« 久しぶりにチェンソーで製材してみた | トップページ | ぼくはくま »

2015/08/31

架線研修2日目

本日は心配されていた天気もくもり空で架線研修開催されました。
初日の様子


今日は現場にでて、実際に線を張ってみます。

と、そこで朝からアクシデント発生。
集材機据え付ける位置が道からギリギリ遠く、据えつけようとするとユニックが傾いてしまう。
アウトリガーを張り出すと、もっと遠くなってしまうし、とりあえず研修生で荷台に乗ってみるけど、やっぱり傾く。。


で、
Img_2474
斜めの「橋」を作って、そこに重さを預けながらチルホールで引っ張っていく作戦!

これがうまくいって無事据え付けることができました。


ま、これは最初から据付場所がギリなことはわかっていたので、こういう方法も想定内だったそうですが、こんなふうに現場でどうにかこうにかやってしまう、「現場力(げんばぢから)」が僕は大好きなんですよね。


普通にやってたらできない、と。
教科書通りだとできない。
こっから現場でみんなでなんとか知恵を絞って解決する。
こういうのは林業にかぎらず、仕事の醍醐味ですなー


今日の研修は滑車などを取り付けるまでで、いよいよ明日線を張り上げていきます。

|

« 久しぶりにチェンソーで製材してみた | トップページ | ぼくはくま »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

スカイライン(主索)はどうやって張りましたか。
リードロープの人力張り回し?
あれは先柱までのかつぎあげ、がたいへんでした。

昔は大砲みたいなのがあってロープの打ち上げなんかをしていたようです。
いまだと大型ドローンなんかを使えるといいでしょうね。
規制があってむりでしょうが。

投稿: gotoれす | 2015/09/02 22:15

gotoさん、どうもー
主索は最初に張った走行索で運んでいって、最後はヒールブロックで締め上げました。

ドローンはいろんな動きがあるようですよ。
法整備もこれから整っていくのでは。
ちゃんと規制して使えるところには使えるようになってほしいですね。

投稿: でき杉 | 2015/09/02 22:27

ダブルエンドレス張ったのもう10年以上前ですねー。
浮き上がるアウトリガーをグラップルで押さえたり、集材機自走させたり、色々やりました。
架線なんて、すっかり昔話の感覚です。

投稿: だん | 2015/09/02 23:53

杉さん<
ああ、そのスカイラインの前のエンドレスを張るとこをどうしたのか?
の意だったのですが、酔っていたので(笑)
スパンが短ければ、エンドレスを直接引っ張るのでしょうが。


だんさん<
うん、架線は昔話なんですけど、あれにはワイヤーロープによる集材の基礎がいろいろ含まれているので、たとえ実態がユンボのシングルウインチ集材であっても。
勉強のためにするべきと思います。
おそらく目的はそこだと思います。

投稿: gotoれす | 2015/09/03 20:33

gotoれすさん、
そうなんですよね。今はすっかり繊維ロープばかり扱ってますけど、力学的な事とか、木の重量や強度の感覚みたいなものは架線の経験で得たものが大きいです。
昔話というのは僕が林業架線から離れてしまったというだけで、これからも発展してほしいと思います。

投稿: だん | 2015/09/03 21:02

だんさんは結構、架線張ったんですねー
吉野ではヘリが本当にどうなるかわからなくて、みんなバタバタ大混乱してる状況でとりあえず架線、もう一回見直そうって感じです。

温故知新となるか。

投稿: でき杉 | 2015/09/03 23:51

gotoさん、そうでしたか。

エンドレスは4分のリードロープの引き回しです!

15名ほどで研修受けてますんで、人力はいくらでもあるのです。

ほんと、この研修をウインチ集材やリギング作業に活かせないかという視点でのみ受講してました。
なので、線が張り終わった段階で、研修に行くのを止めてしまったという。。。
や、所用がありましたもので。

投稿: でき杉 | 2015/09/03 23:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりにチェンソーで製材してみた | トップページ | ぼくはくま »