« フォレストマネージャー研修(後期)1日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)3日目 »

2018/10/31

フォレストマネージャー研修(後期)2日目

1日目はこちらにあります。

では、2日目の様子をざっくりと。
2日目、最大の収穫、最大の衝撃は内田先生でした。
これはこの研修に参加した全員が同意してくれるでしょうね。
ーーーーーーーーーーーーーー
「各現場への予算配分、各現場におけるコストの見える化、コスト管理と事業の中止/継続判断について」
・事業のコスト構造
・コスト管理、コスト分析の考え方


Img_9283
PDCAのCAは仕事に追われて難しい。
利益が出てればいいかとなってしまう。

月単位や施業終了時の結果では、工程遅れや予算オーバーの対策は取れない。
早く対応しようとすると現場を把握している人でないと難しい。
Img_9284
使えるお金(実行予算)を見えるようにする
どの工程を何人で何日やるとした方がわかりやすい。Img_9286

機械損料
使ってもお金がかかるし、使わなくてもお金がかかる

機械4台、2人でやることもある。
どうしても動かない機械がある。それにも2万円の損料がかかる。
コストが上がってくる。なかなか難しい問題

マネージャーは全体にどういう経費がかかっているか把握すれば、より良くなる

日報は出してもらって終わりということが多い。ファイルして終わり。
中でマネージャーが整理して、平均してどれくらいの作業量が可能なのかを把握することが必要ではないか。

(日報提出を)最初はめんどくさがっていた。
出すことによって給料の、査定をさせるのではないかと思っていた。
そうではなくて単価設定の情報を集めるためと説明して出してもらっている。
Img_9287

ハーベスタは稼働率が上がってこない。今後の課題。
それがわかるのも表をつけているから。
これを全体で共有することが大事。


機械損料は安い。
なぜなら営業日を稼働日数として算出しているから。
現場に運んでもすぐに使わないことがある。

コスト分析シートを事務所だけではなく、現場とも共有する。
どこに経費がかかったのか、どのくらい利益がでたか知りたいだろうし。


Q 機械の修繕費はどう出している
A 比率で見てるから新品でも5年経っても同じ額。
5年たったら、改めて5年分作る。


Q 作業道開設経費が利益を食ってしまう
A 作業道と間伐セットにしている。
出来高制にしている。
作業道だけにするとつけ逃げみたいになる可能性がある。


Q 固定費について。防護費に使えば作業員のモチベも変わってくるのでは
Aパンツは配布している。
年間何本交換は決めてないけど4本くらい替える人もいる。
ヘルメット、防振手袋も配布している。


Q 所有者から見積もり依頼があったら調査費はもらう?
A もらっていない。
皆伐の毎木とかはかかった費用をもらう。
調査費は粗利益からとっている。


ーーーーーー

「保有機械、森林作業条件に応じた作業システム設計、作業工程に対応した路網・土場のあり方作成について」
・日本の地形と土質に対応した路網の考え方
・機械に対応した路網の考え方
・路網開設時の留意点
日吉町森林組合 湯浅勲さん

Img_9288

林業は文化があるというより、ただ遅れてるだけ。

郵便局の保険には終身プランとかあった。
工務店は提案を売っている。
林業が作業して終わりというのはおかしい

土は日本全国違う。
10トンのものが走る。
同じように締め固めても同じようにはできない。
荒さによって特性が違うことは把握しておかないといけない


昔の作業路は800円でできるとか言って、その場限りだった

林内路網の3規格はドイツのフォレスターの影響が大きい。
きちんとした道を作らないと林業は成り立たないということ

まずは森づくり。
森を作るために道をつける。
そのためにはどのような機械が必要なのか。

自分の山のつもりでやらないといずれバレる

仕事はお金もらっても嬉しいけど、誇りも大事。
お金は使ったら消えるけど、誇りは消えない

道によって奥山は里山に変わる


田んぼは表土(シルトが多い)が30センチほど。
50年生で25mくらいになると床が粘土で水が入っていかないので、田んぼに植えた木は根返りしたりする

瀬戸内はあまり雨が降らない。山梨も。
山に囲まれているから。
スギは雨が多いところ、そうでないところはヒノキやカラマツ。

尾根は削れ残ったところ。
谷底は溜まっているところ。
場所によってまったく違うところに道をつけることを理解しないといけない。

洗い越しはやっぱりいい。
でも、異物が流れてこないところはヒューム管の方が走りやすい

自動車が道を走るなら車両幅の1.5倍以上、林業機械なら1.3倍以上ほしい

道はないに越したことない。
同じ仕事しかできないなら延長は出来るだけ短くする

路面はかまぼこにして、路肩は叩いて丸くする

勾配は原則1割2分。40度。丸太組みはこの中に入れておく

水路は丸太組みでもよい。
階段状にしておくと掘り込まない

横断排水は5度あれば詰まらない。

スイッチバックをヘアピンに変えるのはお金がかかる



Q 営林署の山は入札だから、次に入るかわからないのに、お金のかかるしっかりした道を作る気にならない。
低コストにしようと思うとスイッチバックにしたくなる。

A 営林署で受けた以上、その条件でやるしかない。
崩れない道が良いが、赤字になってまでやるべきてはない。


Q 急傾斜は切り盛りが高くなる。切り株で盛り土をあげているが、やはり崩れるから良くないのか

A 営林署が根株で止めてくれと言われたら、
仕様通りでやるしかない。
道はこうなったら崩れるというのがわかってほしいのが、今日の講義の趣旨。
こうしなさいということではない。

Q 宮崎県。石も買ってくると高い。スラグとか使ったことありますか

A 環境のことなど考えて、コストに見合うならやってみたらどうですか。
繰り返し使う、山に戻す、面積が狭くなるから、などいろいろと総合的に検討して条件に合うのを検討する。
完璧はない。
いろいろ判断して選択する、それが経営。


Q 最終的に伊勢神宮林みたいにしたいですか? 全部道をいれるのか。

A 大橋さんみたいにしたい。いつかは皆伐しないといけないだろう。山主さんの意向も大事です。
現状は網を張っても再造林がうまくいかず、元の山林には戻らないだろう。
この問題をどう解決するのか。


Q 道にバーグを敷いたことありますか

A ありません。なので、どうなるかわかりません。


Q 10トンが入るという提案をするにあたって、これから大径木を出すのに必要だといっても県や市が理解してくれない。
林業専用道は地域からの要望がないと動けないと役所に言われる

A 専用道を作ったことがない。
作業道で対応している。
設計しないといかない。
手間とお金がかかる。県にどう説得するかも難しい。
専用道がどんどん出来るとは思わない。
ナンバー取れるフォワーダとか、公道に土場を作ったりするほうが合理的では。
4tのショート四駆でフォワーダ使わないで、公道の土場まで出てくるとか、いろいろ考えたらどうか。
行政が現状、専用道を作るとは思えない。


ーーーーーー

・作業システムの基本原則
・低コスト林業に向けた作業システムとマネジメント
・高性能林業機械の特徴
京都府林業大学校 藤野正也さん

Img_9291
マネージャーがなぜ必要か
班長(リーダー)を束ねる役目
現場の仕事をどう進めていくか。
お金のやりくりも考えないといけない。
社長はいくつもの顔を持っている。
マネージャーに徹している人は林業では少ないのでは。

考えるべきことが思っている以上に多い。
林業の人はメモを取らないことが多い。
全部頭の中で処理するのは大変。

作業システムについて、よりよい方法は頭で考えるのではなく、紙に書いてみてください。
めちゃくちゃめんどくさいと思います。
それを頭の中でずっと記憶しているなんて、大変ですよ!

林業ってものすごく複雑なことやってます。
だから、もっと自信を持ってほしいと思います。

生産性は金額ではなく、どれだけ出せるか量で示すことが多い。
これを金額で考えるようにすると、意識が変わるのではないか。

頭の中ではだいたいできてる。
皆さんの努力は機械的な部分。技術的。
記憶の中でしか考えてこなかった。
いまから、ちゃんとやれば生産性は上がる。なぜならやってこなかったから。

プロセッサによる造材が早いからといって、そこをより伸ばすよりも集材など低いところを伸ばすようにするほうが、劇的に変わる

トヨタの工場で事故があったら何十億損する。
それは林業会社でも同じこと。

ほかの事業体を視察しよう。
「うちの方がすごい」「こんなことはうちではできない」などグチ、批評はダメ。
質問をしよう。
「こういう条件の時はこうすればいいんだ」。
繰り返すと引き出しが増えてくる。

大切なことは紙に書いて残す!

新しい作業システムを組む場合は、視察に行って実際に動かしてみることも大事

コンマ25のスイングヤーダでもアームを地面につける機械だと結構引いてくる。
果たしてコンマ25の能力を100まで引き出しているのか。
ぜひ現場でチャレンジしてほしい。壊してほしいという意味ではないw

岡山県向井さん林業
社長が機械好き
いっぺんに何もかもかえたらオペレーターが覚えられなくて、逆に生産性が上がらなかった。
5年後の姿を考えて毎年少しずつ更新していった。

工程管理を頭で考えていてはいけないというのがこの講義のテーマである。
ガントチャート、バーチャートを作ろう
何がいいか。
後輩を育てていかないといけない。
頭の中のノウハウを伝えていかないと会社が傾く。
紙に書いてその考え方を伝える。

全国の事業体の日報の分析をしたけど、特徴はなかった。
細かく書いてても、お給料の計算にしか使ってないところもあるのでは。

計画変更は初日の終わりで修正をかける。
初日やればだいたい流れがわかってくるから。

紙に書き出して、イメージを共有して言われる前に動ける班員を育てる


Q 視察で自分ところが優れていることもあるけど、、、
A 離れたところでみて批評するのが良くない。
そこから一歩進んで交流するのをお勧めしている


Q 湯浅さんは作業道は極力短い方がいいと行っていたが
A その地域、盲目的になると問題はあるが、距離も伸ばしていってケースバイケースで試してやるのはいいのではないかと思う。

ーーーーーー

「環境や地域林業に適した目標林型の設定と作業システム、順応的管理について」
・樹木の成長と地域林業の将来予測に伴う目標管理の選定の重要性
・将来予測の不確実性に対応できる順応的管理
・育林技術
森と木の技術と文化研究所 内田健一さん

Img_9293

学者は学者だけ、役所は役所だけ。
普通は学者の研究を役所は生 かすものだが、、

木の高さに見合った太さが必要。
成長スピードは人間が制御できない。

挿し木苗は一斉に自然被害に遭う可能性がある。無花粉杉も心配。
Img_9294
TR率、樹高と根っこは2:8。
太い木は土壌崩壊を守る

林業家も森林の生態系サービスは木材生産機能だけではいけない。

天然林の成熟林は300年くらい。老齢林は500から1000年。
人工林はそれを早められる。
成熟林で80から100くらい。
好きなものを植えられるしいいよね。

ヒノキの短伐期(いまは50年くらい)で回していくと再造林がうまくいかない

伐期は計画上の皆伐を言う

トウヒは陰樹、樹冠長率2/3残す。
形状比70以下。
細い木ばかり切れば、形状比が上がる

相対幹距比(Sr)は18〜20

スギは高密度に強い。

超伐期200年と短伐期50年を繰り返すと材積は変わらない。
長伐期は200万くらいの再造林費がかからないのが利点。

広葉樹の価格が高騰中!
どんな樹種でも2万円〜(岩手県)

オーストラリア、勝手に生えてきたやつを抜き切りで生計立ててる
伝統を守るタイプ

馬は輓馬を70万で買ってきて3年使える。
300キロ、食肉30万が保証されてる。
1日5m3くらいでる。
夏の間、草刈りのバイトに出せるw


Q 予想すると言う話。スギは被害が出てる。
湿度の高い雪が降ったり。雪の害、スギをどうするか山主さんにどう提案したら。
A 正解はないけれど、、
オモテ、ウラスギがあるけど、育ってきた
北山スギの最初からリスク込みで分かっている。

リスクまで考えられない人には、粗仕立てを提案するのもいいのでは。
管理できるリスクのうちに入るのでは?
粗仕立て風の太い木で
大径木は売れないのは、製材所が太いのを引けないから。
米松は立米3万。考え方の問題。そこはスギでもいいじゃないか。

|

« フォレストマネージャー研修(後期)1日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)3日目 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォレストマネージャー研修(後期)1日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修(後期)3日目 »