« フルボディハーネスについて考える | トップページ | 森づくり安全技術・技能全国推進協議会の研修会をみてきたよ »

2019/03/04

黒滝村で木と森のことをイチから学ぼう

先日、奈良県の地域おこし協力隊を中心とした勉強会に招いていただき、「黒滝村で木と森のことをイチから学ぼう」と題して話をしてきました。

A745ebe21c504ba293bd828d2c4ab8e0

森林インストラクターとして、林業寄りの話をあまりするつもりはなかったのですが、そこはやっぱり吉野林業の地で働く身。
ヒノキ、コウヤマキを従えて吉野杉を中心に森の現状を話してきました。

そこでわかったこと。

いかに、僕が林業にどっぷりつかっているか。
僕らの当たり前は、一般の人にとってはまったくそうではないということ。

一番はじめに、葉と丸太の輪切りを見てどれがスギ、ヒノキ、コウヤマキか当てるゲームをしたのですが、これがなかなか難しい。

獣害についても畑の野菜ではなく、木の苗が食べられているとは思わなかったようです。


やはり現場からの声が大事だなと痛感した次第。
565a337d831642e58d7956c6db94fc2f


今回は室内での講義でしたが、次回はぜひ山を歩こう。
吉野杉の巨木が立ち並ぶ一部の森ではなく、吉野林業が直面しているリアルを感じてもらおうと思います!

今回は県内の協力隊中心のイベントに招かれての講義でしたが、今後は広く参加者を募集していこうと思いますので、興味のある方は続報を待っていてください。

|

« フルボディハーネスについて考える | トップページ | 森づくり安全技術・技能全国推進協議会の研修会をみてきたよ »

森林インストラクター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルボディハーネスについて考える | トップページ | 森づくり安全技術・技能全国推進協議会の研修会をみてきたよ »