« 道具と技vol.8 重機特集! | トップページ | セラミックシャープナープレゼント! »

2013/03/30

現場検証

前々から行きたいと思っていた現場へ足を運びました。
Dscn0559
奈良県吉野町にある大変由緒ある神社なのですが、

Dscn0561_2
これを見に来たんです。
分かるかなあ、杉が2本と左に雑木があるんだけど、いずれも梢が飛ばしてあり、枝も剪定されています。

写真じゃ分からないけど、お社と板塀の間に樹齢300年ほど(大きさから判断)の大杉が2本立ってるんですね。
また手前の杉は前方へ(つまりお社の方へ)傾いており、かなり難しい現場です。
(傾いてる杉はワイヤーで控えをとってありました)


そんな厳しい現場にも関わらず、完璧に仕事されている。
前方に傾いている一抱えあるような太い幹も板塀を超えて横の狭いスペースに落ちてるんですね。

「これはプロの仕事だ。。。」

僕も最近、木に登るようになりましたからこの仕事の難しさが分かります。


さっそく徹底的に現場検証。
整理された枝や幹を見て、どれくらいのサイズでどのようにカットしたのか、また立木に目を凝らし、どこで枝をカットし、どこに滑車をとって仕事をしたのかを観察。

大体こんな感じで仕事したのかな、というのは推測できましたが、同じことが今の僕にできるかどうか。

また、何人で現場に入っていたのかは分かりませんので、そこの所は興味あります。


にしても人の仕事や現場を見るのは本当に勉強になりますね。
こういう機会をもっと増やさないと。

ちなみにこの現場の仕事をされたのは恵風舎さんです。
この現場のブログ記事はこちら

あ〜、実際の仕事風景が見たかったわ。

いつかご本人と出会う機会があったらいろいろ聞いてみよ。

|

« 道具と技vol.8 重機特集! | トップページ | セラミックシャープナープレゼント! »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!
いや~、他の人の現場は色々勉強になるし刺激をもらえるもんですよね。
そして自分もやってるから見えてくる難しさやその方の技術なんかも発見できるのが面白いです。
うちの組合も四月はアーボ月間!!
頑張って登ります。

投稿: 江戸川 | 2013/04/01 23:22

お久しぶり〜

アーボ月間とはうらやましい。
来週までで、どこか見学できそうな現場ある?

こちらも6日に現場を見に行って、話がつけばすぐに取りかかる仕事があります。
吉野町なんだけど。


江戸川君の若々しい仕事っぷりをぜひ見てみたい!
三◯先輩にメールしてみます。

投稿: でき杉 | 2013/04/02 22:32

こんばんわ

今週は御所の掖上で張り付きで、その後は西吉野で転々とといったところでしょうか。
詳しくは三○大明神に聞いてみて下さい!!
もう一人登れる人間指導中なので、時間がよろしければいつでもどうぞ。

投稿: 江戸川 | 2013/04/02 22:56

先日はどうもありがとうございました。
追伸なのですが、『大名持神社』の読み方は、すぐ近くにすんでる先輩は『オオナモチ』と呼んでいました。岡本さんも吉野町の人ですし、『オオナジ』とも呼ぶ人が居るのかもしれませんね。
正式な呼び方は神主さんに聞くしかないのかもしれませんね。

投稿: 江戸川 | 2013/04/06 10:20

いえいえこちらこそ。

神社はモチっぽいけど、「オナンジ」とも呼ばれていたそうだから、地元の人は古くから伝えられている呼び方をするのかもね。


それにしても久しぶりに出会えて、いろいろ話が聞けてよかったよ。
また、遊びに行くんでよろしくです!

投稿: でき杉 | 2013/04/06 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/57070041

この記事へのトラックバック一覧です: 現場検証:

« 道具と技vol.8 重機特集! | トップページ | セラミックシャープナープレゼント! »