カテゴリー「でき杉」の103件の記事

2017/03/26

藤森隆郎先生の勉強会に参加してきた

と、新刊の出版記念というわけではないのでしょうが藤森先生の学習会が奈良で開かれたので聞きに行ってきました。

Img_8195

「森林・林業で後進に伝えたいこと」というタイトルでした。

ここで配布されたレジュメがとても良かったので、ざっと引用します。


・我々に必要なビジョン
我々の大きな社会理念は、持続可能な循環型社会の構築であり、それは地球環境(地球生態系)問題まで考えることである。
地球環境問題の解決は、それぞれの地域の生態系にできるだけ沿った生活や産業のあり方を重視していくことにある。


・グローバルな市場経済の中での森林・林業
本来の森林・林業は極めて長期的なビジョンの中で管理・経営を考えるものであり、それは持続可能な循環型社会の構築のために不可欠なものである。
当面は現状の市場経済の中で創意・工夫を働かせ、森林・林業の改善に努めていかなければならない。
森林所有者、素材生産者、製材所、工務店、消費者の間の顔の見える関係を地域ごとに築いていくことが大事である。
林業の振興と地域の振興は一体的であり、その集積が日本の林業である。
森林生態系の多面的サービスの価値を、都市住民を含めてよく理解し、それを持続的に発揮させていくための国民的合意を図っていくことが重要である。
そしてその合意に基づく所得補償のような制度の確立に力を合わせていくことが必要である。


・森林生態系のサービス
生態系サービスの中で最も基盤的なサービスは「生物多様性」である。それはもう一つの基盤的サービスである、土壌の機能を高めるからである。
生物多様性と土壌のサービスによって、持続的な生産と水源涵養機能が担保され、保健文化機能も発揮される。
そのようなサービスを担保する森林の姿は「構造の豊かな森林」である。
構造の豊かな森林は、どのような環境や社会情勢の変化に対しても、弾力性と柔軟性が高く、長期的に見て最も低コストである。
また、天然林を適切に配置することも流域としての構造の多様性を高めるために必要なことである。


・技術者育成の重要性
林業技術者が誇りを持てるような雰囲気は日本にはない。
人を育てることこそ最も大事なことである。
技術者のリーダーとして、ドイツにおけるようなフォレスターを育成し、その活動を保障するシステムの構築が不可欠である。


・林業と木材産業の関係
木材生産のための森林づくりにいくら努力しても、生産された木材が正当な価格で取引されなければ、経営は成り立たず、したがって良い森林づくりはできない。
山側には絶対に譲れない山側の基準があることを見失ってはならない。
その基準が何なのかを林業関係者はしっかりと語れなければならない。
材の評価の最終決定者は消費者である。
消費者が木材のことをよく理解し、それぞれの質に応じた適切な材価を理解してもらえるように、木材生産側も木材産業もお互いに努力をしていくことが大事である。


・法律・制度の抜本的改正が必要


・おわりに
我々はどういう国を作っていくかという中で、森林・林業を考えていかなればならない。
森林・林業の本質を理解し、自己実現と社会貢献に努めれば、森林・林業関係者は自らの仕事に誇りが涌くはずである。自分の仕事に誇りを持てることこそ幸せなことである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


では、次に学習会の内容をざっと紹介しようと思うのですが、とうぜん上記の内容とかぶってますので、特に大事と思うところだけ。

・日本をどのような国にしていこうとするのか、その答えがない限り森林林業も良くはならない。
できることは?
森林生態系の機能とその中で人類社会が求めている森林生態系のサービスを理解して、それに基づく合意形成を作ること。
それに科学的根拠を与えること。

・本来のフォレスターはどんなことをすべきなのか
組織の論理から離れて考えて欲しい。

・ 地球環境問題。生態系の中で生かされている。生態系があってこそ。地域の生態系にできるだけで沿った生活や産業にすべき。
森林林業はどう貢献できるか。発展させて行かねばならない。
林業関係者だけでは無理。国民全体で考える。
私は誇りをもって話せる。
地域の生態系に反しない生活をしていく。

・地域で循環するということを外してはいけない
地域の6次産業に貢献すること。
それを踏まえて余った分、それ以上は川下に流す。
いまは地域で循環することを忘れて川下に売ることばかり考えている。
村の家がハウスメーカーばかりというのは異常。それをきちんと正さないといけない。それを説明するのか関係者の務め。

・生産林を目的とする場合、生物多様性とは相容れない。例えばスギヒノキだけとか。
できるだけで広葉樹があった方が100年200年後は利口なのではないか。
下刈りや除伐を減らして残すだけでいい。

・育成。誰がやるのか。現場に技術者がいない。研究を生かしてくれる人がいない。キャチボールする相手がいないから、研究者は学会で評価される基礎的な研究に走る。

・ドイツは木材生産しながら一般市民が来て楽しめる森にしている。つまり明るく生物多用的な森。

・ 森林について誇りをもって語れるようになって欲しい。これが伝えたいこと。

・森林の区分。

経済林:スギヒノキとか
生活林:その地域で必要な林。薪炭林。余剰物を町に売る。基本は森林所有者が使う。
環境林:生物多様性、水源管理
目標林型が見えてくる

・奥多摩? 「プラットホーム」という言葉を使っていた。工務店と製材所と山が顔の見える関係を築く。「スギは立米6万円を保証します」


ーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。
僕は藤森先生の話を伺うのは実は初めて。
著書はどれも素晴らしいので、とても楽しみにいたのですが、とにかく僕には「誇りをもって仕事してほしい」という言葉が響きました。
なんだか力がもらえたような気がします。

| | コメント (1)

2017/02/22

NHKラジオ 旅ラジに出演したよ

山仕事の昼休憩のお供といえば、ラジオ。
ですよね?

そんな中でもNHKを聴いてる人は多いのでは。
という僕の最近は寝転びながらスマホをいじっていることが多かったりするんですが、、、

でも!
今日はそんなお昼のラジオ番組「旅ラジ」がわが黒滝村に来てくれたので、さらっと出演して来ました。
Img_7526
キューマルちゃん号と奈良放送局の大川アナウンサー(リハ中)

Img_7552
本番の様子

Img_7566
一緒に働いている協力隊のKくんと出演しました。
午前中仕事していて、そのままの格好でラジオ出演してます。


やっぱ生放送は緊張するね〜
とにかく大川アナウンサーが時計をチラチラちらちらすっごく見てるから、こっちもなんだか時間を気にしてしまうだよね。
僕ら素人に話をフリながら、ちゃんと時間内にピタッと納める大川アナウンサーの手腕に感動しました。
そんなの当たり前なんだろうけど、実際目の前で見るとほんとすごいわ。

出演のお土産でNHKグッズももらえたし、いい思い出になりました〜

さて、ブログで告知しなかったけど、だれか聞いた人はいたのだろうか。。

| | コメント (6)

2017/02/03

奈良県・奥大和移住セミナーのお知らせ

大阪で山仕事や移住定住についていろいろと話すことになりましたー
興味のある人や周りにそんな人がいましたら、ぜひとも教えてあげてください。
あー、なに話そうかな〜

170308_calo_ijyu_pop_front

| | コメント (0)

2017/01/07

林業用洗濯機?

家電好きにはたまらないCESでユニークな洗濯機が発表されたようですよ。
W704
(画像はgizmodeより引用)

大小それぞれの洗濯機と乾燥機がニコイチになっているという代物。


山いき、木こりの皆さん、作業着の洗濯どうされてます?
家族の洋服と一緒に洗ってもらえませんよね。
わかります。

人によってはまずお風呂で手洗いしてから洗濯機に入れているそうで。。。
我が家は外用の洗濯機がありまして、僕のものは外の洗濯機で洗っております。


そこで、この画像の洗濯機ですよ、奥さん!
「これ、洗濯機が二台あるだけじゃないの?」
いやいや、違うんですよ。
一つの水道、コンセントで洗濯できるので、この2つで一台なんです。
それぞれ別の設定で洗濯できるので、うまく使い分けることができるそうで、何でこれまでこういう製品がなかったんだろうって感じですね。


ちなみにこれはSAMSUNG製。
日本の住宅では、まず置くところがないか。。。


| | コメント (0)

2016/12/30

お手伝い

例年より一日早く仕事納めとなってしまい一日予定がぽっかり空いてしまったミソカの今日、急遽お世話になっている人の山のお手伝いに行ってきました。

奈良県は現在、ナラ枯れが猛威をふるっているのですが、やはりこの方も道路沿いのコナラが枯れてしまって、でも自分では伐ることができず困っていたのです。
ほんとこういう事例ってすごく多いですよね。

で、都合3本、電線に入り込んでいたカシの枝もついでに処理。
画像の赤丸のところから牽引してます。
牽引は山主さんが頑張ってくれてます。
Img_6313_2

Img_6318
伐ったコナラは薪とシイタケの原木として利用されます。

山仕事で培ってきた技術でお世話になっている人の力になることができて、なかなか良い年の瀬になったなと、一人思っております。
普段山の中で木ばかりを相手にしていたら、その向こうにある人の気持ちに気づけないことも多いので、今日は本当に良い機会になりました。

まだあと一日あるけれど、来年はより多くの人の役に立てるように頑張っていこうと思います。

みなさま、よいお年を!


| | コメント (2)

2016/09/22

林業機械展

いよいよ間近に迫ってきました林業機械展
今年は京都なんですよね。
2016poster
まあ、奈良と京都。
てか吉野と福知山ということで近いわけではないけれど、日帰りできない距離ではないので、遊びに行こうと思います(`・ω・´)

機械展は数年前に奈良でやっと時以来の参戦。
一人でふら〜っと遊びに行く予定ですが、向こうに行けば誰かしらいるでしょうと思ってます。
行くのは10日の予定。

機械や道具も楽しみにだけど、やっぱり人との出会いが一番だよね!


| | コメント (8)

2016/07/10

奈良の木の匠養成塾4回目

今日は木の匠養成塾の最終日。
宮大工の小川さんの講演があるということで、これはかなり楽しみです!
宮大工ってほんと憧れるよねー

過去の様子はこちらからどうぞー・1回め3回め


ーーーーーーーーーーーーー

まず最初は、宮大工の小川さんの講演です。
「不揃いの木を組む」と題した講演だったのですが、内容は主に「人」についてだったな。

・木のことはあまりわからない。
なぜなら主にスギとヒノキしか使わないから

・法隆寺を直せる人は作れる人でないといけない。
1300年前の伝統とか引き継ぐとかいうことではない。
魂、考えを思えばカタチは変わらない。
本物を作っておけば、いつの時代も変わらない。
次の世代に嘘偽りのないものを残す。
そうすれば、のちの人が読み取ってくれる。

・徒弟制度。
なぜ新人に食事の用意、掃除をさせるか。
そのことでその子の思いやりの気持ちや段取りがわかる。
職人は走りながら考える。
掃除は体を動かさないと、机の上ではできない。

・最初は刃物を研ぐだけ。
最近の子は「これでいいですか」とすぐ聞きに来る。
「オノを研げ」と言ってるんだから、オノを研ぎ続けてナイフになるまで研げばいいんだ。
そういう不器用な、仕事にどっぷりとしたるような子を弟子にしたい。

・ずっと研ぎばかりしていて、やりたくて仕方ない時に自分の持っている一番いいカンナを貸してやる。
そうするとその感覚、感動は一生忘れない。
いいタイミングで貸してやることが大事。

・無駄をさせて、無駄に気づかせ、無駄をなくす

・教えない。学ぼうとする雰囲気があることが大事

・エンタシスがどうとか、先に先生が教えているから現地で確認しているだけ。
1300年支えている柱に抱きつくような子を弟子にしたい

・いいものを作るよりも自分にあった使いやすい道具を持つことが大事。
道具に恥じない仕事をするようになる。
そういう道具を持たないから手を抜くことを考える。
切れる刃物と工人の想いでいい仕事ができる。
切れる刃物は嘘つかない。

・執念のものづくり。
真面目にひたむきにやらないと人の心を打つものは作れない

Img_2113

Img_2130
ヒノキのカンナくず
これでも厚い方だそうだ。。。
こんなんでもヒノキの良い香りがするんだから、木ってすごいよ。


ーーーーーーーーーー
休憩を挟んで次は家具デザイナーの松本和美先生
Img_2137

Img_2139

正直、午前中の小川さんのインパクトがすごすぎて、松本先生の講義はちょっとリラックスタイムみたいな感じが無きにしもあらずだったけど、印象に残った言葉を。

・ものの名称で考えない。
イスを作って欲しい → 人の身体を支えるもの。腰をかけるもの。
こうするとコトバから離れて自由な発想になる。


ーーーーーーーーーーーーー

んで、一番最後は

「吉野材を使った魅力的な住宅使用例」Ms建築設計事務所 三澤康彦さん。
Img_2144

木をたくさん使うとどうしても山小屋風の建築になってしまうことがあるんですよね。
でも三澤さんはそうはしたくないと。
「センスのいい吉野杉の家」を追求していると。
色使いとかもすごく気をつけていて、壁は漆喰で白くするとか、ソファは原色を使うとか、本当にそれで印象が大きく変わるので勉強になりました。


ーーーーーーーーーーーー

ということで第3回は参加できなかったのですが、無事養成塾を修了したということで、、
Img_2149
修了証書と記念品(らんちゅうのお箸)をいただきましたー

ーーーーーーーーーーーーー

とにかく今日は小川さんの話が面白スギて、もっと聞きたかったんですが、全体的にとても良い企画だったと思います。

普段、山奥で木を伐ったり、山の手入ればかりしているので、木がどういう風に使われているのか全く知らなかったですから。
素材生産とはよく言ったもので、僕らはこれからも丁寧な施行によって吉野材をしっかり作り続けていかないといけないなと思いました。

また明日から頑張ろう!


| | コメント (2)

2016/07/02

奈良の木の匠養成塾第三回

今日も木の匠養成塾へ参加してきました。
第一回めの記事はこちらです。
養成塾第二回めは所用で参加できませんでした。残念。。


まず午前中は我が黒滝村の徳田銘木へ。
もう皆さんご存知ですね。
個人的にも大変お世話になっております、はい。


徳田社長の案内で自然木の絢爛たる世界へ。
Img_1906
曲がりまくってますが、ちゃんと「スミ」は通ってるので、手すりなどに使うことができます。
社長曰く、「人間も同じ。曲がってるようで、みんなどこかちゃんとスミが通ってる」


Img_1908
中央の黒っぽい奴はツツジだそうです。
えっ、ツツジ?

左にちょっと見える枝だらけのやつも面白い。


会社案内の後は黒滝の森を見て歩きます。
Img_1923
女子大生たちが「トトロみたい〜」と言ってたのが一番印象に残ってます、はい。


もちろん社長の言葉も印象に残ってますよ。

「バイオマスに行くようなのもウチでは商品化する」

ただただ素晴らしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして午後からはトリスミ集成材
こちらも黒滝村と縁の深い会社ですが、構造用集成材に強いメーカーさんです。


Img_1951
これは十津川村の学校に使われる構造用集成材です。
第一回で見学した櫻井さんの化粧張り集成材との違いは明白で、一口に集成材と言ってもいろいろな種類があり、またその可能性も大きいと感じました。
会社の実績紹介のページは必見ですね。


工場見学の後はトリスミ集成材の材を使って建設中の五條総合体育館へ。
Img_1970
美しい!
設計を担当した東海大学の杉本先生が案内してくれました。
なんて贅沢なんでしょう。


ただの体育館としてだけではなく、地域のシンボル、また災害時の避難所にもなるわけで細かいところまでいろいろと計算、考えられていたのが印象的でした。

Img_1960
これ集成材の梁(はり)のように見えるでしょう。
ま、もちろん梁は梁なんだけど、耐火設計のために石膏ボードが芯材としてあって、その上に化粧として集成材を貼ってあるだけなんだそうです。
化粧といえば、節のない無垢板を貼るもんだとばかり思っていたので、こういうのもあるのかと勉強になりました。

あと、梁の右隅をみてください。
コンクリにくっついてないですよね。
下にある鉄骨に乗るようになってます。
これは梁がくっついてると大地震の際に揺れを逃がすことができないから、このように離してわざとゆらゆら梁が動くように設計してあるそうです。


こういうのも設計された先生ご本人の口から「なぜこうなっているのか」を説明してくれるので素人の僕でも勉強になりましたねー
建築やってる人にとっては最高の時間だったのでは。


ーーーーーーーーーーーーーーー
(まとめ)

吉野に生きる山いきとして丁寧な施行を心がけているので、どうしても本末同大、完満通直な木が正解みたいな思考になってしまうのですが、今回の自然木と集成材はその僕の小さな浅い思考を見事に壊してくれました。

みなさん「木」を試行錯誤、工夫して製品開発、販売している。
川上にいる僕たちも素材生産の効率upばかり追い求めるのではなくて、意外な新しいアプローチ方法を見つけていかないとつまらないなと思った次第です。


木の匠養成塾、次回が最終回。
楽しみだ。

| | コメント (0)

2016/06/24

今こそ個人輸入っ!

ボクも「EU離脱なんてないでしょ」って思ってた時期がありました。。

んで、「うわー日経ヤベー!」とか騒ぐのは、山いきとしてどうかと思います。
ここはニヤニヤしながら、海外通販サイトを渉猟すべき時なのです!


林業、山仕事、木登り関係の海外通販サイトで定番なのはアメリカが多いです。
baileys
bartlett
sherrilltree
treestuff
wesspur

ただね、ブログを書いている時点ではだいたい1ドル102円くらいで、まあ5%オフくらいなんです。
サマーセールしているところも多くて、まあお得といえばお得。


今回、特に激しく下落したのが、当事者のポンドとユーロ。
もうねこれ15%から20%オフくらいなんですわ。
普通に鼻血もんです。

honeybrothers(イギリス)
freeworker(ドイツ)

ともに、ポンド、ユーロ決済です!
freeworkerはドイツ語で書いているけど、英語表記に変えられるから一安心。

いろんな道具が売っているから、それを見るだけでも楽しいですよー。


買うのだって、難しいことないですよ。
カートに入れて、カード決済。
Amazonと変わりません。

ま、返品交換とかあったら面倒なのは間違いないけど。。。
日本よりも返品交換率が高いのは事実だし。

でも、ポンドなんて30年ぶりの安値でしょ。
ここはひとつ勇気を出しましょう。


あ、僕ですか?
惜しむらくは、今年の頭から6月にはポンドが大荒れになるから狙い目だと公言しておきながら、つい先日アメリカのサイトで爆買いしてしまったことですね。。

| | コメント (2)

2016/06/19

奈良の木の匠養成塾第一回

というわけでやってきました奈良女子大。
キャンパスの綺麗さに心躍りました。
いや、緑がキレイだって意味ですよ(意味深
Img_1562


午前中は講義。
奈良県林業振興課による「日本・奈良県の森林・林業」
Img_1551
いろいろな話が出てきたんですが、いくつか紹介すると。
・樽丸の技術は、広島の人が泉州の職人に教えて、黒滝村に伝わった。

・集成材の上に薄く切った化粧単板を貼ることで吉野材の価値が上がった

・吉野は長伐期のため、所得がなかなか入ってこなくて、税金が払えなかった。でもお金は必要。そのために知恵を絞った。先祖代々の土地は売ってはいけない。だから村外の資本家に木だけを売る。(借地林業)。でも村外の人は管理ができない。だから地元に管理を頼む。(山守り)

・スギの皮むきとヒノキの皮むきは違う。ヒノキはまず立木の皮を薄く剥いでから、10年後くらいに綺麗な皮を取る。これを3、4回繰り返す

ーーーーーーーーーー

ここで午前中終わり。
ランチは有名な奈良女の学食へ。
A11b4bb3ba448d1fa402ac3dc62cc91f278
(写真はネットで見つけてきたものです、スミマセン。)

バイキング形式で普通にホテルレベル!
ワシの通ってた大学のAランチ(ミートパスタにコロッケが乗ってるみたいな)と違いすぎて、涙が出そうになりました。。

ーーーーーーーーーーーーーーー

んで、午後からは現地見学。
まずは、桜井市にある吉田製材株式会社。
無垢の吉野ヒノキに強みを持つ製材所です。
Img_1570
原木を見て、木口から読み取れることをいろいろ教えてくれます。

Img_1580
55度で乾かす中温乾燥機。
吉野材の特徴である色ツヤを生かすために中温で乾燥させているとのこと。
まず、しばらく天然乾燥させて、材の水分量を落ち着かせてから乾燥機へ。
フローリングで一週間から10日。
構造材で二週間ほど人工乾燥させる。
この熱は工場で出るバークや端材を燃やしたもの。


この他、製品まで見せてもらったんですけど、解説してくれた吉田専務の言葉から印象に残ったものを。

・現場で加工するとゴミや騒音の問題があるから、今は梱包を開けるとすぐに使える製品が希望されている。

・製材製品はプラモデル化している

・今は構造材よりも内装材が多い。首都圏だとエレベーターに乗るサイズの製品でなければならない

この「エレベーターサイズ」っていうのは僕にとってかなり衝撃でした。
このサイズでないと使ってもらえないと言います。
言われてみれば確かにその通りなんですが、このことに山側(川上)の人間がどれほど気づいているのか。
相変わらず2、3、4、6mに造材して、和室が減ったとか、大壁工法で柱が隠れたとか言ってる時代ではないように思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

で、現地見学をもう一箇所。
吉野へ移動して株式会社櫻井へ。
ここは化粧張りの集成材で有名です。

Img_1592
ヒノキの化粧張り集成材。
このような無節の化粧単板が取れるのが吉野材の特徴。
多い時にはこの化粧柱を月産2万本生産していたが、今は3000本ほど。
毎月5000万円ほど吉野貯木の製材所から板を買っていたのに、今は減ってしまって申し訳なく思っているそうです。

なので、無垢材にもチャレンジしてみようと導入したのが、日本に3台しかないという減圧乾燥機。
Img_1588_2
温度を上げる必要がないので、木に優しく乾燥させることができる。
木も生き物だからなるべく熱くない方がいいのは人間と同じ。

この減圧乾燥機の利点は無垢材をそのままで乾燥させることができること。
色ツヤをそのまま残すことができるし、背割りを入れる必要ありません。
背割りがなければ、柱をどの向きにでも使用できますし、芯去り材と同じように使うことができます。
Img_1599
これが無垢のヒノキの芯持ち材。
すでに乾燥が終わっている状態。

Img_1610
これは材の強度を図る機械。
吉野材は強度も高かったです。
やはりこれは年輪が密なのが関係しているのでしょうね。


と、こんな感じだったのですが、現地見学で2社とも強調されていたのが、いかに吉野材が良いものなのかということ。
まあ、宣伝、プレゼンといえばその通りなんですが、やっぱり良いものは良いわけで。
節が少なくて、強くて、色ツヤが良いなどなど。
2社とも吉野材に惚れ込んでいて、その良さをいかに引き出すか、いろいろと努力されていることがよくわかりました。

こういう話を聞くと、吉野特有のきめ細やかな施行方法は間違っていなかったと思えるし勇気をもらえますね!
山づくり頑張らないとな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧