« カッターの状態をよく把握すること | トップページ | 目立てワークショップ@鳥取県八頭中央森林組合 »

2018/02/04

岡三マン

久しぶりのゆっくりした休日、一冊の本を読み返していたんです。

(発刊当時、ブログで取り上げた記事はこちら

泉林業では昭和44年に死亡災害があり、それ以来

「安全はすべてに優先する」を社是として、林業を天職と信じてこれまでやってきました。(p94)

とあって、

朝のミーティング内容は、災害の速報が入るとその情報とか、班長が黒板に書いたその日の目標に対して、私がコメントしたりします。(p97)

と、ここを読んでふと思ったんです。


岡三マンってみなさん知ってます?(唐突)

相場関係ニュースの速報性が半端なく早く、ニュースが報じられた数秒後にはツイートするというとんでもない人(たち?)。


もうこんな時代だし、スマホに林業関係(というか災害事例)ニュース速報がポンと飛んでくるっていうの、全然アリだと思うんですけど。

普通の情報ならプル型(ユーザーから情報を得に行く)でもいいですけど、災害事例とかはプッシュ型(ユーザーのところに自動的に配信されてくる)であって欲しいなと。

事務所にファックスで届くのではなく、現場作業員のスマホへ直接届くってことが大事。



林災防のホームページ
を見てもらうとわかるんですが、死亡労働災害多発警報が発令されている県もあります。
警報が出るってヤバいですよ。

「林災防マン」の中の人、ぜひ実現してくれないかな〜

|

« カッターの状態をよく把握すること | トップページ | 目立てワークショップ@鳥取県八頭中央森林組合 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カッターの状態をよく把握すること | トップページ | 目立てワークショップ@鳥取県八頭中央森林組合 »