« ロープ高所作業特別教育ってズバリどうなの | トップページ | 丹沢の山を見て来た »

2018/02/13

永切れするノコギリ

この連休、近くの町で開かれていた農機具屋さんの展示会に丸源鋸さんがくるというので会いに行って来ました。

Img_4713

丸源鋸といえば、僕が枝打ちに向く鋸を検証した際には存在を知らず、検証することができなかったのですが、その後使ってみて総合的に考えると隠れ1位!だとイチオシしていたノコギリなんです。


それが今回、展示会で社長にお会いして話を伺うと、

「さらにより長く使ってもらえるように改良した」と。

どこをどうしたのかは企業秘密とのことでしたが、ギリギリの日当で生活している身にこれはありがたい。

僕が愛用しているのは大地細目。
これは使うのが楽しみだ。


そして朗報。
丸源鋸がamazonでも購入できるようになりました。

種類が少ないのが難点だけど、気軽に買えるのはいいですね。

|

« ロープ高所作業特別教育ってズバリどうなの | トップページ | 丹沢の山を見て来た »

林業(枝打、ノコギリ)」カテゴリの記事

コメント

その鋸は、ステンレスの超音波焼き入れだとおもいますが、
出木杉さんは、目立てはしないのですか?

投稿: gotoれす | 2018/02/14 22:48

丸源鋸の看板が泣かせますね〜
なんか、親しみがわきました!

投稿: 祝杉 | 2018/02/16 06:21

gotoさん、ノコの目立てなんてもうとっくにあきらめてますよ!

ただ、荒目のノコは「頭」を研ぐことくらいはしますが、それでも元の切れ味にはならないですね。

鋸は本当に難しいと思います。

投稿: でき杉 | 2018/02/17 22:19

祝いちゃん、そうでしょ!
こうやって果樹栽培が盛んな地域の展示会で丸源鋸の普及に努めているそうです。

投稿: でき杉 | 2018/02/17 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロープ高所作業特別教育ってズバリどうなの | トップページ | 丹沢の山を見て来た »