« 君は大谷栄徳を知っているか | トップページ | 黒滝村で木と森のことをイチから学ぼう »

2019/02/17

フルボディハーネスについて考える

こんなコメントをいただきました。

ーーーーーーーーーーー
フルハーネス義務化について、樹上作業については不確かな情報が飛び交っているように思います。
ある意味不確かな情報を伝えないために口をつぐんでいる方々もおられるのだと思うのですが、実際の所6.75m以上の樹上作業ではサドルハーネスは使っちゃいけなくなるのでしょうか??
ロープ高所作業という意味ではフルハーネスの安全教育は一部免除なのは何とか理解できました。
そもそも普通のアーボリストサドルはワークポジショニング用で、フォールアレスト機能はないと思うのですが、、
この件、どのように解釈されていらっしゃるのかお聞きできればありがたいです

ーーーーーーーーーーーーー

まず、初めに言いたいのですが、というかこれが全てなのですが、
「フルハーネスの特別教育を受けましょう」

僕も来月受講予定です。
そこできちんと講師の方に説明を受けるのが一番だと思います。

また、これは特別教育ですので、事業体でしっかりと判断してほしいと思います。

で、

実は、森林組合のFBページのほうで取り上げて、ブログに掲載するのをすっかり忘れていたのですが、
「ロープ高所作業」に関する見解が書いてありますので、リンク先を見てくださいね。
これはあくまで「ロープ高所作業」から考えたフルハーネスについての返答になります。
黒滝村森林組合skyteam


ーーーーーーーー

最後に一ついいですか。
この特別教育はよいきっかけになったと思います。

僕はもちろんフルボディハーネスを購入しますし、サドルハーネスも使っていきます。

繰り返しになりますが、僕のブログが答えではありません。
皆さん、フルハーネスの特別教育を受けにいきましょう!

|

« 君は大谷栄徳を知っているか | トップページ | 黒滝村で木と森のことをイチから学ぼう »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

早速ですが、受けました。
樹上作業の安全性に対する意識が変化しつつあるなーと。

話は変わりますがモンベルさん、夏用のクールロガーシャツなるものを販売してくださってますね!(プロテクション ライト ロガーパンツも!!)
もし既に購入されているなら、出木杉さんのレビュー読みたいなあ(〃ω〃)
夏はどのような服装でお仕事されているのでしょう?

投稿: cloud | 2019/02/20 00:30

記事にまでしてくださってありがとうございます。
丁度無印セコイアを会社用に購入したばかりだったので、説得してでもSRTにしとけばよかったと後悔してたとことです。
ただ猶予期間が約3年あるので、そのころには状況もはっきりしているでしょうから、その時にはフルハーネスの購入を検討する必要があるでしょうね。

そういえばセコイアもまたバージョンアップしましたね。
https://m.petzl.com/US/en/Professional/Harnesses/SEQUOIA-SRT
クライミングギアは前評判が分からないものには手を出せないタイプなので僕は前型にしましたが、フロントのリングだったアタッチメントポイントが使いやすそうですね。

投稿: ペンネンネンネンネネム | 2019/02/21 18:02

cloudさん、早い!
僕がロープ高所作業のインストラクター講習を受けた時に、すでにフルハーネスの話題が講師陣の間で出ておりました。
より安全に作業するための議論が活発になることはいいことかと。

モンベルのシャツとパンツはもちろんチェック済みですが、パンツはまだ注文できないんですよね。
シャツはさすがにまだ早いかと。
手に入れたら速攻でレビューしますんで、まっててください!

投稿: でき杉 | 2019/02/21 23:46

ペンネンネンネンネネムさん、こちらこそ話題の提供をありがとうございます。

僕は高所作業車に乗ることも多いので、レストレインの意味もこめてフルハーネスを使う予定です。

僕のセコイアなんて2世代前のものですよ 笑
新型はたしかにリングよりは使いやすいですね。
ツリーモーションを意識したのかな。

投稿: でき杉 | 2019/02/21 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君は大谷栄徳を知っているか | トップページ | 黒滝村で木と森のことをイチから学ぼう »