« チェーンソーで製材してみた(2) | トップページ | 神社のヒノキ »

2012/04/28

G.Wもskyteam

昨日から地元の神社の枝下しをやってます。
Img_1844
メインはこの4本で、写真に入ってないものや陰になっている木も含めると6、7本の枝下しです。

なんだか最近は枝下しといえば寺社仏閣の巨木がメインになってきて、とにかく登り降りがタイヘン。
今回は150ftと200ftのシステムを使い分けて仕事できるサイズだったので、まだマシだと思わないと!


最近のskyteamの仕事は、僕と相棒の二人とも木に登ってしまう事が多いです。
P4280498 P4280500_r1


というのも、寺社仏閣の仕事だと地元の有志の皆さんが手伝いに来てくれることが多く、地上での仕事を皆さんにお任せする事ができるからです。
二人で登ると一人の倍の仕事ができると思うけど、そうじゃなくて3倍の仕事ができるんですよ。
一人が一方で仕事をしているときに、次の段取りを進める事ができるし、地上から見て思いつかなかったアイディアが樹上で意見をだしあって生まれてくる事が多いんです。


今日も僕が厳しいと判断した枝に相棒がアタックしてくれて見事に処理してくれました。
僕だったら自分の支点を変えないとできなかったと思うので、時間が大幅にカットできました。
Img_1865 Img_1877
写真は相棒ですが、自分の支点がほぼ水平(オレンジのロープと見えにくいロープがもう2本)なのでホント厳しいんですよ。
助かったわ〜


あ、あと上の方の写真で僕(赤シャツ)が枝に立って上を見上げている写真がありますが、ここに立ってる時、周りで蜂がブンブンいってて、なにかと思ったら、
Img_1886
杉皮の間に蜂が何匹も!!
こんな所に!?

幸い刺されずにすみました。。

|

« チェーンソーで製材してみた(2) | トップページ | 神社のヒノキ »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

わっ! キイロスズメバチ・・・かと驚いたけれど、違う蜂ですか? どっちにしても怖いのは同じだけど。
 いつも木に跨るとき、昔TCJの有賀さんから注意指導された大腿内側の血管保護を思い出します。 でも、どうやっても跨るしかないって状況ありますよね。
 あまりアブミの話題が出ないけれど、手がかり足がかりが必要なとき色々な状況でみんなどんな工夫をしているか 考えただけで面白いですね。
 どんどん活躍してハジケてwinkいく出来杉さん がんば!

投稿: 木挽屋次郎 | 2012/05/01 05:10

木挽屋さん、ご無沙汰です。

この蜂の写真を撮った、すぐ下にウロがありまして、そこを巣にしていたようです。
僕は蜂が嫌い(怖い)ので、もう本当に勘弁してほしかったです。。。


>あまりアブミの話題が出ないけれど、手がかり足がかりが必要

上伊那ではスリングを巻いてましたので、僕もそれに倣ってます。

もっといろんな現場を見て勉強しないと!と相棒と話しているんですよ。
今後ともよろしくです!

投稿: でき杉 | 2012/05/02 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/54581899

この記事へのトラックバック一覧です: G.Wもskyteam:

« チェーンソーで製材してみた(2) | トップページ | 神社のヒノキ »