« フォレストマネージャー(前期)に参加してきた。2日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修3日目(午後) »

2018/09/19

フォレストマネージャー研修3日目(午前)

3日目は講義の連続だったので午前と午後に分けますね。

初日)(2日目)(3日目午後
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「製品等の規格、市況動向、顧客ニーズの把握」東信木材センター

小相沢徳一(こあいざわのりかず)さん
・原木、製品市場の動向。新規販売先の開拓
・川下動向を踏まえた造材の考え方

Img_8648

市売していない

カラマツは土木に使うのが多い(10月から3月)

1人1億、15人体制だから売り上げ15億

10年で取り扱いが5倍になっている

木材新聞に10万立方目指すと書いてもらった。
周りから「所長は頭がおかしい」と言われた。
「10万超えたら敵も味方になる、頑張れ!」と職員にいった

職員の空気があまり良くなかった
県森連からの出向者とかもいて。
「この市場を必ず長野県1番にするから」
負け犬根性を消すのに3ヶ月かかった。

元落ちは全て買い取る

目標達成したら職員が安心しちゃう。

シェアが半分あるから、頑張らないも、売り切らないと信州カラマツのかかくが下がってしまうと会議で鼓舞している

直送するとはい積み料もらわない。
手数料は半額。
生産者に手取りを多くしてほしい

大規模工場が北海道から1500くると言ったら、こっちは500だと買い叩かれる。1500出せるといってはじめてテーブルにつける。
2000.3000だすから500.1000円あげてもらえますかと交渉する

市売していると込みはい作る。
買い手は8センチしかいらないのに、、買えない場合もある。
ここは14センチ以下は1センチ刻みだから8センチだけを大量買える。

小径木の値段を上げないとバイオマスに持っていかれてしまう

市場としてAからDまで売り切る力を持っている

トレーラーはリッター1キロ2キロ。だから帰り荷のトレーラーを使う。
軽油代と運賃だけでいいですか、こっちはいつ積んでくれとは言わないから。
これを徹底的にやってます。
1日15台、20台!
いまは逆に空で向こうに走るトレーラーも使っている。
連合会だから長野県ナンバーも増やさないとw
船は海が荒れると入ってこない。
陸送は助かると言われたことがある

東日本震災のあと、小径木を福島にかなり送っている。

関ヶ原の戦い。カラマツの取り合い、挟まれるスギも足りない

スギで勝負しても勝ち目がない。

カラマツは80年もすると芯が腐ってくるから、どんどん消費して再造林しないといけない

山に木があるのは当たり前というのは先人が植えてきたから

外材が入ってきたお陰で、日本は森林大国になったとも言える

高齢を皆伐して、再造林費用を出してなんとか植えないといけない。
50年後大変なことになる。責務である

合板は平均単価10000くらいだろう。
100超えるものもある。
5万10万を作らないといけない。カラマツのブランド化。
森林認証(SJEC)
森林認証とったことで、切って売らないといけないという認識が生まれた。
取っても高くは売れない。
まずは地元で使って認知を高めろ

お金がないところに成長ない。

屋形船の係留ように16mのカラマツを使う。
10年に一回入れ替える。1本10万。立米13万だった

国産も2万超えてくると、再造林費用が出てくる

住宅数が減ってるから、外材の需要を食っている。
米松じゃなくてカラマツで梁を作ってくれよ。

1日500立方選別してる

1日1000立方入ってくることがある。夜10時くらいまで選別していたことも。
クレームがあり、早朝にしたり
要領が良くなり17時に終われるようになってきた

皮はブルーベリー農家に売っている。マルチング用

福島には皮剥いて持っていく。セシウムがつくとかいろいろ大変。
あと2割多く積める。40立米。
運送は立米幾らで運ぶから向こうも喜ぶ。
商売だから、お互いが良くないと長く続かない。

震災後、お役に立ちたい、うちは1センチ刻みだから使いやすいよ。
選んで皮向くから少し高いけど。
週に2回注文がくる

外材とは勝負するけど、他県の材とは勝負するのは辛い

工場だけではなく、地元の製材所も大事にしないといけない。
外にばかり出して、製材所が潰れると、工場に足元を見られる。
地域を盛り上げないといけない。
トラック会社も賛助会員にしようと思っているくらい。

Q 若手の育成は?
値段をつけるのは誰が?
A
熟練と一緒に仕事させている。
100万200万失敗してもいい。そのかわり1000万稼いでこい。
会社が傾かない限り、全て任せている。
売値も最終決算であえばいい。

Qマーケティングは?
生産者にこういう丸太を出して来れと言ってるのか?

A
外材の代換えフェイスパック、全ての合板工場とつきあっている。広く浅く。
あなたのところだけと言ってくれる人はとことん付き合う。

現金主義。手形は受けつけない。

合板が来たら、曲がりがあってもいい。とにかく4mで。
トロは別で。とにかく量を持ってこい。うちで売る。
A材は発生する。それは製材所に持っていく。

Q 丸太の穴が開いたのは選木機で選べないけど?

A 穴が開いてるのは入ってこない。気づかない場合はあるけど。それはチップにする

Q 売り先はどうするのか、今後。
10年後はどうなるのか?
A 地元の合板工場にガンガン出したらいいじゃないか。
10年後はわからないw
けど、カラマツの未来は明るい

Q 敵を味方に。どうやって地元を理解を。長材とか。苦労した点。
A 16mは夜中に出した。18mは前後に誘導車を使った。角曲がれないとか言いながら。
コンセンサスは有言実行。皆さんは俺の前にひれ伏すと言ったw
既得権を侵されると思ってる。
10万超えた時にお前と一緒にやるよとなった。地域を巻き込んで、仲間になった。
うるさい人ほど、仲間になったら強い。

ーーーーーーーーーーーーーーー
「森林施業プランナー等の企画部門と現場の情報共有について」
(株)はまさき 濱崎康子

・森林経営計画と提案型集約化施業の関わり

Img_8650
わたしには林業は、魅力しかなかった
社員の仕事の確保に悩まなくていいから

子供のため、孫のために作業する。自分のためじゃないのが魅力的。
道がつけば森林整備につながる

でも、実際は利益がなかった、、、
切れば切るほど、補助金があるけど、劣勢木を定性でやると利益が出ない。
給料も払えるかという状態。
山主にも還元しないといけないから。
所有者の山離れもひどいし、、、

根拠のない自信だけが動かしてた。正しいことをやってるから。
提案型を諦め切れなかった。

負担金いらないからうちにやらせてくださいって言っても、山は財産だからと簡単ではなく、手作りのパンフレットで説明して回った。

木一本全てが財産。捨ててはいけない。

提案書はわかりやすいものを意識した
プランナー研修でもらったものは詳しくて複雑だった
結局いくらもどるのかしか興味がない。そのかわりデータを収集しっかりした。給料、機械損料とか

清算するときは信頼してもらうために、補助金やすべてを開示した

山主さんの意向がなによりも大事。こちらの意見の合わせて目標リンケイを決めていく

何m進んだ?って聞きいて、その日のコストを出す。週1でいくらかかってるか話す。赤字だからダメではない。いくらかかって、いくら稼いでいるかを知ってもらうことが大事





・提案型集約化施業の意義
・森林施業プランナーの役割
・経理担当者等他部門との連携の必要性


「プランナ作成の手順、ポイントについて」

・調査、設計からプラン作成、提案、ポイントについて
・提案型集約化施業におけるフォレストマネージャーの役割

事業の抱き合わせもするけど、最初の想いはわかってほしい。

とにかく積極的に研修へ参加。情報収集。そしてそれを提供していくこと。

山を知り、人を知ることに尽きる

提案型はなによりも夢のある仕事

10年経ってやっと成果が見えてきた。今からが一歩目。

Q 今後の展開、材を高く売るとかありますか

A 直送したりもしたけど、1番近い市場に売るのが今のところいいかと。提案型は2割なので、これがもっと増えると変わってくるかも

Q 若手の育成は?
評価をするのは自分で歩いているのか

難しい。シルバーの方がやる気がある。朝が早かったり。時間はかかるけど。帰ってきて顔を見て声かけて敏感に感じ取ってあげる。班長を通じて状況を聞く。
最初はわたしが行って、そのあとは現場の人が行って連携を取っている。外部には出してない

Q 立米ではなく、一日いくらで計算。モチベーションはあがるのか

A まいなすが続くと士気に影響。数字が大事じゃない。わかってほしいということ。とにかくオープンにしている
不満などを早く見つけて摘み取るようにしている

女性で1番作りたいと思っていて、こちらから声をかけた

|

« フォレストマネージャー(前期)に参加してきた。2日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修3日目(午後) »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フォレストマネージャー(前期)に参加してきた。2日目 | トップページ | フォレストマネージャー研修3日目(午後) »