« 高取城草刈り終了 | トップページ | チェンソーアート実演の予定 »

2012/10/05

道具と技vol.7

出ました『道具と技 vol.7』!
架線について「麺カタこってり」と特集されてます。
や、しっかりと濃い内容ってことね。



全林協のホームページから軽く内容を紹介すると、

路網と車両だけでは、顧客の山のすみずみから材を搬出することは難しく、架線でなければ出せない現場もあります。そんな架線現場ではどんな技術が使われているのか。

スパン長100m~1000m超まで、規模の異なる全国の様々な架線現場を取材し、索張りシステムから、仕事の段取り、集材の手順(材と人・機械の動き)、技術や工夫まで、その特徴を紹介。
架線事業地をパノラマやイラストで示し、架線集材の仕事の流れをわかりやすく図解しています。
大好評! シリーズ第7弾!!

ーーーーーーーーーーーーー


うん、確かに凄い。
もうぎゅーっと架線大特集です。

ちなみに、僕は10数年仕事してながら架線張った事ないんですよ。
じゃあ、どうやって材を出すのかといえば、ヘリコプターなんです。
あとは道付けて、つかみ(グラップル)とウインチか。


なので、この本の「役に立ち度」がどれほどなのか分からないのが正直な所なので、これはもう皆さん、手に入れてみてご自身で判断されてください!!


あと、僕的にはブログにもコメントを頂いている千田さんによるチェンソーの目立てについての記事ですね!

(千田さんの目立てのホームページもどうぞ)

記事やホームページもそうですが、カッターの拡大写真が多いのがとても良いと思います。
(僕も今度目立て講習をするのですが、その時はルーペを使って講習するつもり)


他にも地域発の現場日記は相変わらず面白いし、藤井電工は広告を出しているし、あ、これは別に関係ないか、いや、4本爪はダメでしょう、ってまあとにかく買って読んでみれば分かります!

|

« 高取城草刈り終了 | トップページ | チェンソーアート実演の予定 »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

 ご紹介ありがとうございます。

 こちらも寒くなり、やっと薪ストーブに火をつける気温になってきました。
それでも、例年より20日ほど遅くなっていて、暖かい年でした。

 先日まで、新しい笹刈り刃の目立てを試していて、試験中です。そのうちまとまったらアップしたいと思います。

投稿: 千田 | 2012/10/17 08:42

おお〜、千田さんやってますね!
笹刈り刃の新しい目立てとは興味津々です。

更新待ってます!!

投稿: でき杉 | 2012/10/17 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/55821378

この記事へのトラックバック一覧です: 道具と技vol.7:

« 高取城草刈り終了 | トップページ | チェンソーアート実演の予定 »