« マジカルフォレスターの特別価格終了 | トップページ | アビカスパイク届いたよ。 »

2011/12/20

今月のスクールにて

すっかりBABYMETALにハマってしまっているでき杉です、おはようございます。
リンリンリン♪


さて、先日の日曜日年内最後の吉野チェンソーアートスクールがありまして、いつもの講習に加えてこんなことをしました。
Img_1600 Img_1606
ニッカリのバッテリーチェンソーです。
メーカーさんがデモンストレーションに来ましたので、使わせてもらいました。


stihlのバッテリーチェンソーも使った事があるけれど、あちらはバッテリーをチェンソー本体につけるか腰につけるタイプで、こちらは背負うのみなのでやはり手元が軽くていいですね。
パワーも思ったよりはありました。


普段自宅では電気チェンソーを使ってますが、やはり軽くて全く振動がないというのは、あと音もしないか(重要)、細かい作業にはいいですね。

ただのこのバッテリーチェンソー、ちょっと高すぎやしないか・・・



んで、もう一つ試したのが
Img_1598
ちょっと分かりにくいけど、目立て器のキマル(写真は携行タイプ)もデモンストレーションを行いました。

皆さん、初めてみるキマルの重量感におっかなびっくりという感じでしたが、僕が使ってみるとなかなか良さそうという反応でしたね。

キマルは来月のスクールでは実際に皆さんに使ってもらおうと思っていますので、目立て器に興味のある人もぜひスクールに足を運んでくださいね。


目立て器についての詳しい事はキマルさんのブログに書いてありますので読んでみてください。

|

« マジカルフォレスターの特別価格終了 | トップページ | アビカスパイク届いたよ。 »

チェーンソーアート(吉野チェンソーアートスクール)」カテゴリの記事

コメント

でき杉さん。
神の手を持つチェソーアートカバーさんの前で「キマル携行タイプのデモンストレーション」を行なって頂きありがとうございました。
「キマル」のチェンソー目立て装置は大きく携行できませんので長野の林業現場人からリクエストで製造いたしましたのが「キマル携行タイプ」で ハスクの工具筒に納まる寸法にしてあります。
ブログを拝見をいたしますと、腰をかがめて目立て作業をされているように見えますが「キマル」のチェンソー目立て器具は使用を繰り返して判ってきたことは、ヤスリを真直ぐに押し出す・引き戻す時には、人間の最大コンパスを利用する事です。
「キマル携行タイプ」は使用時は現場の丸太にチェンソーで切り込みを作りステー部を入れてプラグレンチのドライバーを「クサビ」利用してチェンソー本体を固定して刃先ストッパーで刃先をバーに固定して刃先長さ調整ネジで刃先の長さを決めて両手でヤスリ操作を行ないますので 腕コンパスではなく 足先を中心した体全体を利用した大きなコンパスで行ないますと精度の高いヤスリ直線案内が簡単にできます。
 
「キマル」効果としては、従来の片手の指先での刃先の固定では上刃切削面にヤスリ圧を加えようとヤスリを持ち上げると刃先も一緒に持ち上がってしまいましたが、

「キマル」刃先ストッパーは刃先固定方法は確実に全方向に固定可能にしてありますので、ヤスリを持ち上げても刃先は浮上りませんので上刃切削面が簡単に切削できます。
つまり、従来方法ですと上刃切削面に適切なヤスリ圧を加える事ができなかった事がチェンソーの目立てを難しくしていた事が「キマル」を使用すると理解ができるでしょう。

尚、ブログ「キマル」の開発日記で「キマル携行タイプ」の取り扱い詳細を書き込みますのでご覧下さい。


投稿: キマル | 2011/12/21 09:02

なにぃ~!
あの日昼過ぎに覗きに行きましたが、あの電動チェンソーあったんですか!!!coldsweats02
いやぁ、千葉大会で木一吉さんが使ってたやつじゃないっすか! 確か木一吉さんデモで使ったあと購入してたような…
電動なら何が一番使えるんでしょう???
やっぱSTIHL? 

投稿: たにやん | 2011/12/22 01:04

キマルさん、コメントありがとうございます。

携行タイプの写真は、取り付けているところなんです。

携行タイプの弱点はガイドバーの穴を利用するところですね。
穴のないガイドバーも結構ありますから。
ちょうど写真の彼の持ってきたチェンソーもガイドバーに穴がなかったので、僕のカービングチェンソーにつけてるところなんです。

携行タイプのブログの記事を楽しみにしてます!

投稿: でき杉 | 2011/12/22 18:53

たにやん、どうも〜

ニッカリさん、ちょうど入れ替わるような感んじでお昼過ぎに帰ったんです。
残念。

電動チェンソーはどれも同じじゃないかな〜
持ちやすさはマキタみたいだけど。

投稿: でき杉 | 2011/12/22 18:55

でき杉さん
「チェンソー」と「ハサミ」は使い方で性能はキマルですね。
2012-1月号 林業新知識 12pのチェンソーの掃除記事を見ましたよ。
チェンソー性能を100%発揮して安全で効率良くチェンソー作業を行なうには、チェンソー掃除・目立て・安全使用条件が一つでも欠けると巧くいきませんね。
続きの記事を楽しみにしております。

「キマル」のチェンソー目立て装置もチェンソーと同じですね。
「キマル」は工作機械の理論で作ってありますので旋盤は旋盤士でないと使いこなす事ができませんが「キマル」はそれほどの物でございませんが「少し」の馴れは必要と思いますが従来技術に比較すると格段の早さで理想の目立てが可能です。

利用者から本当に良く考えて作ってある。
簡単・早く・正確に 理想の切れ味の目立てができる。
ガソリンとオイルの消費量が半分で済む。
絶対に手放す事ができない道具だと喜ばれております。

使い込んで頂くと、必ず良さが判ると思いますので宜しくお願いをいたします。

携行用「キマル」に付きましては携行可能にする為にはハスクの工具筒に納まる寸法ですにしてあります。

孔なしバーに取り付け可能にするには「キマル」の開発経験からして押しネジ構造では固定が困難と思います。

孔を利用の通しボルトですと簡単に確実固定ができますので孔付きバーの利用が良いと思われます。

どんなにチェンソー目立ての達人でも刃先が悪いと基本的に良い目立ては不可能です。

刃先をバーに固定するには刃先を両側からの挟み機能を取り付ければ良いのですが、ヤスリが挟み機構に干渉して駄目ですので 関節ネジレバー固定式刃先ストッパーになっております。詳しく「キマル」の開発日記に書き込みますのでご覧下さい。

もし、「キマル」のチェンソー目立て装置の目立て性能を確認をお考え方がござましたら「お使いチェンソーからソーチェン」を取り外して387-0023 1543番地 北川原 技研に お送り下さい。 

極めて簡単に理想の目立てができますので
一本のみ 無料にて目立てをして返送をいたします。
(切手を貼った返送用住氏名記載封筒を同封をお願います。)
返送されましたらチェンソーに取り付けて実際に切れ味等・バランスを確認して見て下さい。

刃先が4ミリ以上残っていて、電動式目立て機で刃先が硬化した物は勘弁下さい。
規格に関して超硬ソーチェン以外であれば規格は問いません。

期間は 当面 平成24年 1月 一杯とさせて頂きます。

投稿: キマル | 2011/12/23 11:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/53525919

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のスクールにて:

« マジカルフォレスターの特別価格終了 | トップページ | アビカスパイク届いたよ。 »