« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014/01/28

現場スマホの決定版

ついに日本でも発売されるようです。
現場で使うには最適最強のスマホでしょう。
京セラの「TORQUE」。なんか強そう。。

140127torquemilstd810g

「防水、防塵、耐衝撃、温度耐久、耐振動、塩水耐久、防湿、耐日射、低圧対応」
ということで、もはやなんだか無敵です。。

OSはAndoroid4.2。
キャリアはドコモだそうです。

京セラのガラケーを使っていたことのある僕にとってはなんだか、「京セラがんばってるなー」みたいな気持ちだったりします。
アメリカでのシェアは7位。日本メーカーとしては1位ですからね。
このままアイデンティティの光る商品を出して行ってほしいです。

ま、僕の使ってるスマホはiphoneでとりあえずこのままなんですが、このTORQUEは正直気になりますね。

| | コメント (4)

2014/01/26

ヘリコプター出材の終わり?

僕の働く奈良県吉野地域は出材といえばヘリコプターを使うのがまあ普通なわけです。
このブログでもさんざん書いてきました。


・<林業>ヘリコプター集材(1) (2) (3)

ヘリ荷の作り方

ヘリコプターによる木材搬出


だったんですが、この当たり前だった搬出方法に変化が出て来たんです。


いろいろ理由はありますが、ここに来ての大きな問題なのが、これまで2社あったヘリコプター会社の一つが昨年で木材の搬出から撤退して一社になったんですね。
で、その一社だと吉野地域全体の搬出をまかなえないんです。
ヘリコプターの数、パイロットの数は限られてますから。
さらに、これまで撤退した方の会社を使っていた親方達は、残っている会社にヘリを頼んでもなかなか飛んでもらえなかったりして。

で、ここに来てやたらと耳にするようになったのが架線です。
それもラジキャリの話をよく聞きます。
もちろん作業道は付けまくってますけど。。

僕も先月、末口18−20くらいのヒノキをジグザグ線で出してる親方の所に手伝いにいきました。
その親方もヘリが飛んでくれないから10数年ぶりに線をはったそうです。


思えば、「これから線の時代が来る」と思い、組合の人たちに不思議そうな顔をされながら自腹を切ってテキストを買い架線の試験を受けに行ったのが10数年前。
もちろんヘリによる出材はなくならないでしょうが、減って行くのは確実のように思われる平成26年の冬でした。

| | コメント (10)

2014/01/21

アメリカNo.1講師によるアーボリカルチャー講習会

最近は本当に樹木の高所伐採を行う人が増えてきました。
これからもどんどん増えて行くんでしょうね。

そんな作業、技術に興味のある人に講習会のお知らせです。
僕の尊敬するアーボリスト、アーボジャパンの仁さんがやってくれました!

米国で巨木・高木の剪定伐採技術のトレーニングの第一人者であるケン・パーマー氏が来日し、日本で初のアーボリカルチャー講習会を開催します。ロープワークを使い、どんな高所でも安全作業する最新テクニックを学べるチャンスです。

          日時:平成26年4月21日(月)~25日(金)(5日間)

ところ:実技講習/大阪府民の森むろいけ園地
    http://osaka-midori.jp/mori/muroike/
    室内講習/I&I LAND アイ・アイ・ランド
    http://www.iiland.ne.jp/
    ※大阪府民の森むろいけ園地内
     JR四条畷駅、京阪寝屋川市駅、近鉄生駒駅から送迎あり

          受講料:175,000円(税込み)
              通訳、チェーンソーのレンタル、クライミング道具のレンタル、
              昼食を含んでいます。

ーーーーーーーーーーー
まさかのケン・パーマーとは。。
さすがはアーボジャパン、さすがは小林仁。
詳しくはアーボジャパンのホームページを見てください!

| | コメント (0)

2014/01/18

イルミネーション取り付け動画

昨年の12月にイルミネーションのイベント施設「京都イルミエール」のメタセコイアにイルミネーションをつけにいったんですね。
こちら

で、その様子をオーナーが動画撮影していてyoutubeにupしてくれてました。
いつの間に?


つか、ぜんぜん何やってるのかわからねー
一応、相棒と僕と二人登ってるんですけどね。
ま、仕方ないっす。。


| | コメント (2)

2014/01/15

おすすめのロープバッグ

いま、お墓周りの特伐をやってるんです。
Img_3867

で、相棒が登っている時にふと思った事が。
アーボリスト、ツリーワーク用品を扱っているようなお店にあるロープバッグを僕らは使ってるんですが、こいつがあまり好きじゃないんです。
Img_3883
ロープをしまう時にへにゃへにゃでバッグの口を広げてあげながら、ロープをいれていかないとダメなんですよね。
使いにくくないですか?
ま、気にならない人は気にならないのでしょうが。


個人的に好きなのは自立してくれるやつ。
Img_3874
こういうタイプならあまりかがまなくてもバッグにロープをどんどんしまいこんで行けるから楽なんです。
ちなみにシェリル(黄色)は相棒のです。
こんな高いやつ僕には買えません。。。
僕のは右側のやつ。
これがおすすめなんですよー。
ホームセンターにあると思うんですけどね。
(島忠ホームズで買った)


近くに売ってないという人は、そうamazonにありましたよー

このシリーズはいくつかありますが、この蓋付きが良いと思います。
丈夫でしっかりしているし、コストパフォーマンスは抜群ですね。
11.5mmのロープで200ftぴったり入ります。


ちなみに、これを買う前に使っていたのが、やはりホームセンター(コーナン)で買ったポップアップバッグ。
Img_3887
これはまず蓋がないからゴミが入りやすし、ちょっとした雨で濡れやすい。
そしてなにより持ち手が経年劣化でちぎれてしまう。
2、3年しか持たない印象ですね。
このバッグはコーナンだけど、コメリで買ったやつも同様にちぎれました。
SK11のやつは一応2年経ってもいまのところ大丈夫です。


ま、専用品の良いやつを買えばすむ話ですが、根がビンボー性なのでついつい安物を探してしまうんです(涙)
でも、マジでおすすめ品はいいですよ。

| | コメント (4)

2014/01/10

林業、山仕事で使えるスマホ(iphone)アプリ

というわけで、現場で使える(使ってる)スマホアプリを紹介して行こうと思います。
僕はiphoneを使っているために、iosのアプリとなります。

今回いくつか紹介するんですが、僕はiphoneを使い出してまだそれほど日が経っていないので、もっと使えるアプリがあると思うんですよ。
「こんなアプリが便利だよ」「これ使えるよ」ってやつがあったらぜひコメントで教えてください!



では、まずはこれ。

やまログ App
カテゴリ: ナビゲーション
価格: 無料

国土地理院の電子国土基本図(地図情報)をみることができるアプリ。
一度見た地図はアプリにキャッシュされて電波の届かないところでも使えるんですよ。
GPSログや軌跡も取得できるんで、だだっぴろい現場のなかで今自分がどのあたりで作業しているのかや、地図だけ見て現場へ行かなければならない時、境界の確認などに非常に便利です。

似たようなアプリは他にもあるんですが、これがシンプルで一番使いやすいと思います。
Img_3544_3
もちろんピンチイン・アウトで拡大縮小も可能です。

Img_3545

Img_3546



次に、いきなり定番の天気アプリ。
やっぱり外仕事に天気は重要なので。
iphone純正天気アプリは美しいけど、全然ダメダメなんで、僕は次の二つを使ってます。

tenki.jp App
カテゴリ: 天気
価格: 無料

まあ、これは好みかなあ。
純正の代わりの基本アプリとして使ってる感じです。


雨かしら?[お天気地図] App
カテゴリ: 天気
価格: 無料

「で、結局雨はどうなのよ」ということで。
上の天気アプリでも雨雲は見れるんですが、特化してるこっちの方が全然便利なので。
yahooの天気予報も見れます。
Img_3548


お次ぎは現場で使えるちょっとした小道具を。

ハンドミラー App
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス
価格: 無料

現場でアイガードを付けていても、目にゴミは入ってしまうもの。
そんな時に手鏡があるかないかでは大違いです。
ダブルタップでズームもするし、シンプルイズベスト!



で、純正でも使えるアプリはないかというと、地味な「コンパス」。
コイツはレベルをみることができるので、伐倒の際、受け口追い口、切り株がきちんと作れているか確認することができます。
Img_3549_2



で、最後に現場の写真て結構必要なんですよね。
それを事務所とやり取りする時に使えるのがこれ。

Dropbox App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

これは「インターネット経由でデータを保存しておけるオンラインストレージ」。
似たようなサービスは他にもあるのですが、これの良さはパソコン(win、mac)、iphone、ipad、android関係なく使えて、写真、テキスト、動画など基本なんでも保存、共有できるんですよ。
自分のスマホと事務所のパソコンにDropboxを入れておいて、そこで共有しておけば現場で撮った写真をすぐに「渡す」ことができます。

まあ、問題は容量が2Gしかないこと。
他のストレージでもっと容量が大きいものはありますが、使い勝手の良さはDropboxでしょうね。
容量についてはこちらから登録すると500MBのボーナスがつきますよ。
って、実は紹介者の僕も貰えるんで、ぜひここから登録してね(・ω<)てへぺろ


という感じでアプリを紹介してきましたが、冒頭にも書いた通り、まだまだ使えるやつがあると思うんです。
ただ樹高を計るアプリや材積を出すアプリは現場仕事には必要ないかなって思ってます。
みなさんのおすすめアプリも教えてくださ〜い!!

iHypsometer Lite App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

iBitterlich App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

| | コメント (6)

2014/01/07

マジカルフォレスター履きつぶした

秋冬シーズンに履いているマジカルフォレスターですが、補修の限界を超え、本日廃棄となりました。
結局2シーズン半くらい履いたのかな。
Img_3445_2
右足のかかとだけど、ついに完全に破けてしまいました。
これまでもボンドで補修を繰り返してたんだけど、もう限界。


Img_3470
左足は、まだ穴はあいてないけど、やはりボロボロ。
スパイクももう機能してないくらい減ってるね。


Img_3479
これは靴の外側なんだけど、こうしてみるとなんだかまだ履けそうに見えない?
左右の内側がどんどんボロボロになっていくから、次はこの辺りを注意して早めの補修を心がけでいこう。


値上がり前に買っておいた予備のNo.3があるから、今シーズンはこれで乗り切るつもり。
ただNO.3はファスナーが壊れやすいからな。→マジカルフォレスターが壊れた


NO.3が壊れたらさて次はどうするか?
個人的にスパイクが必須なんで、チェンソーブーツ系は外れるし、マジカルフォレスターも価格に見合ってるかというと微妙だからな。
ま、今のが壊れたら考えよっと。

| | コメント (12)

2014/01/03

あけましておめでとうございます

すっかり新年のご挨拶が遅れてしまいました。

今年は昨年から取材を続けている「林業の名人、達人」の原稿をまとめて、書籍として発刊できるようにがんばるのが個人的な目標になりそうです。

また、小笠原の外来種対策に今年も行きたいと思いますし、森林組合での特殊伐採(SKYTEAM)も昨年以上に取り組んでいくつもりです。

森林組合の作業班には約10年ぶりに新人が2名入ってきますので、彼らに早く一人前になってもらえるように、しっかり指導しなくてはいけません。

40歳になる年でもあるし、ケガや事故のないように充実した一年を過ごして行こうと思います。
もちろんブログの更新もこれまで通りやって行きますので、どうぞよろしくお願いします!

| | コメント (6)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »