« イルミネーションつけてきた | トップページ | チャイムの鳴る森で実演 »

2015/11/07

林業労働安全衛生推進テキスト

チェンソーで仕事をする際の防護服着用がいよいよ義務となった今、もう一度安全について現場人も事務方さんも考えて、そして実践しましょう。


林業労働災害の防止には、従事者それぞれの確実な安全行動はもちろんのこと、事業体の経営トップ・管理層の意識改革、ひいては経営方針として安全対策を位置づける実行力が抜本的対策として欠かせません。  そこで、林業労働安全衛生の理解に欠かせない基本事項(労働安全衛生のしくみと制度、労働災害の現状等)に加え、労働安全対策の経営的意味・効果、経営向上に果たす役割、さらには労働災害の発生によって招くおそれのある法的問題・損害賠償など必須事項をまとめたテキストを制作しました。  経営トップ・管理層(森林組合代表理事、専務理事、参事、民間事業体経営者、管理責任者等)などの方々に、ぜひ手元に置いていただきたい一冊です。
(全林協のホームページより引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上で引用した紹介文だとちょっとわかりにくいけど、熊本の泉社長や広島の安田社長の現場目線による文章もまとめられていて、実際にどのように現場で事故の芽を摘んでいけば良いのか、とても参考になりますよ。


僕自身は現場で働く身として、やはり事故事例っていうのが、一番参考になるんですね。
その事故場面ていうのがリアルに脳内再生できるので。


でね、そういう事故例の情報って林災防でしか知りえないのだろうかと。
例えば、登録しておけばTwitterやfacebookのタイムラインに事故事例が流れてくるとかいうサービスはないのかなと。
こういう時代だし、そんなサービスがあってもおかしくないと思うんだけど、僕が知らないだけなんですかね?


とにかく皆さん、明日もご安全に!

|

« イルミネーションつけてきた | トップページ | チャイムの鳴る森で実演 »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

フォレストマネージャー研修で安全衛生推進者育成講習というのが必須科目としてあって、安全はどんな作業でも基本中の基本ですよね!
少しタイプは違いますが安全衛生推進者 必携という本で勉強しました!

投稿: ウルトラ・キコリ | 2015/11/08 20:48

そんな本があるんですね。
その林業に特化したものがこのテキストという感じです。
このテキストにある「事故が起きたら、人ではなくシステムを改善する」というのは、本当その通りだと思います。

投稿: でき杉 | 2015/11/09 14:38

あっ!これも林業における!なんです(笑)
フォレストマネージャーですから。

投稿: ウルトラ・キコリ | 2015/11/11 19:23

キコリさん、確かにそうですね!

投稿: でき杉 | 2015/11/14 17:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イルミネーションつけてきた | トップページ | チャイムの鳴る森で実演 »