« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/30

みえ森林・林業アカデミーで特殊伐採講習中

黒滝村森林組合skyteamのページをフォローしている人はご存知と思いますが、ただいま、みえ森林・林業アカデミーで講習会を開いています。

 

 

これまでも各地で何度か講習会をやっていますが、今回は特に参加者の身体能力が高い!
皆さん、現役で木に登って仕事している人たちがほとんどなので、体幹が鍛えられているというかバランス感覚に優れているんですよね。
ロープに身体を預けなくてもグイグイ仕事ができてしまうという 汗

 

三重県内でもこうした技術のニーズは非常に高いようで、皆さん技術習得のため熱心に取り組んでくれています。

残りの講習後半3日間、僕らも全力で取り組みます!

| | コメント (0)

2019/09/23

梶谷哲也のチェンソーアートスクール?

友人が開催しているチェンソーアートスクールが京都にあるんですが、講師の方の都合が悪くなり急遽代打でお手伝いしに行ってきました。

天気が心配だったのですが、無事開催され、終了とともに雨が降ってくるという神展開。

チェンソーアートを楽しみたいっていうみなさんの願いが届いたのでしょうね。

Cd929a831b004ea388a1f422df7ef420

吉野チェンソーアートスクールが愛好会としての倶楽部に生まれ変わったので、僕も講師をつとめるのはもう何年ぶりか。

00be98822fc14192ac9c513cfae4c797

1369ea0d6fc24cc592f1e3b2ad7c39f9

画像はカメラマンさんに撮ってもらったんですが、なんかスゴイ。(語彙力)

 

みなさん、僕のスパルタ指導にヘトヘトだったと思うのですが、心地よい疲れを感じて楽しんでくれたようでなにより。

森の中でみんなでブンブンやって作品作り。

やっぱり楽しいね。

| | コメント (0)

2019/09/21

モンベル プロテクションライトロガーパンツを履いてみた


チェンソーの特別教育が改正されて防護パンツが必要になりました。

もういろんなパンツが品薄になっているようで、僕もライトロガーパンツを手に入れるのが遅くなりましたよ。。

 

身長180cmぐらい、体重70kgぐらい

サイズM

81e659a3fd8348bd85bd6f03643f9290

Abca1f38fcca4d96a3449bf0dbf96417

05dd3b06358649f99a2bd6133880052d

(良かったところ)

まずね、このパンツを手に持った時に誰もが思うんだけど、軽い!のよ。

見た目もごわついてなくて、いかにも薄くて軽そうで涼しげな雰囲気があります。

デザインも僕はかなり好きですね。

 

(もうちょっとなところ)

ただ、画像から分かるように裾が短いのとお尻周りがちょっとパツパツかな、と。

ストレッチするので動きにくいことはないけど、タイトな感じはあります。

だからやっぱりサイズはLのほうがよかったのかな、と。

でも、太ってるわけではないからさ、難しいね。

 

あと、ライトロガーパンツというくらいなので、軽く動きやすいのですが、やはり生地が薄いです。

つまり、弱い。

軽く穴が開いてしまいました。

B896d1028f7048fab8139a03b3cb5980

もう補修してしばらく使っているから、わかりにくいかな。

樹上作業中に枯れ枝が折れたところかなにかに引っ掛けたみたい。

軽いってことは薄いってことだし、重いけど丈夫な通常タイプとどちらがいいかっていうのは難しいですね。

あ、チェンソーパンツが破けた時に使ってい補修キットはこちらで記事にしていますので、ご参照のほど。

 

 

ちなみに、普通のプロテクションロガーパンツ(サイズL)を履いたらこんな感じです。

0d70c1a2e3cf48f6aa123d094ec48abe

2c07e678c2224b00b77829946f8eb797  

A508eee9f5a14f29bcee3afbe6f37271

これだとウエストがぶかぶかでベルトで締め付ける必要があって、ウエストが苦しいことがあるんですよね。。。

 

 

結論

次買うならライトロガーパンツのL!

デザイン(色)がいいし、軽いからベルトで締めてもそこまで苦しくならないかな、と。

デザインなら、通常タイプのブラックもかっこいいけどね。

って、結局デザインかよ!って話なんですが。

 

みなさん、足でチェンソーを切るなんて事故は無くしていきましょうねー(ニッコリ)

| | コメント (0)

2019/09/19

チェンソー特別教育の補講を受けてきた

68a19e6874cc4b479a727a400fdcae87

Bb1ec765d40a443caa536960644722ee

もう皆さんは補講、受講しました?

 

受け口追い口、掛かり木の処理や、防護パンツについて改定されましたね。

F8d6c99f84074994bde07e5fd548afa1

厚労省のホームページより引用しました。

より詳しく知りたい人はリンク先を参照してくださいね。

 

 

 

補講を受講していて思ったこと。

1、 平成14年の「掛かり木処理のガイドライン」、平成27年の「チェンソーによる伐木のガイドライン」、平成30年の「チェンソーによる伐木のガイドラインの留意事項」が混在していて、内容はアップデートされているものの、ほぼ同じ。

なんだかややこしい。

 

2、 掛かり木の元玉を落としてく処理方法について、今回改正された省令では禁止されなかったんですね(←重要)

でも、ガイドラインでは禁止だから、できればやらないように、ということなんです。

 

もーーーー、すんのかい!せんのかい!すんのかい!せんのかい! 

 

元玉落としも「受け口、追い口」「ミスマッチカット(スナップカット)」「チェンソーでカットして回す」「チェンソーを斜めに入れって行って(ネギの斜め切りみたいな)落とす位置をずらす」とか、いろいろ細かい技術を使うわけです。

いろいろな掛かり方に応じて最適な切り方を選択していくわけで、それは現場で口伝としてひっそりと伝えられていると。

これだけ死亡事故が起きている業界で、いつまでそんなことをやっているのかなー

 

もちろん、僕も講師という立場でもあるわけで、非常に心苦しいですよ。。

あ、1番は掛かり木にしないこと!(結論)

 

 

3、 防護パンツとか履かない人はなにをどうやっても履かないと思う。。

「過去と他人は変えられないけど、自分と未来は変えることができる」。

 

 

大好きな林業が、より安全な業界になる。

今日の補講はその一歩だったと思いたいなあ。

| | コメント (0)

2019/09/12

狩猟免許を取りました

165afc44bb5f4f9780dd838c686c7436

僕が取ったのは「わな猟」です。

東京から吉野に来て20年山仕事をしてきたけれど、頭の片隅にはずっと「猟」のこともどこかにあって。

もう10年以上前になるけれど、「僕は猟師になった」という本(単行本)を読んで、さらに火がついて。

でも、仕事が忙しく免許を取るタイミングを逃してしまい、そのまま月日がながれ、、、、

 

チェンソーアートや特殊伐採、森林インストラクターとやってきて、ようやく時間がとれるようになったので、いよいよやってみようかなーと。

とにかく山賊ダイヤリー、罠ガールとかブームだしね、このビッグウェーブに乗らないと!

 

もうね、林業してても森づくりが全然できないのよ。

獣害で。

マジでここ10年植林しても植林してもぜんぜんダメ。

B7ca1fc728524af1abd704957a27e17c

ここだって地拵えしてネットを張ってしてさ、植えて、食べられて、補植して。

それでも獣害で。

もうシカの数が一線超えてますわ。

なんとかしないとダメでしょ。

オレ今年だけで2回も車、シカと激突してるんだよ、おかしいでしょ。

って、それは違うか。

 

 

さてさて、出来杉計画がいよいよスギのために猟までやりだすってよー

でも、ペーパードライバーの可能性もありありかもーーー

 

 

 

| | コメント (2)

2019/09/09

モンベルで特殊伐採用のスローラインと収納ボックスを買ってみた

やー、京都への10日間の遠征をようやく終えて、ブログの更新再開です。

ネタはたくさんあって写真も撮りためてあるのに、更新のタイミングを逃す毎日です。。

 

で、今日は特殊伐採で必ず必要になるスローラインを安く代用できないかと思ってやってみたんです。

03ae73164999474684e461c7a2784662

敷いているシートはモンベルのクランポンラップ

アイゼンケースとして使われているものです。

スローラインは張り綱2mmで画像は60mあります。

 

397ea048736c43e5949f0d57a6081f9b

このポッケにパウチがちょうどいいんですよね。

 

4f5285237ee54973890334e9d74dc44c

これをくるっとまるめるとこんな感じ。

普段使っているキューブと比べてもよりコンパクトなくらい。

もっと小さく畳むことももちろん可能です。

 

んで、実際に使ってみると

E3582f2eb28d4b90a8ad5cce0d14332d

斜面でキューブのように転がる心配はないけれど、滑り落ちる危険はあるので、それなりに注意が必要。

あと、収納するときにキューブのように立ったままパッパッと入れていこうとすると、クランポンラップからはみ出してしまうので、丁寧にしまう必要がありますね。

 

 

で、この張り綱。

C7bb673b2712494e800dfe9ef57b28f4

油断していると余裕で絡みます。

後輩さん、解いてくれてありがとね、感謝。

 

 

結論

張り綱がからみやすいけど、ぜんぜん普通に使える。

クランポンラップはかなり便利。

スローパウチは代用品が見つからず、アメリカから輸入しました。。。

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »