« 写真図解でわかるチェーンソーの使い方 | トップページ | 「マイナビ農業」に奈良県フォレスターアカデミーが紹介されてるよ »

2021/08/15

墜落制止用器具と樹上作業

墜落制止用器具の猶予期間がいよいよ終わりに近づいてきました。

9595cc79d31a4cd8847115aa7a80bdec

2022年1月2日からは、墜落制止用器具の着用が必要です。

もちろん今も着用すべきですけど、法的には22年から完全に施行されるわけです。

 

まあ、この墜落制止用器具については僕も散々ブログに書いてきました。

・フルハーネス特別教育を受けてきた

・フルボディハーネスについて考える

・「フルハーネス型墜落制止用器具の知識」

 

と、色々書いてきたけど、フルハーネスはもちろん使います。

ただ、従来のアーボリストサドル(シットハーネス)が使えなくなるのはもったいないなと。

ツリーモーション10万もしたぜ

E8ebcb28c6834a19ac014a6ba3f7b84a

胴ベルト型が使えないわけではないのに、樹上用のアーボリストサドル、シットハーネスが胴ベルト型墜落制止用器具に認められていないのが問題かと。

(認められてるのがあったらごめんなさい)

枝の上に立ってワークポジショニングでの作業に墜落制止用器具が必要なのか、といえば、解釈は色々あるのかもだけど、それはやはり必要でしょう。

胴ベルト型墜落制止用器具の解釈はみんなもガイドラインの本文をしっかり読んで自分で決めてね。

 

 

よく売れているハーネスはぺツルのセコイアやトゥフェルベルガーのツリーモーションだと思うんだけど、代理店であるアルテリアやK.E.Mは胴ベルト型についてまだ対応されてないように思います。

こういうのって、Facebookや他のSNS上では議論されてるのかな。

 

ま、僕らユーザーは販売店を通じて声を上げていくのが一番だと思います。

僕も使っている販売店に相談しているところです。

何か反応があれば記事にしていくけど、みんなも馴染みの販売店さんに尋ねてみて。

その声は代理店にも届くからね。

 

|

« 写真図解でわかるチェーンソーの使い方 | トップページ | 「マイナビ農業」に奈良県フォレスターアカデミーが紹介されてるよ »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真図解でわかるチェーンソーの使い方 | トップページ | 「マイナビ農業」に奈良県フォレスターアカデミーが紹介されてるよ »