« 森林の仕事ガイダンス2019に行ってきた | トップページ | 木材の記念市を見てきたよ »

2019/11/23

生産量倍増をめざす林業機械実践ガイド 上下

 

 

 

 

ーーーーーーーー
「世界中の林業関係者が称賛!!」

 1,250以上の林業事業体、60の林業学校または大学、20ヶ国での販売実績 

  十年前、林業先進国スウェーデンである林業学校講師が1つの決断をしました。

 「北欧には、現代の機械化された木材生産・伐出作業のノウハウを学ぶ教材がまったくない」ことに 奮起、自ら教材づくりに取り掛かりました。

 延べ4,000時間を超える製作期間を経て、650点以上もの画像(そのほとんどが著者撮影)と豊富なイラストを盛り込んだ2冊の本が完成しました。

 オペレータとしての心得から機械のメンテナンス、伐採実務、木質バイオマスの取り扱いまでの幅広い内容を22の章でまとめた本書は、次の方々の日々の業務・学習の手助けとなるでしょう。

・ベテランのオペレータの学びなおし

・林業経営を安定・拡大させたい林業経営者

・より良い施業プランを目指す森林施業プランナー

・林業機械を極めたい新規就労者

・林業への就業を志す林業大学校の学生

・品質と量の安定を求める木質バイオマス事業者

ーーーーーーーーー

全林協ホームページより引用)

 

 

これ上下巻で700ページもあるんですよ!

まさに、「ザ・教科書」って感じでさすがに読むのに時間がかかってしまいました。

 

読む前の印象は「ヨーロッパの先進的なテクニックが満載なのかな」というものでしたが、それは当たっているようで違っていました。

 

まず、上巻なんですが、350ページを一言で要約すると

「仕事の経験という磨きをかけても光らないような理論上の知識は、全く使い物にならない」(p275)

これに尽きるのかな。

僕はこれを「学理に裏づけされていない経験は使えない」と解釈しました。

 

その通り、この上巻は「安全」で1、2章を使い、コミュニケーションで3〜5章、そしてメンテナンスに6、7章、環境保全や地形、土壌について

8、9章。

10章にきて、ようやく林業機械の走行技術について書かれています。

この後、作業計画などについても章が割かれているのですが、とにかくしっかりとした研究が土台となっていて、その上に技術が展開されています。

そのため、どの内容も信頼に足るものとなっています。

Be2f711ba14e4bfeb6a812fc881092ba

50aa56515bb249d0a4b921e9e9511845

F673ad6d21ec4447bbdd8be1235a1c51

0eb5320a366c43009fa9cffd51cc2900

 

んで、下巻。
待っていたのは、そうこれ。

ハーベスタとフォワーダのテクニックにページの多くが割かれています。

日本にこういう技術書ってあったのかな。

僕はハーベスタで仕事したことがないんだけど、技術はOJTで伝えられていると思うんですよね。

現場に出る前の人は予習を、そして現場に出ている人で仕事が一通りできる人は技術の再確認ができる本になっていると思います。

Affabd577f464d3595916c95955ca277

フォワーダは、僕も運転することがあるのですが、経験といえば研修でやったことがあったくらい。

そんな僕に、この教科書は本当に助けになります。

どんなことに注意すべきなのか、初歩的なところからしっかり書かれていますから。

1816d8f520f541d8a00a3594c2693aa9

D7939bf9d51241c4ad26f4db71c221a3

32b71636a00a4715bedcf1ed1525d46f

 

ただ、そうはいってもこの本はスウェーデンのもの。
やはりがっつり洋書といった体裁で、けっして読みやすいものはないのは確か。

翻訳は丁寧に配慮されていて、とてもよくできていますので、むしろ外国の林業の教科書ってこういうものなんだと味わっていただけたらよいかと。

 

ぜひとも皆さん、手にとってみて!

 

|

« 森林の仕事ガイダンス2019に行ってきた | トップページ | 木材の記念市を見てきたよ »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森林の仕事ガイダンス2019に行ってきた | トップページ | 木材の記念市を見てきたよ »