« スイス研修の報告会します | トップページ | FW2 かかり木講習 »

2017/10/09

木こりのジレンマ

「きこりのジレンマ」という言葉(話)を知ってますか?

いままたちょっと話題になっているようで。

だいたいこんな話なんです。

きこりが木を伐っていた。
旅人が通りかかり、その作業を見ていた。
一所懸命やっている割には木が切れていない。
見てみるとその刃物はボロボロ。

旅人は「研いだ方がいいのでは?」
すると、きこりは「そんな暇はないんだよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この話、必死にやっている割には成果が上がらない、ということでマネジメントなんかに応用されてるみたいですが、林業の現場では比喩でもなんでもなく、ガチでリアルな話です。

山での伐採作業。
ちょっと一服。
刃を研ぎ、森の様子を見て、作業を振り返るのもいいものです。



|

« スイス研修の報告会します | トップページ | FW2 かかり木講習 »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。プロではあり得ない、新人に有りがちな話ですね(笑)

チェーンソーが伐れているか伐れていないかは、音でわかりますよね❗部下のチェーンソーの音を聞いて伐れていないとき、目立てせ〰️ってよく叫んだものです。伐れない道具は変な力が入り怪我するし、機械は痛むし何の特も有りませんね(笑)

投稿: ウルトラ・キコリ | 2017/10/10 21:57

ウルトラ・キコリさん、ほんとその通り。
切れなくて余計に焦ってしまって、、、というのはよくある話。
でも、これって新人さんに限ったことではないのかもー

投稿: でき杉 | 2017/10/14 23:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイス研修の報告会します | トップページ | FW2 かかり木講習 »