« 小笠原に来ています | トップページ | 小笠原LOVE »

2011/09/28

船と森(追記あり)

小笠原生活6日目のでき杉です、こんばんは。


小笠原に来たのは今回が初めてなんですが、驚いたのが船、通称おが丸。
これが「ゆれる」。

外洋に出たら揺れるとは聞いてたけど、マジで揺れた。
そっこー売店でトラベルミン買いました。
行く前はホームページで船のレストランメニュー見て「何食べようかな〜」なんて思ってたのに、それどころじゃなくて。
ヤバイヨヤバイヨって感じ。
結局食事は到着まで菓子パン4つだけ。


首都圏を混乱させた15号台風の影響が残ってて揺れたんだけど、おが丸経験者に言わせると別にこんなのは普通で凄いときは何も捕まらずに歩くことが困難なほどらしい。
そんな状態で船が出ることが凄いわ。


さすがに薬を飲んだら気分は変な感じがするけど、酔うほどではなくて、甲板にでて海を見たり、船内にある全ての新聞を穴があくほど読んだりして25時間半で小笠原父島へ到着。
ほとんどの観光客は父島目的。

僕は母島目的なので、次はははじま丸に乗り込みさらに揺られること2時間半。
船が小さいからダイレクトに揺れるんだよね。
母島についてから5時間くらい揺れているような感じがして仕方なかった。

ーーーーーーーーーーーーーー
(追記)
ちなみに帰りの船は行きと同じ航路とは思えないほど揺れませんでした。
それでも船を降りてから数時間は揺れている感覚がとれなくてヘンな感じでしたが。
ーーーーーーーーーーーーーー


で、仕事は山に入って調査とか駆除とかしてるんだけど、山っていう感じじゃなくて森それも熱帯雨林みたいな感じ。
いや本物の熱帯雨林は知らないけど。

Img_1071_3 Img_1086

Img_1077_2 Img_1080

まず、山の匂いが違う。
現場に着いたら、なんか昆虫臭いと感じて。
同行の人に聞くと樹液の匂いじゃないかとのこと。
多分普通の広葉樹林とも違うと思うんだけど、とにかく吉野のスギヒノキ山とは全然違くて。
複雑な匂いがするんだよね〜


ーーーーーーーーーーーーーーー
(追記)
この匂いはおそらく「やろうど」という樹木の実が熟した匂いではないかという事でした。
言われてみれば、たしかにそこら中にありました。

ちなみに「やろうど」というのはイエローウッドがなまったもの。

ーーーーーーーーーーーーーーー


そして山の中が歩きやすい。
蜘蛛の巣がなくて。
一日中歩いても一回あるかないか。
まずひっかからない。
また、蚊や蜂、刺のある植物が少ないから半袖でも作業できるほど。

なんかこういう南の島の森っていったらジャングルみたいな感じで肌を出して作業するなんてもってのほかみたいな感じがするけど、全然平気で。
獣もいないんだよ。
せいぜい野猫くらい。

Img_1100 Img_1106

あと、小笠原の森って感じがするのは至る所にナンバープレートやテープの巻いてある木があること。
ものすごい奥の方まで調査が入ってて。

それだけ希少なものが多いのだろうけど、とにかく植物関係だけではなくていろんな人たちが森に入ってるんだよね。
わかっただけでもアリ、鳥、貝(カタツムリのこと)なんかの調査研究だったり、外来生物の調査駆除だったり、いろんな先生方、研究生、調査会社、環境省関係、林野庁関係などなどホントたくさん。
そういう人たちが地道に調査研究しているようです。
税金がこういう風にも使われているというのは知ってるようでわかってなかったわ。


と、今日は船と森の話でした。

|

« 小笠原に来ています | トップページ | 小笠原LOVE »

小笠原レポート」カテゴリの記事

コメント

石門地区に行きましたか。懐かしいなあ。
ン十年前に、よく通ったよ。私は、主に洞窟探検と、動植物調査だったけど。

投稿: 田中淳夫 | 2011/09/29 11:08

一昨年にある仕事で小笠原取材に行けそうだったんですよ。でも往復に10日間かかるとか費用(それほどでもなかったんだけど)にびっくりされて、土壇場で電話取材になっちゃいました。あんとき無理して行っちゃえばよかったなあ。

小笠原なら十分、熱帯なんじゃないですか?(笑)

投稿: iw@saki | 2011/09/29 20:03

うお〜、田中さんやっぱりスゴイな〜

洞窟(鍾乳洞)は僕も手前まで行きました。
今はもうちょっとキケンで入れない見たいです。
石門は希少種が多くて、とても魅力的なところですよね〜

投稿: でき杉 | 2011/09/29 22:30

iw@sakiさん、それはもったい!
小笠原は一度行ったらハマるというけど、とても魅力的です。
何っていいづらいですけど、やっぱり自然と人かな〜

ただ、やっぱり費用は結構なものですね。
船便往復5万、母島までいこうと思ったらさらにドン!ですから。

本日は最低気温24度、最高気温29度でした。

投稿: でき杉 | 2011/09/29 22:34

石門は、台風で変わってしまったと聞いたけど……。
洞窟(石門洞)は、岩の隙間を縫って下りると、大ホールスゴい鍾乳石の世界が広がるのですよ。

あとオガラワラオオコウモリ探しに「牛首大穴」。


母島役場に、提出した静大探検部の調査報告書が眠っていないかな。

投稿: 田中淳夫 | 2011/09/30 22:30

田中さん、台風か、いつのだろう。
この15号台風でも上層はかなりやられました。
いまでもやはり石門は宝庫ですね。

鍾乳洞、見てみたいな〜

調査報告書はあると思います。
関東森林監督署の話では、過去の資料ももう一度検証しないと行けないなんて意見も出てました。
鍾乳洞と森はまた違うかな〜


投稿: でき杉 | 2011/10/03 09:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/52856117

この記事へのトラックバック一覧です: 船と森(追記あり):

« 小笠原に来ています | トップページ | 小笠原LOVE »