« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/29

ゼノア3500Tのカッティングシステムを代えてみた

「天てれ」のエンディングテーマ曲(「にっぽん・なんばあず」)、「いいなー」と思ってたら歌詞まで石野卓球の仕事だったのね。今日気づいた!
子供も大好きで、親子揃って電気好きか。

なにげに「天てれ」のエンディングって良い曲多いよ。
2年前のサンボマスターの「恋する季節」はホンマ名曲です。

と、ここで動画を。。。
ま、やめとこ。


て、ことでやっと本題。(ていうか言いたいことはすでに書き切った感。。)

困ったコ、トップハンドルチェンソーの「ゼノアGZ3500T」ですよ。
もういろいろ書いて来たわけ。(こんな感じ

リンク先では3500Tはパワーがないから14インチバーにスチールチェン角刃PS3を付けたら快適に使えたという話をしたわけです。


でね、でもね、まだしっくり来てなくて。
絶対的なパワー不足のせいにしてあきらめてたわけなんですが、先日北九チェンソーの大町さんに思いつきもしなかったシステムを教えてもらいまして。

Img_8627
んとね、チェンはスチールのピコマイクロミニ3(3/8、1.1mm)。
オレゴンで言ったら90SG(3/8、1.1mm<0.43インチ>)になる。

で、それに合うゼノアでも使えるガイドバーがツムラにあったと。


つまり、これまでのPS3よりもゲージが狭く薄いわけです。
これは重量にも現れてて、PS3の時は「4540g」だったのがピコマイクロミニにしたら「4425g」でした。(燃料、オイルはそのままでバー、チェンのみ交換)
このサイズで100g以上軽くなったということでかなり軽く感じます。


んで、使い勝手なんだけど、まあ最高!
やっと最適なシステムにめぐりあえた感じ。
切れ味もPS3同様にいいし、チェンソーも軽いし、いいことずくめ。
チェンスピードの遅さで3/8ピッチの広さを感じるのは変わらないけど、それを薄さが補ってくれてます。

バーを短くすればいいじゃないか、という声も聞こえてきそうなんですが、実際12インチバー(91VXL)のシステムも地上仕事では使ってるんです。
ただ樹上で使う場合、僕には長い方がなにかと使い勝手が良くてこうしてます。

このシステムを教えてくれた大町さんに本当に感謝です。



と、この勢いのまま、昔から気になっていた3500のオイルキャップ周りをなんとかしてみようかと。
Img_3160
こんなんじゃキャップの周りにゴミがたまって仕方ないんだわ。
ってな文句を場末のブログで書いてたら、3500のバックハンドルタイプのGZ360EZが出たんで見に行く。
Img_3067
ま、多少ゴミはたまりにくくなったみたい。
わけのわからん隙間が減ったね。

んで、僕の3500はこんな風にしてみた。
Img_7304
とりあえず手前側を削り取ってみた。
実際使ってみて、たしかにゴミはたまりにくくなったよ。
3500持ってて気になる人はやってみて。


ゼノアGZ3500T、やっと良いコになってくれたようです。
仕事がんばります。

| | コメント (8)

2014/04/23

刈払機の防護カバーを考える

ただいまガンガンに刈払機で草を刈っております。
こんな時期になぜ?という感じなんだけど、ただひたすら刈ってます。


でね、みんな当然付けてるはずの飛散防護カバーなんだけど、ま、邪魔だよね。
でも俺は付けてるのだ。

で、みんなはどんな感じにしてるのかなって。


あ、使ってる刈払機は2グリップ+ループハンドル。
で、今日の現場はこんな感じ。
珍しくなだらかな仕事しやすいところ。
Img_8560

Img_8570


んで、カバー。
「1」
Img_1931
ま、これが正しい付け方なのかな?
こうすると効率が悪いというか、カバーが邪魔だし、畑で使うならいいかもしれないけれど。。。


「2」
Img_1934
15cmくらい離してみた。
こんな感じで使っている人は多いかも。


「3」
Img_1935
邪魔にならなくていいけど、ここまで離すとカバーの意味がうすいかも。


と、実際僕もこれまで「2」のようにして使ってたんだけど、それでもカバーが当りまくってすぐに割れてしまったりして困ってました。
んで、刈払機を使っていてカバーがいつものように当りまくって勝手に動いてしまい、いつのまにか写真のようになってて。

すると、これがなかなかいい感じで。
ガーッと突っ込んで刈って行ってもカバーに当りにくいし、一応飛散ゴミもそこそこ抑えてくれる。(もちろんアイガードしてます
Img_8537

このカバーを上向き(上側)につけるなんていう話も聞いた事あるんだけど、僕は試してません。
みなさんの最適な位置、好みの位置っていうのはあるのかなー


あ、ついでに書くと、刈払機の持ち方。
傾斜きついし、2グリップなんで、バーベルを持ち上げるみたいにして持ってます。
上腕二頭筋を使うので凄く楽なんだよね。
右手はこんな感じ。
Img_8552
規制後の安全ハンドルタイプでも同じように持って使えたはず。

ちなみにバンドの長さはトムモレロにしてます。

| | コメント (4)

2014/04/19

大阪ほんわかテレビに

よみうりテレビの大阪ほんわかテレビに長勝鋸の長津勝一さんが出ますよー

4月20日22:30〜ということで明日です。
急でごめんね。

関西方面の方はぜひチェックしてくださいな。



で、ちなみに僕も「ほんわかテレビ」に出た事あるんですよ。
この頃はホントいろいろと出まくってて。
よくやったわ。。

当時のエントリー→「大阪ほんわかテレビ」ロケ終了
てか、2006年だって! 9年前? マジで???
思い出して来た。
レポーターさん、可愛かったわー(←ちっちゃいコが好き)

| | コメント (0)

2014/04/18

フォレストマーネージャー研修の言葉

PCのブラウザのブックマークを誤って消してしまいもう何がなんだか、、、
立ち直れねえ、、、


で、今日紹介するのは以前ブックマーク付けておいて、ちゃんと頭で覚えていたページ。

岡山で林業をしている友人がフォレストマーネージャー研修での講師の言葉をまとめています。
すっごく良い仕事してるよ。
まとめてくれた斉藤さんは全林協の「道具と技」VOL.2にも出ているので持ってる人はチェックしてね。


この斉藤さん、マジで凄い人なんだ。
賢くて仕事ができる。(←現場見た事ないけど、たぶんできる)
身体も大きくて日本の林業を動かすならこの人みたいな感じ。

リンクを見た人は僕の言葉、分かってくれると思う。

フォレストマーネージャー研修の言葉 1
フォレストマーネージャー研修の言葉 2

| | コメント (7)

2014/04/17

神去村通信

世間はモリ上がっているのだろうか?

林業映画「WOOD JOB!」のことだけど。。

facebookではこんな感じで。

GWくらいから番宣とかガンガン入るのかな?

写真で見る限り、伊藤英明はかなりサマになってるね。


もちろん、僕も映画見に行くけど、映画の内容よりも世間の話題になってヒットするかどうかが木になって仕方ないわ(^-^;

さて、どーなるかしら。

| | コメント (6)

2014/04/16

GW前後のチェンソーアート実演の予定

まずは
◯4月20日(日) 明日香村国営飛鳥歴史公園 石舞台

一回目 10:30〜
二回目 13:30〜

ならコープのアースデイイベントでの実演となります。
詳しくはこちらを。
なんか凄い気合いの入ったイベントになってて、僕のカービングなんてほんと大したことないです。。

当日は今のところあまり天気がよくない予報だけど、いろんな催しもあるし、ぜひ家族で遊びにきてほしいですね。
小雨決行です!


で、次はいつものやつです。
◯5月4日(日) 奈良県曽爾村ファームガーデン

一回目 11:00〜
二回目 14:00〜

ファームガーデンはレストランに温泉(お亀の湯)に「スーパーそに子ビール」もあるからね!

とにかく毎年凄い人なんだけど、僕の実演だけでなく吉野チェンソーアートスクールに参加してくれてるメンバーの販売ブースもあるから、ぜひ皆さん遊びに来てくださいね!

| | コメント (2)

2014/04/15

咲いた

不精でき杉、恥ずかしながら帰って参りました。。


で、小笠原にて相棒くんから

「良いニュース 桜、無事に咲きました。 これはちょっと感激!」

とのメールをもらっており、どの桜かというと、この記事の桜なわけで、小笠原や東京の桜は散ってしまっていたけれど、この桜はどーかなと気になっておりまして。


つうわけで、さっそく見に行ってきました。
Img_8362_2

おおー、きれいに咲いてるではないか。
結構元気そうだ。

良かったねー。


いま、村はどこも桜が満開で一年で一番良い季節かもしれないな。
Img_8342
(道の駅309)

| | コメント (0)

2014/04/10

小笠原の唄

今日は出来杉計画らしくないんだけど、ま、小笠原にいるということで僕の好きな小笠原の歌と古謡を紹介。
これまで何度か耳にしていて、とても良い曲だなーと思っていた曲を。


1曲目は「レモン林」。父島のフラで最初に観て(聴いて)いきなりハマってしまった。
すっごくかわいい曲。歌詞もかわいらしくてじんわりしみる。。


2曲目はフラと言えばこれ。「丸木舟」



3曲目は聴くたびに涙してしまう(歳をとったもんだ)「アオウミガメの旅」
小笠原の小学校に赴任して来た先生が作った曲なんだって。
子供達に大きく強くなって、また帰っておいでという歌でさ。
紹介する動画は音声とか良くないけど、ホント号泣ものです。
youtubeで観てもらったら歌詞があります。

| | コメント (4)

2014/04/06

父島2014春その2

世間は日曜日なわけですが、小笠原では「おがさわら丸」という船が入港中か出港中かの方が島の生活には大事な感じです。

で、そんな島の山の中で見つけたもの。
Img_7591
亜熱帯だから四季がそれほどはっきりしているわけではなくて、しかも4月だけど真っ赤に紅葉している葉っぱがあって、聞いてみるとシマホルトの葉っぱだそう。
シマホルトというと母島では「こぶの木」と呼ばれているやつですね。
母島で「こぶの木」というと、まあいろんな思い出がよみがえるわけですな(2011年初めての小笠原母島で宿泊した宿の名前)。
まあ、知ると人ぞ知るという。


あと、ここ父島ではシロアリがものすごーく問題になっていて(近年は母島でも。興味ある人はググって)、先日伐倒したアカギにも立木の状態ですでに入っていました。。
Img_7533
駆除対象の木だから良いけど、固有種とかに入ったらどうすんだろう。
現地の人に聞いてみよう。

| | コメント (0)

2014/04/05

父島にて2014春(写真追加)

久しぶりの更新となったわけですが、実はまた小笠原に来ております。
『道具と技』の原稿もこっそり(?)で書いているわけで、ブログの更新が遅れ気味で申し訳ない。。


小笠原に来ると(過去のレポートを見てね)山(樹木)の写真が多くなるので、今回はちょっと違う物を。
Img_7493
作業現場近くにある道標(?)
父島は第二次大戦時に要塞化されていたということで、軍の施設がそこかしこにあります。
この現場には砲弾も落ちていて(すっごく重い!)、なんていうんだろうね、小笠原は観光地になってるし、僕は外来種(樹木)対策でこっちに来てるんだけど、こういう戦争の跡もあって、重層的な感覚を覚えるなあ。

Img_7520


で、いきなり話変わって、島の名物っていうの?
島寿司です。
小笠原名物っていうより東京の島嶼部(八丈とか)の名物みたいだね。
Img_7508
サワラ(?)のヅケでわさびの代わりに洋ガラシになってます。
これはこれでなかなかウマいです。


まあ、僕は観光で来ているわけじゃないんで、真っ青な海!みたいなきれいな写真は撮れないかもしれないけど、ボチボチ書いていけたらいいなと思ってます。
もし聞きたいこととかあったらメールやコメントくださいな。

あ、こちらにはあと一週間ほどいる予定です。

| | コメント (2)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »