« 間伐講習会のお手伝い | トップページ | 来年のカレンダー »

2012/12/16

今年最後のスクールで

またコンデジにホコリが混入してしまった。
子供のおもちゃがまた増えたわ。。。


というわけで、今日は今年最後の吉野チェンソーアートスクールだったんですが、
Img_2921
びっくりな人が初参加してくれまして。


それは以前ブログでもとりあげたんですが、和歌山の本宮町森林組合を「緑の雇用」で採用され、その後(不当)解雇された人だったんです。
(詳しくは当時のブログを→こちら

今回スクールに参加してくれたこの人は、奥さんが奈良出身だったため、本宮での仕事をあきらめこちらに来たそうです。
今は山仕事とは別の仕事に就いていますが、やはり山仕事がしたいとのこと。



なんともこういう話は山の仲間としてツライですね。。
せっかく奈良に来て、チェンソーアートを通してこういう縁ができたので、なにができるかわからないけど、応援、サポートしていけたらと思ってます。

こういう厳しい時(というか業界)だから、みんなでがんばっていかないとね。

|

« 間伐講習会のお手伝い | トップページ | 来年のカレンダー »

チェーンソーアート(吉野チェンソーアートスクール)」カテゴリの記事

コメント

あー、わたしが言うのもなんですが、その人には、シンリンクミアイなどというものを、信用しすぎたのがそもそもの間違いで。

また、林業という世界に不自然な理想を持つべきでも無く。
「これはいかん」と感じた時には、すっぱりその腐敗したセカイから縁を切るのが、人生を幸せにする方法であると思います。

私は自分の人生に鑑みて痛切にそのように思います。

あまりリンギョーにこだわらなくても良いのですよ。(◎´∀`)ノ

投稿: gotoれす | 2012/12/18 22:04

gotoさん、ども〜

まー、緑の雇用というのが、くせ者だったんでしょう。

>林業という世界に不自然な理想を持つべきでも無く。

これは本当にその通り。
理想の山造りはあっても理想の林業ってのは無理がありますね。


ただ、この記事に書いた人はまさに山にいきるべき人なので、なんか里で働いているのがもったいないんですよ。
バリバリ仕事できるし、体力はすごいし、ホントこういう人材を放っておいたらもったいないんだよな〜

投稿: でき杉 | 2012/12/18 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/56334433

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のスクールで:

« 間伐講習会のお手伝い | トップページ | 来年のカレンダー »