« 丸太価格の暴落はなぜ起こるか | トップページ | ブログの読者さんより »

2013/05/12

長勝鋸に行ってきました(追記)

先日の告知通り 、長勝鋸の長津勝一さんをたずねてきました。


作業場へ行ってみると、長津さんとお弟子さん2名、出来杉計画を見てくれている造園業の方、小川耕太郎∞百合子社の関係者さん、そしてあとからあのべしょうのブログのべしょうさんも来てくれました。


多くの人を魅了する長勝鋸。
とにかく長勝鋸の凄いところは、職人の意見を参考にどんどん試作して行くところではないでしょうか。
それも若い職人の声に耳を傾けて。
名人と言われる人になると、どうしても一段上がってしまうイメージがあると思うのですが、長勝鋸はそうではなくて。

実るほど頭を垂れる稲穂かな


僕が今回訪ねて話を聞いた程度では到底その凄さを理解することも伝えることもできないですが、やはり本物の発する言葉は、とても格好よく凄みがありました。

とにかく「理屈を知って、それをきちんと実行する」。
長勝鋸の秘密はこれに尽きるのでしょうが、これが難しい。


Dscn0830
これらは造園用の見本の鋸ですが、この形にはきちんとした理由があるんですよね。

僕も一本一丁仕入れましたので、第2回N-1グランプリに参戦させようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーー
(追記)
鋸の数え方は一丁(一挺)なんですね。ちなみに替え刃は一枚です。

ーーーーーーーーーーーーーー

P5100231
理屈に基づいた鋸を使えばこのように5寸釘も一緒に切断してしまう。
実物を見ても信じられないんですが、とにかく事実なのだから驚きます。


いまはゆっくり長津さんの言葉を消化しようと思います。

|

« 丸太価格の暴落はなぜ起こるか | トップページ | ブログの読者さんより »

林業(枝打、ノコギリ)」カテゴリの記事

コメント

出来杉さん 先日は突然お邪魔させて頂いてご迷惑をおかけしました。

予想どうり好青年で職種は違えど同じ植物や自然相手に仕事をしている者として安心しました。
おかげ様で、私の方も勉強に成りました。

又、どこかでお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: あきら | 2013/05/12 22:14

僕も欲しいです

投稿: 風人園 | 2013/05/13 00:37

わたしも欲しいです。

投稿: 明日天 | 2013/05/13 07:25

あきらさん、こちらこそありがとうございました。

長勝さんの周りに若い職人さんが集まっていて、それは凄いことですよね。
長勝さんが進化しようとしている証だと思います。


まだまだ勉強不足ですが、今後ともどうぞよろしくお願いします。

投稿: でき杉 | 2013/05/13 22:23

風人園さん、明日天さん、ぜひ直接長勝さんのところに注文してください。

長勝鋸は常に進化しますので、直接相談された方が良いと思います。

「長勝鋸 Tel/075-468-1974」

「出来杉計画を見たのですが」といえば、すぐに伝わると思いますよ。

投稿: でき杉 | 2013/05/13 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/57370621

この記事へのトラックバック一覧です: 長勝鋸に行ってきました(追記):

« 丸太価格の暴落はなぜ起こるか | トップページ | ブログの読者さんより »