« なぜハスクユーザーの僕がスチールを買ったのか(追記) | トップページ | 『道づくりの施工技術』 »

2014/06/06

南大野の教訓

会い今日も雨の中、樹上仕事をしていたんですが、大きなミスをしてしまいその報告です。。

現場はこの記事に書いたところで、大きな幹を上から切り崩していたんですね。
その丸太(幹)を落としてしまい(赤→、実際は振り子のように動いてます)、玉垣と石段(青◯)を破壊してしまいました。
Img_1165

2点吊りしていたのですが、その一方の結びが緩くほどけてしまい落下してしまうという痛恨のミス。


要点だけ書くのでイメージできないと思うのですが、ほどけた方は伐採していた本体(幹)に結んでいて、直径80センチのところにティンバーヒッチしていたんです。
周囲をぐるりと回って結ぶ(巻き付ける)のが面倒で手の届く範囲で3回巻き込んで、それで良しとしたのが間違いでした。

太い幹に対して横着してティンバーヒッチの基本、ぐるりと周囲に巻き付けることを守らなかったのが大きな失敗につながってしまいました。


これまでこの仕事でなにも破損したことはなく、また順調に仕事をこなしていたので、気持ちが緩んでいたのか。
今回の失敗もこの難しかった現場の最終日でした。
最後まで気を抜かないつもりでしたが、やはりどこか安心感と甘さがあったのだと思います。


この神社を守って来た地域の皆さんには大変申し訳ない気持ちです。
これを教訓として、今後はこのようなことのないように作業して行こうと思います。
いつか今回勉強させてもらったお礼参りに来れるようにしないと。

|

« なぜハスクユーザーの僕がスチールを買ったのか(追記) | トップページ | 『道づくりの施工技術』 »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

すっぽ抜けはι(´Д`υ)アセアセ
まぁ誰しも通る道、て言ったらまずいか。
怪我がないのが良かった、てことで。

でもそもそも
ティンバーヒッチは常に荷重がかかっている場合には有効だけど、2点吊りとかでフワッと浮いて荷重が抜けるとほどける危険があるんですよ。

その意味ではtree removalには向かないと思います。ブロックとかポーターラップとかハードウェアの固定には使うんですけどね。

投稿: bota | 2014/06/08 16:56

botaさん、どもです。
まあ、びっくりしたですよ。
本当によくこれだけの被害で済んだという感じ。

これも神様が教えてくれたのだろうと捉えて今後は気をつけて行こうと思います。
個人的にティンバーヒッチは好きじゃなくて、普段使わないのに面倒くさがったらこうなってしまったという。。
まったく情けない話で。。。

投稿: でき杉 | 2014/06/08 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜハスクユーザーの僕がスチールを買ったのか(追記) | トップページ | 『道づくりの施工技術』 »