« 草刈り中の防護メガネ | トップページ | スクール合宿でした »

2012/09/21

生命力

「生命力」といえば、チャットモンチーの、、あ、いやなんでもない。

お宮さんの特伐現場にあったカシの木です。

Img_2553 Img_2554

思いっきり真ん中に穴があいてるのが分かると思いますが、根元の方もけっこうな穴が空いていたりします。


反対からみたら
Img_2556

まあ、なんと言いますか、皮の一部だけで保っています。


こんな姿でもちゃんと生きてるんですよね。
さすがに葉っぱがアオアオと茂って、という状態ではないですが、普通に生きてるんです。


いったいどうなったらこのような姿になるのか。
スギヒノキに囲まれている僕の頭では想像すらできません。


今回施主さんの希望で伐倒する事になりましたが、銘木というか珍木というか、ただ伐倒して薪にしてしまうにはもったいないようにも思えますが、それはいたしかたないですね。

|

« 草刈り中の防護メガネ | トップページ | スクール合宿でした »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

ふと枝をてきとーに落とすと、腐れが上から下に進行することがあるみたいですが。
古い梅ノ木なんかでこうなっているのを見た事があります。
わしらはいつも根元から切ってしまうので、あまりかんけーありませんが、造園圏の人は注意すべきでしょう。

しかし美しい苔ですね、これは切るのがもったいない。
とく伐は「施主に言うとうり」、のサービス業の側面がありますが、わたしはそれが苦手です。
地味な造材業でいいですよ。(◎´∀`)ノ

投稿: gotoれす | 2012/09/23 18:36

gotoさん、どうも〜

このカシ、コブやらコケやら、とっても味のある木だったんですよ。
お社と反対側に傾いているし、枯れてないから急いで伐る必要はないと思うのですが、そばの歩道にむいて傾いているんで施主さんとしてはこの際、伐ってほしいというのはやむを得ないと思います。


僕なんかはこの施主さんとのやり取りというのが、逆に新鮮なんですよ。
普段、完全に山ごもりなんで、こうやって里に下りてたま〜に仕事するのは何ともうれしかったりします。
これが逆転してしまったら困るけど。。

投稿: でき杉 | 2012/09/24 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/55712653

この記事へのトラックバック一覧です: 生命力:

« 草刈り中の防護メガネ | トップページ | スクール合宿でした »