« バッテリーチェンソーの不具合 | トップページ | モンベルのアルパインインナーキャップは買い! »

2019/01/09

モンベル ツリークライムハーネスを使ってみた

256e003563c4444080e8d659b13ada30

高所作業にも使えるということ、また1万円代(!)というコストパフォーマンスの良さからモンベルのハーネスを使ってみました。

で、結論から言いますと、
「十分樹上作業に使える。ただし値段相応。改善の余地あり」です。

2a982b6389564847929f2655c64f28f9

僕は普段はぺツルのセコイアを使っています。


画像のようにモンベルのハーネスにぺツルのキャリツールSとキャリツールエボを装着しています。
アクセサリーループは左右に一ヶ所ずつしかないので、そこにキャリツールのSを通しています。
ここにキャリツールのLサイズは通らないのです。

6624c30e732b4807b0920d04f206c733


5ac9e7fbf6d24efaad4c337b4e449f58
チェンソーをぶら下げるとこんな感じ。


アクセサリーループはキャリツールエボで解決するので良いとしても、ギヤラック(ループ状のひも)が左右に一つずつというのはワーク用のハーネスとしては決定的に少ないと思います。
ここはぜひ改善してほしいところ。


あと、樹上作業で使う場合にちょっと厳しいのはフロントのD環
C73a0754320c426f86ad67a95b809137
ここはやはりブリッジも使えるようにしてほしかった。
あと1万円高くてもいいから。
樹上での身体の使い方に大きな違いがありますので。


Cd2f79d7ffff47758f4f163b1f601bc9
サイドD環はこんな感じ。
画像は基本的なサイズのカラビナを2つ使ってますが、まあ標準的ではないでしょうか。
サイドD環は普段は前向きになってますが、ある程度遊びがあります。

7b10bd31cb024c33ad5c4fd3b0336f7a_2
パッドはペラペラです。
70ccクラスのチェンソーをぶら下げたらどうなるのかはまだ試していないのですが、トップハンドルをさげたり、1日中樹上で作業している分には全く問題ありません。

6a8ff1509c634b2ba92387a07a2204de
あと気になったのは、レッグループの調整用ラダーが外れやすいこと。
さすがに使用中に外れはしませんが、着脱時に外れてしまうことがありました。
ていうか、ここ取り外しできる必要あるのかな。。


ーーーーーーーーーーーーーー
と、ここまでいろいろ書いてきましたが、結論は冒頭に書いた通り。

改善してほしいところはあるけれど、ワーク用のハーネスが1万円代ってどう考えてもスゴいこと。
樹上作業用として売られているものは5、6万が当たり前。
そういったお腹いっぱいの高級品とシンプルなモンベルのハーネスはさすがにおなじ土俵にはあげられないかな。

年間ずっと大木相手に樹上作業しているような人は専用のハーネスを、そうでなくて月に1、2現場程度や小低木中心の作業ならモンベルのハーネスでも全然問題ないと思うけど。
だって、この仕事って他にもロープやらデバイスをいっぱい買わないといけないでしょ。
抑えられる出費は抑えたい人もいるんじゃないかな。


|

« バッテリーチェンソーの不具合 | トップページ | モンベルのアルパインインナーキャップは買い! »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

出来杉 様
いつも参考にさせて頂いています。
これって、SINGINGROCKのシットワーカー3Dと、ほぼ同価格、同スペックですね。私は先代のシットワーカー3を使っていますが、同様にブリッジでなくD環なので(ツリー用でなく高所作業用なので当然ですが)体幹を捻る動きはかなりしんどいです。また、捻る動きはウエストベルトを緩めるようで、しょっちゅう締め直ししてます。ベルトの緩みはありませんか?
シットワーカー3Dはギアラックが4ループに増えていますので、荷物は十分下げられそうです。

投稿: 樹の子 | 2019/01/15 21:18

樹の子さん、コメントありがとうございます。

たしかにブリッジに慣れていると、身体が不自由に感じますね。
いまのところ、ベルトの緩みはあまりないですね。
比較的快適に使えています。

ギヤラックとレッグループのラダーが外れやすいのは、ぜひとも改善してほしいところです。

投稿: でき杉 | 2019/01/16 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バッテリーチェンソーの不具合 | トップページ | モンベルのアルパインインナーキャップは買い! »