« KEM第3回ツリーケア・プロダクツ テクニカルデモセミナーday2 | トップページ | 安心してください »

2016/05/17

第3回 KEMテクニカルデモセミナーday2(続き)

さて、初日(とその続き)、そして二日めと書いてきましたが、これで最後となります。

<planning for emergency / rescue technic>

スパーを使ったシステム。
責任者の立場からいうと、もう1つクライミングシステムを用意するなどして緊急時に備えていなければならない。

トップカット中に材が当たって動けなくなってしまったという設定。
「自力で降りてこれるか?」
「手を切ってしまって降りれないんだ」
「止血してそこで待っててくれ。(もう1人の作業員に)他の作業を止めてくれ。救急車の手配も頼む」

まず、危険な要素になるスパーを外す。
できるだけ高い位置にアンカーを取る。
トップがないので限られたスペースでアンカーを作らないといけない。

Img_1088

自分のシステムを使用していたプーリーセーバーを介してビクティムにつなぐ。
ランヤードを使ってビクティムとつなぐ。
システムに(シーソーのように)体重をかけてランヤードを外す。
エイト環で補助。そして降りてくる。

レスキューシステムで気をつけてることは、レスキュー専用の道具ではなく、普段使っているものを応用すること。
つなぐものもランヤード。
使い慣れたものであれば失敗が少なくなる。

自分のたちの現場に合わせてレスキューのトレーニングをして欲しい。
市街地で仕事をするなら消防に連絡してレスキューしてもらうのも1つの手だ。

(Paulさん)難しい現場だと仕事をこなすということに集中して、レスキューの準備がおろそかになることがある。
そんな時は自分の家族のことを考えよう。
やはり安全第一だ。

(質問)処理した樹木は廃棄物として処理することが多い。
処理には経費もかかる。処理は高い。マフィアが関わってるんじゃないか(笑)
できればチッパーにかけて自然に戻したらいいんだけどね。

日本のアーボリストは優秀だと思う。
ぜひ国内だけではなく、機会があれば海外のアーボリストたちと交流して欲しい。

ーーーーーーーーーーーーーー

というわけで2日間の内容をざっと書き出してみました。
とても2日間で行われたとは思えない内容に僕自身まとめていて驚くとともに、ちょっと感動してます! 
これらを急ぎ足で行ったわけではなく、一つ一つ丁寧に説明し、質問を常に受け付けて、それらにも真摯に答えていました。

主催のKEM、Markさんはじめスタッフの皆さんには感謝しかないです、って同じこと書いているけど、ほんとそうなんです。
もちろん参加者の真剣さがあったからこそ、ここまでの内容になったのも間違いないと思います。

心新たに頑張ろう!

|

« KEM第3回ツリーケア・プロダクツ テクニカルデモセミナーday2 | トップページ | 安心してください »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

スゴ杉る‼️
たぶん教える体系も出来てますね〜

投稿: 祝杉 | 2016/05/18 06:25

渾身のレポート4連発、拝読いたしました。
暫しの冬眠期間を経て また登りだそうとしている身には
このベタ打ちレポは とても勉強になります。
今回 参加できなかったけれど
何度も読んで 自分のノートに赤字で追記したいと思っています (^◇^)
講師のマークさんは 26年登ってるんですね。
彼の樹上作業に対する考え方も参考にしたいと思います!

 

投稿: ’e’ | 2016/05/18 13:37

祝杉くん、Markさんもリスクアセスメントから10種類のリギング、そしてレスキューまで2日間でやったのは初めてだって言ってたよ。
それでも、とても体系だっててわかりやすかった。

同じタイミングで日比谷公園でもTCJがセミナー?やってたみたいで、日本の市場もこれまで以上のスピードで大きくなりそうだね。

投稿: でき杉 | 2016/05/18 23:28

’e’さん、Markさんの仕事に対する考え方、そして周りの人たちをリスペクトする姿勢はとても素晴らしかったです。

ブログには書いてないですけど、質問を受け付ける時も「どんなことでもいいから聞いてほしい。もやもやした気持ちのまま帰らないようにしてほしい」と言い、答えがはっきりしない質問には「ちょっと考える時間がほしい。また明日返答する」と言うのです。
本当に素晴らしいプロフェッショナルでした。

投稿: でき杉 | 2016/05/18 23:35

目にもとまらぬタッピング。よくここまで書き起こしましたね。驚いた~(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: bota | 2016/05/21 12:38

その場で理解できないから、あしたにむかって、打つべし、って感じなんです。。

投稿: でき杉 | 2016/05/21 21:37

ブログみただけで現地にいる様な感覚です。
よくぞここまでまとめましたね。
流石出木杉計画!
参考になりました。
現地に行けなくて残念だったのは出木杉さんと会えなかった事かな?(笑)

投稿: ゲチェナ | 2016/05/24 22:29

俺もゲチェに会えなくて残念だったよー(本気)
結構知ってる人たくさん来てたからさ。

今回、メモを取るのに必死で下ばかり向いていたので、マークさんたちの作業姿があまり印象に残っていないような。。。

投稿: でき杉 | 2016/05/25 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KEM第3回ツリーケア・プロダクツ テクニカルデモセミナーday2 | トップページ | 安心してください »