« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

林業カレンダー

気づいたら大晦日です。
紅白、年越しそばはクリアしたので、後は除夜の鐘か。


この時期は来年のカレンダーが出回りますが、林業のカレンダーと言えば、確かにstihlの例のものですが、こういうのもあるんです。



全林協「現代林業」の表紙の女性達がカレンダーになったものです。
こうしてまとまったものを見てみると、女性達がどのような経歴で現在の職業につき、今何をしているかが書いてあるので、「こういう人もいるのか〜。こんなことしいてる地域があるのか!」と視野が広がります。
鳥取県の「オロチ」とか名前のインパクトが凄い!全然知らんかった。


女性達がその地域の名産品を持って写っているのでそれも地味に興味深いです。

いきなりだけど、
2月の人、バドミントンの潮田さんに似てません?



で、もう一つ。

こちらは自身も森林の手入れをしている写真家・塚本哲さんのカレンダー。


今回は僕が個人的に知ってる人が3人もいたりするんですが、まあそれは置いておいて塚本さんがクライミングの技術を使って撮影をしている写真が多いです。

以前クライミングの研修で自身の撮影に使えるようにと一生懸命練習している姿を拝見したことがあるんですが、こういう風に生かされたのかと、カレンダーを見ながら感心しました。


それにしても5月の新緑の美しい事!
スギヒノキだらけのわが村ではかなわない景色です。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/12/27

アビカスパイク届いたよ。

雪の中で仕事しているとハンドルヒーターのチェンソーが欲しくなるわ〜
次はサンキュウかヨンサンか、はたまた543XPGか。。。


と、仕事中ずっとそんなことを考えてるんですが、アビカスパイクが届きました。
Ts3v0117 ←靴ひもは交換してます。意味はなし


まだ現場ではつかってないんですが、軽く履いてみたところやはりソールが堅いですね。
登山靴でも固めが好きなので、僕はあまり気にならないかも。


ところで、安全スニーカーみたいなものを買うんだったら安全地下足袋買えば?って話もあると思うんですが、2つの理由で今は買ってません。

一つは、いまの時期足が冷たいこと。
もともと体温低いし冷え性なので、地下足袋じゃ耐えられないんです。

もう一つは、足指の股が痛くなること。
スーパーガード21という地下足袋を履いてたんですが、足に合わないのか、指の皮がむけてしまってダメでした。


なので、先芯入りはマジカルフォレスターやこのアビカを試してると。
でも、暖かくなったら、また安全地下足袋も試してみようかなと。
甲ガード付きの商品や、「山彦」とか最近面白そうなのいろいろあるもんね。


このカテゴリーを「マジカルフォレスター」から「林業の履物」に変えていろいろ書いていこうと思います!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/20

今月のスクールにて

すっかりBABYMETALにハマってしまっているでき杉です、おはようございます。
リンリンリン♪


さて、先日の日曜日年内最後の吉野チェンソーアートスクールがありまして、いつもの講習に加えてこんなことをしました。
Img_1600 Img_1606
ニッカリのバッテリーチェンソーです。
メーカーさんがデモンストレーションに来ましたので、使わせてもらいました。


stihlのバッテリーチェンソーも使った事があるけれど、あちらはバッテリーをチェンソー本体につけるか腰につけるタイプで、こちらは背負うのみなのでやはり手元が軽くていいですね。
パワーも思ったよりはありました。


普段自宅では電気チェンソーを使ってますが、やはり軽くて全く振動がないというのは、あと音もしないか(重要)、細かい作業にはいいですね。

ただのこのバッテリーチェンソー、ちょっと高すぎやしないか・・・



んで、もう一つ試したのが
Img_1598
ちょっと分かりにくいけど、目立て器のキマル(写真は携行タイプ)もデモンストレーションを行いました。

皆さん、初めてみるキマルの重量感におっかなびっくりという感じでしたが、僕が使ってみるとなかなか良さそうという反応でしたね。

キマルは来月のスクールでは実際に皆さんに使ってもらおうと思っていますので、目立て器に興味のある人もぜひスクールに足を運んでくださいね。


目立て器についての詳しい事はキマルさんのブログに書いてありますので読んでみてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/12/17

マジカルフォレスターの特別価格終了

以前のエントリー「マジカルフォレスターお買い得情報」ですが、ここに書いた出来杉計画特別価格は年内をもって終了します。
というか在庫限りですので、もしかしたらすでに対応してもらえない可能性もあります。


というのも、マジカルフォレスター自体が値上げされまして、新しく仕入れたものからは出来杉計画特別価格ではとても対応できないということのようです。
残念ですね。。
日林協での価格も以前よりも値上げされ10000円となっております。

はきつぶしたマジカルフォレスターを送ると割引されるのは、これからも同様ですので、製品の向上のためにもぜひともそうやって購入していきたいですね。


それにしても、今のマジカルフォレスター(3、4)のクオリティで1万円となるとなかなか厳しいというのが正直なところ。
ブログでもレポしてましたが、NO.3はこのエントリーを書いたあとひと月ほどでかかとのところが破けてしまい使えなくなりました。

地下足袋との併用で(マジカルフォレスター8割ほど)半年ほどしか持たなかったとなると、僕としては不満ですね。


今はNo.3と一緒に購入したNo.4を履いています。
ファスナーがない分、弱点が一つ減ってますが、やはりNo.3と同じところがほつれてきてボンドで補強しましたし、外皮も破れてきてます。


この辺りの事は林業機械展の時に丸五さんに直接訴えまして、

「値段が高くなってもいいから耐久性のあるプロ用を作ってほしい」

「ファスナーあるなしではなく、ワーク用とレクリエーション用の2種類にしたら?」

と、こんなことを話しました。


現状のままでの値上げされたマジカルフォレスターを購入する気にはなれないので、どうしようかと考えてたら、こんなのあったんですね。

Photo_main 丸五「アビカスパイク

安全スニーカーにスパイクをつけましたって感じですが、せっかくなんで試してみようかと。
もうすでに、どなたか試した人はいますか?

購入後、ブログで使用感を書いてみようと思いますので、ちょっとお待ちを。

にしても、このアビカスパイクのサイズ表記分かりにくいな〜

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/12/11

ゼノアGZ3500Tの顛末

新型トップハンドルチェンソーを購入した事は以前のエントリーの通りなんですが、購入後いろいろありまして、持っている人、購入を考えている人向けにちょっと書いておこうかと。


で、ここに書いた方がいいのか、以前のエントリーに追記した方がいいのか迷ってるんですが、検索的には追記の方が良さそうなのでそちらに書きます。
こちら


んで、ここでは結論だけ書くとこのチェンソー、プロの人にはおすすめできないです。
というかこのチェンソーのメーカーの位置づけがプロ用ではないので当たり前なんですが。

値段が3割くらいupしてもいいので、細かいところを改良してXPタイプになったら、プロも安心して購入できると思います。


あ、ここでいうプロというのは林業の、です。
アーボリスト、特伐師、空師さん、農家さんには軽さ、取り回し良さから、価格的な安さもあり購入しても良いのではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/09

翻訳中。。

今日は雨、昨日も雨。
日雇いにはツライわ。


んで、ブログに書きたいネタはたまってるんだけど、マジカルフォレスターとかゼノア3500Tとか早く書かないといけないんだけど、今日は必死に翻訳に集中。

ツリーワークの基本書なんだけど、友人たちとパートごとに翻訳してて、ほかは皆さん翻訳終了。
あとは俺だけ。
言い出しっぺが一番遅いんだから、ヤバイ。


という訳で今日はここまで。
がんばります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/06

丸太早切り大会

先月ですが、チェンソーによる「丸太早切り大会」というのが岩手県住田町で開かれたんですね。


販売店さん主催の展示会の目玉として開いていて、今年で5回目。
直径30センチほどの丸太を30cc、40cc、50cc、60cc、70ccというクラス分けをしてタイムアタック。
予選、決勝ってやるんだって。

詳しくは東海新報社の記事、与作さんのブログを見てください。
「丸太早切り大会 住田」で検索すると一杯でてきます。


これ林業関係者なら絶対面白いと思う。
hotsawは無理でも、こういう競技なら気軽に参加できるもの。
hotsawはやっぱり欧米の人たちのものだわ。

主催側もチェンソーアート大会や他のイベントほどの準備はいらないだろうし、見てる側も単純に楽しめるような気がするけどどうだろう。

チェンソーの目立ての技術も確実に向上するだろうし、いいこと尽くめだと思うんだけどな。


奈良でもぜひともやりたいけど、展示会の話とか全然聞かないし、無理なのかな〜
チェンソーメーカーさんも今年、来年と新型がたくさん出る訳だから、絶対展示会とかアリだと思うんだよな。

展示会がらみじゃなくても新型チェンソーの性能PRのために、そのチェンソーを使っての早切り大会とかでも良いと思う。


住田町は「森林林業日本一の町」を目指しているんだよね→こちら
吉野だってかつては日本一といってもいい林業地だったと思う(今も、か?)。
よそにできて吉野にできないはずはないと思うんだけどな〜


ねえ、皆さん実現に向けてなにか良いアイディアないですか。
これ絶対面白いよ。

俺が出るなら21LPXと95VPXの新品を半分に落とす事も厭わないぞと。
排気量の軽いクラスはピコスーパー3が圧勝なのかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/04

12月の講習は熊ポスト

12月の吉野チェンソーアートスクールの講習は郵便受けを抱えたを彫ります。

2011年12月18日(日) 午前9時30分~

メイン講師は僕となります。

カービングの基本となるデザインの熊を使ったポストです。

カービングの基礎を学びたい初心者さんや、もうワンステップ上のチェンソーの使い方を学びたい人に最適な講習となっております。

お申込み、お問い合わせは

「吉野林業資材センター内 吉野チェンソーアートスクール事務局」まで。

TEL. 0746-32-8129 yoshino@chainsaw-art.org

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »