« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012/10/30

チェンソー目立てマニュアル作ってみました

ブログの左サイドの「参考ページ」に、

チェーンソー目立てマニュアル(準備編)」と「チェーンソー目立てマニュアル(実践編)」をupしました。


今週末にNPO法人「森林の風」にてチェンソーの目立て講習を実施するので、それに合わせて作ってみました。

この講習用に言葉で説明する前提で作っているので、どうしても分かりづらい点はあると思います。


どこまでテキスト化するか、苦労して作成しました。
分かりづらいところがあれば、コメントやメールいただけるとうれしいです。
意見を参考にしてより良い物にしていけたらと思っています。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/10/29

黒滝こもれび美術展、実演

昨日になるんですが、黒滝こもれび美術展にて吉野チェンソーアートスクールの実演が無事終了しました。
Img_2717 Img_2720

雨の予報だったので、写真のようなステージにて実演を行いました。
ただ実演中は雨もやみ、晴れ間も出てきてまさにカービング日和。
気持ちよくカービングできました。


作品の完成写真や、美術展の様子はバタバタしてましてすっかり撮り忘れ。。。
また日を改めて報告したいと思います。


実演を見に来てくれた皆様ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/27

ヒノキ間伐材でなめこ

林業やってる人なら知ってるだろうけど、ヒノキでなめこができるんですよね。


家の裏の物置を解体して(→記事はこちら)寝かせるスペースができたので、さっそくやってみることにしました。

Img_2713

なめこの種駒はどうやら「北研201号」という品種がいいようだけど、少量を簡単に購入するのが難しそうだったので、普通に販売している「森2号」を購入。
「森2号」もまずまずの適種らしいので。


人工林率9割を超えるわが村ではヒノキの間伐材が容易に手に入るので、なめこ作りは最適なんです。
その代わりシイタケの原木を手に入れるのは本当に苦労しますが。


来年の今頃は自家製なめこをゲットできてるかな〜

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012/10/24

第8回黒滝こもれび美術展の告知

えっと先日のチェンソーアート実演の告知にも書きましたが、今週末の28日は黒滝村こもれびホールにて14時から吉野チェンソーアートスクールによるチェンソーアートの実演があります。


当日はどうやら雨模様のようですが、実演は行いますのでよろしくお願いします。
こもれびホールには屋根付きのステージがあるので、雨天も問題ありません。

見に来てくれるお客さんも屋根のついたところから見ていただけると思います。
ステージ正面ではないので、ちょっと見づらいとは思いますが。


当日、スクールから6名と僕の計7名が1時間ほどの実演を行う予定です。
これだけの人数がいたらちょっとしたお祭り状態になると思います。

本イベントである「こもれび美術展」を盛り上げるためにもがんばりたいと思いますので、ぜひとも黒滝村まで遊びにきてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/23

バナナ彫刻すげえ!

今日テレビで見たバナナ彫刻。
もう昨年から話題になってたんですね。全然知らんかったわ。


タイカービングの流れとはまったく別物なのが凄い。
こういう思いつきが革新を生むのか〜


バナナ職人さんのブログはこちら

作品はまあ、画像検索すれば出てきますけど、pixivでも見れます→こちら

これすげー

30409649_m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

GZ3900を使ってみた

java7とmy Macの相性が悪く苦しんでおります。。
ブログの更新が滞るかもしれませんが、よろしこです。



さて、ゼノアのGZ3900を使ってみたので印象を書いてみます。
まず見た目的には
Img_2687 Img_2688
3711と比べてちょっと丸みを帯びた感じです。
シャープな37系はカッコよかったけどなあ。


ブレーキは扱いやすくなりました。
止めるのも解除するのも。
これは最近はどのチェンソーもそうだけど。


ハンドルは変わりましたね〜
グリップも溝がなくなってフィットするようになり、とても握りやすくなりました。
あと、愛媛大学との共同研究で生まれたというハンドルバランスですが、眉唾かな〜って思ってたんだけど、これマジで違います。
チェンソー(25APの16インチハードノーズ)が扱いやすい。
これには驚いた。


Img_2691 Img_2689
前から見ると、排気の位置が変わりました。
理由は分かりません。

横から見るとシリンダーがよりむき出しになってます。
なにかエンジン的に意味があるんでしょうね。
プライミングポンプもつきましたが、これはどーなんだろ。。


Img_2692
ガンマークはぐるりと入りました。
以前は必要ないと思ってたけど、最近はやっぱりあると便利だと考えを改めました。

スタータグリップは大きくなって、引きも軽いし、とってもいい感じです。


で、中身を見てみると、
Img_2676_2
う〜む、スプロケはコイツか。。
1/4と3/8は星形、325はリムだそうです。


Img_2679
エアフィルターは37系と同じものでした。


Img_2680
これは多分霜防止ですよね(←取説見てないもんで)
37系でダメダメだったのはこれなんで、これは素直にうれしい。
ホント37系のコイツは使えないんで。 ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ


次に、使ってみた感触は
アクセルのトリガーを握ってから、一瞬間が空く時があるんですよ。
あと、もたついたり。
これはやっぱり新型エンジンだからなのかな、と。
仕事に差し支えるほどじゃないです。
ただ、いつも(G3700)とは違うな、と。
音も違うし。


で、エンジン切る時のスイッチが遠いんですよ。
37系は不意の操作で親指でエンジンを切ってしまうことがあったので、スイッチを小さく遠くしたんだと思います。
ま、これも慣れたらなんでもないかと。


振動に関してはゴム防振で期待を裏切った感(僕個人の)があるんですが、良く押さえられていました。
まあ、新品だから当たり前ですね。
37系でも防振ちゃんとしてたし。
下手にバネでぐにゃぐにゃしない分、これでいいかも。


燃費については実は同僚と意見が割れまして。
僕は37系は3711で燃費が悪化したと思ってまして。
でGZ3900は3700の頃の燃費になった、つまり3711よりも良くなったと感じたのですが、同僚は3711と同様だと感じたようです。
数時間の使用なので、燃費に関してはまだちょっと保留です。


と、ここまで見てきて、GZ3900で僕が良いと思ったのは、「ハンドルバランス」「霜防止」かな。
カタログには10%の出力upとか書いてあるけど、体感はできなかったです。
これまで37系を使っていた人なら安心して39、43に移行できるって感じですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/10/19

もう一つ作ろうかと

杉丸太をチェンソーに取り付ける簡易製材器で製材して物置小屋を造ったのは報告した通りですが(→こちら)、これがとても楽しいので、ついでにもう一つ小屋を造ってしまおうかと。


特伐関係の道具を片付けていた小さな掘建て小屋があったんだけど、やっぱり掘っ建てだから痛みが来てて、いつか建て直さないといけないと思ってたんです。
なので、この際やってしまおうかと。
Img_2685


とりあえずこれまでの掘っ建てはつぶします。
どういう小屋にするか、考えるのが悩みどころであり、また楽しいんですよね〜

最近は、暇さえあれば、この小屋予定地を腕を組んでぶつぶつ言いながらウロウロしてます。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/17

ゼノアG37(サンナナ)シリーズのスイッチが切れない時

ゼノアのサンナナを使っていて、スイッチを切ってもエンジンが切れない時、ありませんか?

しょうがないからチョーク引いてエンジンストップ。
で、次かけるときに何度もスタータを引っ張るという。。。


ゼノアの他のチェンソーも同じ症状が出るのか分からないのですが、サンナナ(と4200系もかな)を使っている人は誰もが通る道だと思います。


特に僕は伐り置き間伐の時、間が空くとスイッチを切る事にしているので、一日何十回(じゃきかないか)とon offを繰り返しています。
なのでスイッチの痛みも早いんです。


で、エンジンが切れなくなったら、どうしているかというと、ま、簡単な話で。
掃除をしてます。

まずは一カ所目
Img_2641

次にスターターを外して出てくるここ。
Img_2644

んで、反対側のここ。
Img_2654

この場所のホコリをとってから、パーツクリーナーでしっかり洗浄します。


これだけでスイッチをoffにしてもエンジンが切れないという症状はたいてい回復すると思います。

ま、僕の場合、スイッチのon offを繰り返すから、とかそういうの関係なく、ただ汚れているだけというオチなんですが、ゼノア使いの人でもし同じ症状がでたら、ぜひ試してみて下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/10/14

曽爾村に行ってきました2012秋

先日告知した通り、本日曽爾村にチェンソーアートの実演に行ってきました。


曽爾村での実演は吉野チェンソーアートスクールメンバーの作品販売ブースも併設されているので、大変にぎやかです。
Img_2655

今日の曽爾村は気候もよくお客さんも大変多くて、実演、販売ともに大変なにぎわいとなりました。


ブログの告知を見て駆けつけてきてくれた方や、以前取材を受けた記者さんと偶然再会したり、本当に良い時期に実演と販売を行う事ができて、曽爾村ファームガーデンの関係者の皆様には大変感謝です。


また11月にファームガーデンにて実演と販売を行います。
曽爾村はまだまだススキもきれいな時期ですし、地元の食材を使ったレストランにパン屋に地ビールに温泉に、と大変盛りだくさんです。
ぜひ皆さん、遊びにきてくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/13

鶴、彫ってみた

数年ぶりに自分用にカービングできる時間が取れたので、鶴を彫ってみました。

鶴は一定の人気があるモチーフだけど、今回の僕のは世界初のデザインだと思うんだよね。
ま、模倣する人はいないと思うけど。


Img_2638

以上、お粗末様でした。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/09

チェンソーアート実演の予定

秋の実演の予定です。

10月14日 奈良県曽爾村ファームガーデン

11時と13時14時の2回やります。
いつものように吉野チェンソーアートスクールの皆さんの作品販売の行います!
今年春の様子→こちら


10月28日 奈良県黒滝村こもれびホール

14時からやります。
こちらはスクールの皆さんと一緒に実演を行います。
今回は美術展ですので、スクール作品の展示を行います。


11月23日 奈良県曽爾村ファームガーデン

11時、13時14時の二回です。
10月14日と同内容です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも話を進めている案件があるので、入ってきたら告知します。

お時間ある方遊びにきてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/05

道具と技vol.7

出ました『道具と技 vol.7』!
架線について「麺カタこってり」と特集されてます。
や、しっかりと濃い内容ってことね。



全林協のホームページから軽く内容を紹介すると、

路網と車両だけでは、顧客の山のすみずみから材を搬出することは難しく、架線でなければ出せない現場もあります。そんな架線現場ではどんな技術が使われているのか。

スパン長100m~1000m超まで、規模の異なる全国の様々な架線現場を取材し、索張りシステムから、仕事の段取り、集材の手順(材と人・機械の動き)、技術や工夫まで、その特徴を紹介。
架線事業地をパノラマやイラストで示し、架線集材の仕事の流れをわかりやすく図解しています。
大好評! シリーズ第7弾!!

ーーーーーーーーーーーーー


うん、確かに凄い。
もうぎゅーっと架線大特集です。

ちなみに、僕は10数年仕事してながら架線張った事ないんですよ。
じゃあ、どうやって材を出すのかといえば、ヘリコプターなんです。
あとは道付けて、つかみ(グラップル)とウインチか。


なので、この本の「役に立ち度」がどれほどなのか分からないのが正直な所なので、これはもう皆さん、手に入れてみてご自身で判断されてください!!


あと、僕的にはブログにもコメントを頂いている千田さんによるチェンソーの目立てについての記事ですね!

(千田さんの目立てのホームページもどうぞ)

記事やホームページもそうですが、カッターの拡大写真が多いのがとても良いと思います。
(僕も今度目立て講習をするのですが、その時はルーペを使って講習するつもり)


他にも地域発の現場日記は相変わらず面白いし、藤井電工は広告を出しているし、あ、これは別に関係ないか、いや、4本爪はダメでしょう、ってまあとにかく買って読んでみれば分かります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/10/03

高取城草刈り終了

この記事で紹介した石垣の草刈りが無事終了。
Img_2592

たくさんの観光客の皆さんから「きれいになった」と言ってもらい満足してます。


で、この高取城のハイキングコースを紹介するテレビ番組があります。

「プリプリ」っていう番組なんだけど、関西ローカルだと思う。
詳しくはホームページを見てね


今日が取材日だったので、放送は来週の月曜日かな?
ちなみに僕たちは映っていません。

草刈りは昨日で終了してしまったんですよね〜
この取材までに間に合うように草刈りしてくれ、という仕事だったんです。


僕たちが草刈りしている最中も、たくさんのハイカーが登ってきてました。
ここは奈良県の観光の穴場だと思いますよ。



んで、来週は
Img_2594
この杉の枝下ろしをする予定。
こんだけ太いとまるで壁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »