方はというと、

WEBで読めるんでぜひリンク先に飛んで欲しいのですが、サクッと読めて「あー、こんなモノやヒトがいるんだ」ってなります。

これ、ほんとスマホ時代にふさわしいというか。

数分でサクッと情報を得ることができる。

これはアリでしょ。

ぜひ長く続くサービスになってほしい。

 

 

んで、読後の感想としてはSTIHLのMS500iがヤバいなって感じです。

 

ほんとみんなもフォレストジャーナル読んでみて〜、損はしないよ。

| | コメント (0)

2019/08/23

モンベルの腰袋?

モンベルの秋冬新商品もうチェックしました?

やー、攻めてきましたね〜

4ba1d81c91534244b976787094db215d

バックパックは面白そう。

燃料を背負って仕事する需要は、重機全盛とはいえなくならないでしょうから、これはヒットの予感。

あとはこの配色が林内でどれくらい目立つか。

製品ページを見ると、ハイドレーションのリザーバーも入るようになっているので、熱中症対策にもいいかも。

欲を言えば、これにファンがついていて首筋や背中に風を送ってくれたら、快適に仕事できたかも。

 

 

腰袋と、腰ベルトはいやはや凄いな。

ベルトは「大型バックパックで培った技術」を生かしているそうで、これも楽しみ。

カスタマイズもできるようなので、これは工夫のしがいがありますね!

5fdbf442349e423baeeccb5e32c90e86

 

 

| | コメント (2)

2019/08/14

熱中症対策ヘルメットって

去年よりはマシなのかもしれませんが、今年も結構な暑さですね。。。

梅雨が明けてから、街中で仕事をしていたせいもあって、山仕事よりも長めに休憩をいれても、なかなか回復せず仲間たちもぐったりでした。

そこで気づいたのが仲間達の顔が真っ赤っかだったこと。

街中ではみんな空調服で作業してますが、僕らは普段山奥で作業しているから空調服が絶対に必要かというと難しく。

 

 

となると、工夫できる一つはヘルメットなのかなと。

作業用のヘルメットはどうしても安全性の問題から、自転車のヘルメットのように通気性に振り切ることができないから、限界ありますけど、、

そんな中でもファン付きヘルメットや、風が通り抜けやすいタイプは面白そう。

8c06d197d8e045f99ceb5b16a2240c6f

9e99b4a9c4a8432db1c73574eed60a95

そういえば、フードでヘルメットを覆うタイプの空調服もありますね。

いまやZOZOでも空調服が売ってますから、まじ日本暑すぎだって。

 


少しでも快適に気持ちよく現場で働きたいとなると、緑の雇用の安全対策商品にも選ばれた空調服になるのかねー

| | コメント (2)

2019/07/18

新人教育

ここ最近、今年の春から仕事を始めた新人たちと現場に入っています。

アラフィフともなると新人を指導することも多くなるわけで、自分なりに注意していることは、

・一度にたくさんのことを伝えない

・多少の段取りの悪さなどは気にしない

・たまに厳しく、たまに褒める

・林業を選んでくれたこと、同じ職場に来てくれたことに感謝

E5711d927e0b415883958140ec7f655f

3cac6a087a314b808aace19c9d285f2b

 

現場に入ってまだ3ヶ月ほど。

それを思うとホントよく頑張ってくれていると感謝感謝です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧