« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019/08/30

チェンソー伐倒研修キット

まずはこの動画を見てもらって。

 

これよくできてるよね〜

たしかにこれまでこういう重心の考え方を教えるのってあまりなかったのでは。

伐倒が何十年やっても難しいのは、結局重心がほんと難しいから。

山の斜面で木が曲がっていて樹冠も偏っていたり(針葉樹)、何股にも分かれていたり(広葉樹)すると、もう木がどう倒れたがっているのか、ほんとわからんのよ。

で、チルを掛けまくって若手にガンガン引かせたり、、、

 

 

さて、では

どうして木が倒れるのか。

チェンソーで伐るからに決まってんじゃん!

 

ちょっ待てよ。

動画を見てよ、倒れてないでしょう。

チェンソーを使って重心を移動させて、重力によって木が倒れるんですよね!

 

必ず受け口を作った方向に倒れるとは限らないことは、現場に出ている人ならわかるでしょう。

それをうまくわかりやすく説明してくれるのがこの研修キットだと思う。

シンプルだけど、ホントよくできてる。

 

木をチェンソーでジャンジャンやって伐り倒すというイメージではなく、重力で木が倒れやすくなるようにチェンソーで細工するようなイメージを持つと伐倒がより安全に身体も楽に作業できるんじゃないかな、と思っています。

 

この動画を見たみなさんなら、僕の言ってることわかってもらえますよね?

 

 

| | コメント (2)

2019/08/28

モンベル プロテクションロガーグローブ

モンベルのプロテクションロガーグローブ、早速使ってみましたよ!

F660c1e492654eef89a4a6b4d1786ed6

 

特徴としては左手の甲にチェンソー防護材が入っていることですね。(クラス1)

つまりチェンソーパンツやチャプスと同じようにチェンソーが当たった時に、繊維が絡みついてチェンの回転を止めてくれるというもの。

B77e1031f8934527aaf076f5c1664627

いや、これでもなんで左手の甲なのかと。

保護材は薄いけど、やっぱり握りにくい。

仕事中は集中してるから違和感なく使えます。

それくらいの保護材の存在感だと思ってもらえると。

 

 

ちな、素材はこんな感じ。

やぎ革は薄くて強いんですって。

7e914117d6a840ee93afa5c3dac5f0c4

洗濯については「押し洗い」って書いてあるんだけど、すみません、、洗濯機でガーッとしてしまいました。

脱水まで普通にしたけど、色落ち、色移りもなく、また縮んだりすることもなく使えてます。(個人の感想です)

 

 

でね、左手の甲がクラス1でもあまり意味ないのかなって思ってたわけです。

チェンがバチっと切れて飛んできてもフロントガード(ブレーキのところ)があるし、まあ、トップハンドルソー(つまり、こがる)を片手でバリバリ使うとき用の手袋なんだろうなと。

そう思ってたわけですよ。

 

で、この写真が見て欲しいんですが。

37220f181d104b9893cc563dba3773e2

チェンソーはスチール241だけど、もうね、いっぱいいっぱいなわけですよ。

で、これがいいのよ! これでいいんです。

すぐにブレーキがかけられる、これ。

 

僕はブレーキを多用する人ではないですが、それでも手首を少し返すだけで止められるのはすごく楽。

ちょっとしたことだけどね〜

 

 

最後に、これはちょっとと思うのは、

6e7f2c4819d744e99b82eae9370a54aa

36e03640e69d4cc19131eb093de68797

A7f5c9a4563c49df8a358fcd3f43a7d0

もうちょっと手首までカバーしてほしいかなー

スチールの手袋(保護材なし)をみても手の「くるぶし」くらいまでしかないから、チェンソー用ってこういうものなのかな。

 

 

 

| | コメント (0)

2019/08/23

モンベルの腰袋?

モンベルの秋冬新商品もうチェックしました?

やー、攻めてきましたね〜

4ba1d81c91534244b976787094db215d

バックパックは面白そう。

燃料を背負って仕事する需要は、重機全盛とはいえなくならないでしょうから、これはヒットの予感。

あとはこの配色が林内でどれくらい目立つか。

製品ページを見ると、ハイドレーションのリザーバーも入るようになっているので、熱中症対策にもいいかも。

欲を言えば、これにファンがついていて首筋や背中に風を送ってくれたら、快適に仕事できたかも。

 

 

腰袋と、腰ベルトはいやはや凄いな。

ベルトは「大型バックパックで培った技術」を生かしているそうで、これも楽しみ。

カスタマイズもできるようなので、これは工夫のしがいがありますね!

5fdbf442349e423baeeccb5e32c90e86

 

 

| | コメント (2)

2019/08/22

電車通勤

ブログを更新する時間がまったくなく、、、

いま、京都市内まで電車通勤で伐採仕事してるんです。

C0b27f546b8141ea8da603906b00494e 

2d8e5df03932413681ad515ce03bac91

3a5d6edf8e4246cf81031305d31833b9

(画像はfacebookページより)

朝、5時に出て20時に帰る生活。

車で行くのはさすがに大変なので電車とバスで寝ながら通勤してますが、いやー世のサラリーマンの皆さんはこれが毎日か大変だなあ、と思いつつも僕は新鮮な雰囲気を楽しみながら通っております。

 

大学卒業してからずっと山仕事だから、電車通勤てしたことがないんですよね。

あと何日くらい電車通勤できるかな。

 

| | コメント (2)

2019/08/14

熱中症対策ヘルメットって

去年よりはマシなのかもしれませんが、今年も結構な暑さですね。。。

梅雨が明けてから、街中で仕事をしていたせいもあって、山仕事よりも長めに休憩をいれても、なかなか回復せず仲間たちもぐったりでした。

そこで気づいたのが仲間達の顔が真っ赤っかだったこと。

街中ではみんな空調服で作業してますが、僕らは普段山奥で作業しているから空調服が絶対に必要かというと難しく。

 

 

となると、工夫できる一つはヘルメットなのかなと。

作業用のヘルメットはどうしても安全性の問題から、自転車のヘルメットのように通気性に振り切ることができないから、限界ありますけど、、

そんな中でもファン付きヘルメットや、風が通り抜けやすいタイプは面白そう。

8c06d197d8e045f99ceb5b16a2240c6f

9e99b4a9c4a8432db1c73574eed60a95

そういえば、フードでヘルメットを覆うタイプの空調服もありますね。

いまやZOZOでも空調服が売ってますから、まじ日本暑すぎだって。

 


少しでも快適に気持ちよく現場で働きたいとなると、緑の雇用の安全対策商品にも選ばれた空調服になるのかねー

| | コメント (2)

2019/08/09

チェンソープロテクションブーツは滑るのか

6556cd1bf2b54c3084778979301004a9

チェンソーブーツを履いていると聞かれます、そう何度も。

「滑りませんか?」

 

ブーツにはスパイクがついていないものが多いです。

対して、林業用の地下足袋は、スパイクピンが付いているものがほとんど。

つまり、スパイクのないブーツは山の傾斜で滑るんじゃないか、ということなんですね。

F52356630f5441ba99c9920eef1c2bc7

(モンベルのブーツは土踏まずにピンがあります)

この質問に対して僕の答えはいつも同じ。

「いや、滑らないよー」

 

つまりね、スパイクがないから、やっぱり気をつけて歩くわけですよ。

地下足袋と同じようにしてたら滑ると思います。

でも、そうじゃないから、エッジを使うようにしたり、足の運びに気をつけて歩くわけです。

だから、ほんと大丈夫なんです。

 

 

ただし、、

滑らないけど、とにかく重たい。

ブーツを脱いだときの天にも登るスッキリ感といったらないわ。

レッドブルじゃないけど、地下足袋は翼を授けてくれるくらい動きやすいのは間違いない。

 

ま、足をがっちりまもってくれるんだから、重たいのは当たり前。

身体も鍛えられるやろ、と思ってます(前向き)。

気分は「リンかけ」っす!

| | コメント (2)

2019/08/07

もげた

や、聞いてくださいよ。

今朝、薪棚に積んでいた薪が盗まれたんです。

 

なんか家の前に車が止まってるなー、と。

エンジンかけっぱなしなんで、ま、新聞配達かな、と思っていたんですが、それにしては長い。

窓からこっそり覗いてみると、懐中電灯をつけて家の周りをウロウロと。

しばらくしたら、薪をしっかり紐で束ねて車に乗りこむじゃないですか!

すぐに靴を履いて出て行って、車の主に声をかけると、そこにいたのは女性。

あたりは真っ暗、まだ4時前。

僕の問いかけを無視して猛スピードで発進。

車のナンバーはなんとか覚えたのですが、都道府県やひらがなまでは分からず。(一応、警察に連絡してます)

積んでおいたしっかり乾燥した薪を盗るなんて、なんていう夏休み。。

ま、その後も村内を探し回ったのですが、それらしい車は見当たらず。

 

なんて日だ!

 

ま、お天道様も出てきたし、気を取り直してお仕事タイム。

現場で下草刈りをしていたら、

53b0dc42c82941e6adc838a7a3bcef40 

もげたよねー。。

 

4ee929c6bcf54a10b6488fb377e3e375

73ad888b910244a5b1d2481c3c03d34d

わかります? ジュラルミンのパイプがちぎれてるの。

 

シャフトも熱を持って変色してました。

9210c3bcde11484398ee281f6f86b804

経年劣化?でシャフトがわずかに変形して、軸がぶれて防振のバネやギヤがパイプに負荷をかけるような状態になっていたのかな??

少し前からアクセル開度と刃の回転が微妙に合わないというか、吹けが悪いというか、そして今日は振動が凄いし、とにかくちぎれた部分が熱をもってひどかった。

そして、草刈り中に突然エンジン部がボロっと外れる衝撃たるや!

 

 

結論、

It's not my day today.

今日は俺の日じゃなかったってこと。

 

それじゃ、またあした〜

 

 

| | コメント (4)

2019/08/06

FW3奈良県集合研修

昨日とそしてこれから奈良県のFW3の講習会です。

担当は被害木の安全な処理方法やかかり木の処理について2日間で講習するというもの。

昨日は午前中、スライドを使った講義。

午後から現場へ出てかかり木処理。
かかり木については何と言ってもまず「かかり木にしないこと」なので、きちんとした伐倒ができるように受け口を詳細に検証します。

35c5964fa95c4cc5a45f2553ca4acc15

535744aa1bde4e77826415aec637d78d

斜めと水平の合わさる会合線(折れ曲り線)はまっすぐ一本線になっているか、水平になっているか。

受け口の深さ(ツルの長さ)は的確か。

伐倒目標にして向けて受け口(会合線)が直角になっているか。

一つ一つ、数値に出して検証します。

 

また、作業の様子はすべて動画撮影。

振り返りの時に自分の姿を客観的にみて、改善点を探ります。

 

と、ここまでが昨日で、さて今日も講習会頑張るぞ、とおもっていたら、今になって吉野は台風の影響で雨がパラパラと。。
あー、何をしようかな。。。汗

 

| | コメント (0)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »