« 元気です。川上村物産展 | トップページ | stihl RMSが凄い »

2012/03/15

森林境界明確化!

なんだか鼻水が止まらないんだけど、、、のども痛いし、目はかゆくないからきっと風邪だよね。
熱はないんだけど。。。



さて、山の境界について興味深い本がでましたよ。


全林協から内容を引用すると、

本書は、森林境界明確化の「全体像」をとらえ、読者がいま関わっている事例がどんな位置づけ にあるのか、その解決方法にはどんなものか、戦略や戦術、ハウツーを提供しています。机上論ではなく、実践的な解決に向けて「発想を柔軟に」するための 「人や問題との対峙の仕方」に具体的に、著者の試行錯誤や事例を引きながら解説しています。
キーパーソンや人材確保、境界確認活動に必須のツール、準備の方法、立会、測量から情報管理のノウハウまで、担当者に役立つ実践ノウハウが満載です。さらに、森林境界明確化の先にある持続的な森林経営を目指す考え方、森林情報管理までを取り上げています。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

境界(僕たちはケイカイと呼んでます)めちゃくちゃ大事ですよね〜
それをはっきりさせるためのハウツー本なんてこれまであったのかしら。

ビジネス書でも読んでいるかのように、手順を追って境界を明確にしていく術がしっかりと書かれています。
それでも結局行き着くところは人ですね。


団地化が必須の時代ですから、自ずと境界もきちんと把握しなければなりません。
事務方さん、必携ではないでしょうか?

|

« 元気です。川上村物産展 | トップページ | stihl RMSが凄い »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

境界明確化(私はきょうかいって呼んでますbleah
 コレが、出来ないとまず仕事入れませんよね。
いろいろ、やり方はあるでしょうが、その土地、住んでいる方達、所有形態によって様々な手法がアルと私は思います。 実際、私の携わった地域では、不在村者多数、境界を把握している人物は山を歩けない状態・・・。
 だったので、まず、法務局→字限図取得、該当地番の所有者を登記簿から調べる→ 一件ずつ訪問or電話or手紙で案内→現地立ち会い を行ってました。(ちなみに森林簿、森林計画図は参考程度で、実際の山は森林簿に載っていない地番もたくさんあります)
 正直今まで伐り捨て間伐メインだったので、多少境界を間違えても周りの所有者に承諾をもらって、全体的に施業を行えば問題は無かったのですが、これからは、搬出メイン。シビアになりますね~。 

投稿: horo | 2012/03/16 18:04

horoさん、補足説明ありがと〜

確かにいろいろやり方があって、この本にはその辺りも詳しく書かれていますよ。

優秀なhoroさんならどこでも力を発揮できますね!

投稿: でき杉 | 2012/03/17 10:26

今、この本読んでます。
著者の宇宙人的立場(非林業界人)のものの見方が、いいですね。大変参考になります。
ホント、早く対策を講じないと、境界線問題は全国的な問題(山林放棄症候群)になってしまうような状況ですね。

投稿: 保安官ヒデ | 2012/03/19 18:39

出来杉様>
 いえいえ、私はまだ青二才・・・。この本買って、勉強しま~す。

投稿: horo | 2012/03/20 11:04

さすがはヒデさん。

この本、本当にハウツーとしてよく書けてますよね。

組合の事務所の人にも読んでもらわないと!


投稿: でき杉 | 2012/03/20 23:14

いやいやhoroさんなら、この本に実践者として紹介されていてもおかしくないですよ〜

でも、本も参考になるところはあると思います!

投稿: でき杉 | 2012/03/20 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/54230560

この記事へのトラックバック一覧です: 森林境界明確化!:

« 元気です。川上村物産展 | トップページ | stihl RMSが凄い »