« フォレストマネージャー研修(後期)3日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)5日目 »

2018/11/02

フォレストマネージャー研修(後期)4日目

んでは、4日目。
連日の講義でさすがに疲れてるんだけど、この日の石山さんの講義は、かなり興味深くためになりました。

1日目2日目3日目はリンク先からどうぞ〜
ーーーーーーーーーーーーーーー

「リスクアセスメントの概要、リスクの評価、リスクの低減対策などについて」
・リスクアセスメントの事例紹介、実施規定、管理体制、手順
(株)森林環境リアライズ 石山浩一さん

スウェーデン、フィンランド、アメリカなどでは年間生産量が倍でも年間1人亡くなるかどうか。

死亡者は年間40名だけど、それは労災加入者だけ。
自伐、経営者、森林土木を含むとおそらく倍になるだろう。

機械は発生率は低いけど、事故が起こると死亡率が高い

H24年の聞き取りでフォワーダは100台壊れている。死亡は少ない。

ハーベスタのチェンが切れて、キャビンに飛んでくることがある。欧米では多い。
切れるのは狩猟の弾丸の影響か。

フォワーダが燃えることがある。原因がよくわからない。マフラー付近から出火しているが、、、

新人と高齢者が地べたで働き、中堅が機械に乗って指示出している。
中堅も地べたで一緒に考える。
ワークバランスが崩れている。作業計画の不備。

労働災害で亡くなると、40代は2億弱の損害賠償(民事提訴)。
まあ、保険入っているだろうけど。

自伐を推進するのは良い。でも怖い。
労災に入ってない。
社会保障とか労働安全をきちんと考えて欲しい。
複合的に安全対策をして欲しい。
家族が路頭に迷ってしまう

どうすれば安全作業ができるのか
指導者がきちんと勉強しないとできない。

現場で機械を使う場合は、作業計画書を作ることは義務になっている。
作らないのは林業くらい。
リアライズのホームページで作れる。

災害レスキュー訓練をやる。地元の消防と組む。
職員、作業員の意識が確実に変わります。

特別教育。
防護パンツだけではなく、ブーツも必要。
チャプスはいいけど、チャプスが回転しないように締め付けられるタイプでないといけない。
Img_9324

Img_9325
災害はゼロにならない。危険をなくすようにする。
安全とは災害がないことではなくて、危険がないこと

リスクは必ず存在する。
一つのリスクを減らすと、別のリスクが増える

リスク低減対策はまず、作業システムを変えることを考える。
どこでも普通は話し合いとか勉強会、KY、標識を立てるとかになる。
大きなところからリスク全体を考えて、死亡災害をなくすことを考える

省令と通達では締め付けは違うが通達が出ている以上、計画書を作らなければならない

リスクアセスメントする場合は、現場の写真を撮ってきて行う。
動画でもよい

ーーーーーー

「労働安全衛生マネジメント、安全衛生計画の作成について」
・労働安全をテーマとした計画設計演習とワークショップ
・フォレストマネージャーとしてのリスクアセスメント

欧州では労働災害の8割は管理者の責任とあうデータがある。

八頭中央森林組合。前田会長さん。
週初めにミーティングではなく、金曜日終わりにミーティングをして来週からやる。土日にイメージ、準備できるから。
いかに週初めから気持ちよく仕事できるかを考える。

メンタルヘルス。
先生を呼んで、モチベーションの維持とかを教わってもいいかも。
整形外科で筋肉の使い方とか。

Q 10年たってマンネリ化してしまった。30人と人数も減って、配置しなくて良くなった
A 法的には必要ないけれど、やっていた方がいいでしょう

スネの部分が回転してしまうと動脈を切ってしまうから。だからパンツタイプだった。

ブーツ4万は安い。
地下足袋六千円が2.3足。
スパイク長靴も1万円する。総合的に考える。

いかに派手なものを着るかが勝負。
迷彩ヤッケで仕事している人の多さ!

ーーーーーー

「現場組織リーダーに求められるものについて」
・フォレストマネージャーの役割とは

安田さん

現場のモチベーションを高めて業務の効率を上げる→利益はついてくるもの

安全は第1ではない。ベースである。
安全があって初めて仕事がある。
安全性が確保されて仕事が成り立つ。

チェンソーブーツは歩きにくい。
なら、どうやって歩けるようにするか検討する。
もう逃げられないから。それが最低限。

何かあったらそのコストは吹っ飛んでしまう。

コストを下げるなんて考えていない。
もっとゆっくり仕事して利益率を上げて欲しいと思っている。
大事なのは利益を出すこと。
搬出コストを下げるだけではなく、経営全体で考える

丸太の販売だけで十分。
補助金なくても回せる

もっと高く売れる方法はないか、現場以外でコストを減らせないか考えるのがマネージャー

苗木を是非作ってみてください。
専門になると大変だけど、コンテナ苗は手間がかからない。
水の手間だけ。春先に植え替えるくらい。
初期投資は必要だけど。
苗木代だけでも組合はすごく払ってる。
ちょっとの手間でそれがなくなる

収入を得るために間伐ではなく、安定した品質の木材を生産するために間伐する

車両を大型化させたい。3.6mの林道だと10tがギリギリ。
車両が大きくなると流通コストが下がる。
どこでもは無理だけど。

みんなが余裕を持ってコストを下げる方法を考えるのが大事だと思っている。

ここで赤字になったら、隣で黒字にしたらいいじゃん。
赤字は頑張ったって、ギリギリ。
無理させるくらいなら、黒字が出やすいところでさらに伸ばすようにする。

私は覚悟が違う。
会社の代表だから。
失敗したら従業員の家族全員に迷惑かけてしまう。
そういう覚悟をもって仕事をしている。

目的、目標、手段ばかり毎日考えている

ーーーーーー

|

« フォレストマネージャー研修(後期)3日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)5日目 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォレストマネージャー研修(後期)3日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)5日目 »