« 「道具と技」企画、座談会終了! | トップページ | スイスフォレスター研修まとめ »

2015/07/06

林業男子

林業女子という言葉が出回り始めたのはいつ頃だったでしょうか。
まだここ数年だと思うけど、全国各地に林業女子会ができたのは、かねてから女子の活躍を願っていた僕としては、まことに嬉しい限り。

で、男子の出番だ。


これはライターさんが林業、山に関わる人たちを取材した本。
手に取るのが遅くなったけど、発刊から1年、ようやく読んでみました。


出てくるのは、みんなその道では有名な人(タイトルはアレだけど女性も出てきます)ばかり。
メディアによく登場して一般に通用するほどメジャーな人物が林業の業界目線ではなく、街のライター目線で書かれているのが新鮮です。

僕だったら地を這うような現場目線で書いてしまうと思うのですが、著者の山崎さんの目線は軽やかで読後感は非常に爽やか。
林業だって別に特別な仕事ではなくて、ただただカッコイイ人はどんな業界で働いててもカッコイイのだ。


この本でいちばん響いた言葉はこれですね。
「東京チェンソーズができていなかった部分です。それを私が担って、(中略)東京チェンソーズと青木亮輔という人物を大きくしたいんです」(p94)

しびれますね〜


僕は、黒滝村森林組合と全国の山いきのみんなに何ができるかなあー

|

« 「道具と技」企画、座談会終了! | トップページ | スイスフォレスター研修まとめ »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。
いまでは全くそんなこと思っていませんが(^^;

投稿: 青柳孝 | 2015/10/06 20:46

青柳さん、ありがとうございます。
ものまね番組のような、ご本人登場でしたι(´Д`υ)アセアセ

投稿: でき杉 | 2015/10/06 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「道具と技」企画、座談会終了! | トップページ | スイスフォレスター研修まとめ »