« アカギ | トップページ | また来年(追記あり) »

2011/10/06

小笠原でチェンソーアート

今回の目的の一つであったアカギを使ってのチェンソーカービング。
まずはその材料となるアカギを伐採するんだけど、とにかく持ち運ぶのだけは避けたい。
重いんだもの。


なので、伐倒してすぐ近く、できればその場でカービングできれば一番いい。
でも、アカギはそこら中に生えているのに、そういう条件の良いのがなかなか見つからない。
島内を走り回りなんとか一本見つける事に成功。
胸高直径30センチないくらいか。
ちょっと細いけど、まあ仕方ない。


伐倒後、適当に玉切りして早速カービング開始。
アカギがはたしてカービングできるのかというのも実は全然わかってなくて。
世界初だもの。

で、やってみると赤身は固く感じるけれど、きつい固さという感じではない。
むしろ杉のように毛羽立たなくて実に彫りやすい。
彫った事のある樹種だとクスノキみたいな感じ。
これは良かった。
この話を持ってきてくれた担当の人もほっと一安心。


せっかくここでカービングするので、なるべく小笠原に縁のあるものを彫りたい。
なので、やはりかかせないアカガシラカラスバト、カタマイマイ類、そして一般受けを狙ってイルカ。
そして股状の木が残って、これ何かにつかえないかな~と台の上に立ててみたら、「これは・・・」。
という訳で、得意のやつを。
Img_1297 Img_1298
Img_1307_2 Img_1324

結局、作業の合間を縫って、全部で5体作りました。


これらは僕が泊まっていた宿や食事をしたレストラン、研究者の先生が定宿としている民宿、そして交番に置かせてもらっています。
Img_1327 Img_1332
母島へ旅行に行った人で全ての場所を確定できたら凄いけど、まあ絶対に無理でしょう。
どなたかチャレンジしてみてください。


そして今後、このアカギのカービング作品がどのような経年変化をするのかを確認していく事になります。

駆除の対象でしかなかったものが姿を変え、命を吹き込まれる事で、島民の皆さんに少しでも身近に感じてもらえるようになれば作者冥利に尽きますね。

|

« アカギ | トップページ | また来年(追記あり) »

小笠原レポート」カテゴリの記事

コメント

続報やはり面白かった。
 でき杉わんこ
 一目見て作者がわかる作品ってやっぱし好きだわ~(笑)

 関東では明日からエコフェスタIN千葉です。 たしか5年くらい前に会場でお目にかかったような記憶が・・?

  抽選でどんな材にであうか 運次第だけれど 今年も人物像にこだわって折鶴を飛ばす少年を彫ってみようと思ってます。 祈り うまくほれるかな。
 アカギで彫るなら、やっぱしフラミンゴかしら(^^? それとも 血の色のにじみだしそうな折鶴かしら。

 彫刻っていろんなスタンスがとれるからね~歳とってからの大きな楽しみでした。 でき杉さんの作風がこれからどんな具合に変わってゆくか それも楽しみにしてブログ拝読してまふ。

投稿: 木挽屋次郎 | 2011/10/08 03:31

 出張おつかれさまでした。
と、一応書いてみる。(「も~ぉ、お父さんだけ楽しんで来て!」なんてコトにならない様にconfident

クスノキみたいに削れるなら、良材じゃないですか。クスは彫刻家から人気No.1だと聞いたことがありますよ。
ただ、彫刻家のみなさんは生ではなく枯らした材を削っていると思いますので、アカギの乾燥状態の削り心地によっては、そうとも言い切れませんけどね。

 この出張で「有ると失われるもの」「無いからこそ残っているもの」にお気づきになられたんじゃないですか。
ちなみに頭髪が無いからこそ・・・・に残り物はありませんからshock(季節の変わり目、頭が痒いと思ったら要注意)

投稿: yama | 2011/10/09 00:19

木挽屋さん、ありがとうです。

>たしか5年くらい前に会場でお目にかかったような記憶が・・?

そうですね。2005年か6年かな〜
あの時はTシャツありがとうございます。

今回の千葉にも吉野から参加している人がいるので、よろしくです。(ってもう遅いか)

もう僕は大会に出るつもりはないんですが、自分のためにじっくり作品と向き合う時間が欲しいなあ、とちょっと思いますね。

「祈り」楽しみにしてますね!

投稿: でき杉 | 2011/10/10 22:47

yamaさんはいつもスルドイな〜

>「も~ぉ、お父さんだけ楽しんで来て!」なんてコトにならない様に

もうすでになってるんですよ〜!
海パン持っていったけど、全然泳いでないし、毎日スコールだし、10日間休みなしでずっと働いてたし、ってアピってもお留守番組には通じません。。。


>彫刻家のみなさんは生ではなく枯らした材を削っていると思いますので、

乾燥材だと狂いがなくていいと思うのですが、チェンソーでは身体が持たないです。
今回の作品は今のところ赤みが強くなって中心部がひび割れてきているという話でした。
まだ想定内ですね。


>「有ると失われるもの」「無いからこそ残っているもの」

なんか深い。。。
ここに人間がどう関わっていくのか、行くべきなのか、これは本当に訳分かんないんです。


>季節の変わり目、頭が痒いと思ったら要注意

ビクッ!

投稿: でき杉 | 2011/10/10 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/52921071

この記事へのトラックバック一覧です: 小笠原でチェンソーアート:

« アカギ | トップページ | また来年(追記あり) »