« 第4回吉野チェンソーアートスクールコンペ | トップページ | アーボジャパンなう »

2011/05/21

藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 下巻

ちょっと更新に間が空いてしまいました。
洋書を死にものぐるいで翻訳してたり、「道具と技vol.5」用の原稿書いたりしてるんで、ブログはちょっとゆっくり更新です。


で、さっそく本の紹介です。


内容を全林協のサイトから引用します。

  森林管理、林業の第一線を森林科学者・藤森隆郎先生が訪ね、現場でさまざまな疑問、悩みを考える旅のシリーズ第二弾。施業技術、目標林型、経営と技術の両 立、地域経営での林業の役割、伝統技術、超伐期経営、人材育成、森林とツーリズムなどの現場を訪問。その中から、見えてきた林業の目的。森林管理の先にあ る「豊かさとは何か」、「幸せとは何か」。現場の旅から見えてきた大事なものが描かれています。
持続可能な社会の土台となる「新たな森林管理」とは、どのようなものなのか。技術や経営の現場の中に、その答えを探します。
月刊『林業新知識』『現代林業』連載に大幅加筆し、書籍化。


この本、実はまだ読了していないんだけど早く紹介しないともったいないので書いちゃいます。
本の内容は素晴らしいの一言。
なにかと閉塞感漂う林業界において意欲的な取り組みをしている人達を藤森先生が取材されていて、この本には林業の閉塞感を忘れさせてくれる何かがあるんですよね。


本の帯にはこう書いてあります。
「技術の高みを求め、誇り高き仕事がここに」

これぞ林業の醍醐味ですよね。
決して金銭的に儲かる仕事ではないけれど、理想を持って仕事ができる。
その理想を求めて取り組んでいる人たちが取り上げられていて、読んでいてなんだか気持ちが高揚します。


僕も自分の山が欲しくなりました。
自分の山で、理想の山作りをする。
この本はそんな気持ちにさせてくれます。

「吉野林業全書」も取り上げられているのですが、僕が知っているのは原本複製なので、とても読めた代物ではないんですよね。
現代文にした復刻版があるそうなので、ぜひとも手に入れたいと思いました。


林業の現場の声を読みたい人はぜひとも本書を手に取ってみてください。
胸熱間違いなしです。


ーーーーーーーー

上巻も以前取り上げています→こちら

|

« 第4回吉野チェンソーアートスクールコンペ | トップページ | アーボジャパンなう »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、お久しぶりです。
出来杉さんも忙しそうですね。
我が家は、長子が受験生で、次子が新一年生ですから、何かと忙しくて寝不足気味です。

 洋書の翻訳とは大変ですね。
私は昔、コンピュータの取説の翻訳をした事がありますが(ホントにフロッピーがペラペラしてて、しかもデカイ時代)かなり苦労しました。

今は便利になったもんです。
PCにイメージスキャナをつないで、本の文章をテキストファイル化し、複数の翻訳サイトに訳させて比較して見ることができるサイトにコピペしてみたり、翻訳ソフトを使い、カーソルを当てただけで単語・熟語訳がポップアップされたりと、手間がかからなくなりました。
それでもPC任せでは、「なんじゃこりゃ~」という訳になってしまいますから、日本語力は必要不可欠ですね。

 次子は英語が苦手です。先生には、単語調べと全文翻訳を、予習としてやっておくようにと、言われているそうです。
これは、英語嫌いを加速する昔の勉強方法だと私は思います。理由、時間がかかるわりにテストの成績は下がるからです。
その時間があったらなら、教科書を何遍も音読し、親兄弟から「お~っ!アメリカンっぽくなってきたねー。カッコイイよ」と褒められていた方がマシです。単語の音読も大事です。

 で、何が言いたいのかと申しますと、
翻訳に必要なのは日本語力で英語力ではないという事。
いちいち訳さず著者が伝えたいイメージを連想できるのが英語力。イメージを元に、適切な日本語表現を発想するのが翻訳。だから日本語力だと思えちゃうんですがいかがでしょう。

ちなみに私は英語は苦手です。でも必要に迫られて子供達に英語も教えています。英語教材作りに費やした時間は膨大です。あまり結果に結びついていないのが・・・・ざ、残念なんだけどさ~weep

投稿: yama | 2011/05/23 00:41

yamaさん、おはようございます。

>PCにイメージスキャナをつないで

そうか〜、その手があるのか。
人力で辞書を引き引きやっているので、まとまった時間がないと取り組めなくて、非常に苦労しております。
4歳と新生児のコンビはなかなか親をゆっくりさせてくれないですね〜
でも、なんとか6月中にやり切らないと!


>翻訳に必要なのは日本語力で英語力ではないという事。

僕の翻訳を読んでもらったんですが、やっぱり日本語として変なんですよね。
「あなた」が多いと。
日本語でいちいち「あなた」なんて使わないのに、英語の場合主語としてでてくるので、僕はそれをいちいち訳していたという。。。
人から言われて初めて気づきました。
これは日本語力以前の問題ですね。ヤレヤレ


いま、村の公民館に英会話教室に通ってまして、文章が読めるのに書けない、話せないという典型的なパターンにはまっております。
もうそれは最悪レベルで、本当に簡単なことが説明できず、自分でもびっくりしております。

小さな事からコツコツとやって行きたいと思います。

投稿: でき杉 | 2011/05/23 06:27

 英語で一番つまづきやすいのはヒアリングではないでしょうか。弱く「ザ」としか聞こえないから、冠詞の「the」ならばまあいいとしても、関係代名詞とかのthatは大いに困る~ぅsad
浴びる様に毎日聞くか、自分でアメリカンっぽく話せる様にするかのどちらかですね。(話せれば聞きとれます、ホント)

 OCRソフトはイメージスキャナやプリンタ(但し複合機)にバンドルされてきたりします。スキャン画像でなくても、つまりデジカメ写真でも対応できる場合もあります。
私が昔、オクで手に入れたスキャナは3000円程度でフォトショが付いて来ました。OCRはパソコンに付いて来ました。あまり評判の良いソフトではありませんが、英文なら不自由はしません。

Mac用のOCRフリーソフトもあるようです。体験版をインストールして30日でやっつける、という体力勝負のプランもありますね。coldsweats01

 「あなた」ですか。呼ばれてみたい・・・
そう妻から呼ばれたことは生憎・・・無い・・・
英語は主語はほとんど省略せず、意思表示を前もってする言語ですからねー。主語・動詞・目的語・後からくっつく色んな修飾節。

前後の文章も無く単文をコピペしても、まともな訳にならない事もしばしばです。かと言って、前の文章も一緒にコピペしても無理です。PC翻訳はそんなものです。
しかし、役立つ事は役立つんだよね~。

役立つと言えば「電子辞書」これは便利です。うちは私以外はみんな持ってます。その代金はみんな私の財布から出たんですがcrying
小さい画面&キーが嫌いな私は専らPCです。
リーダーの翻訳、グラマーの暗記例文の耳タコMP3化、単語帳のプリント、スペルミスしやすい単語のダジャレ暗記法の開拓、なんでもござれだ~っ。
「お父さんってどんなイメージ?」と子供に尋ねてみました。
「どらえも~ん!」そうキタか、困ったもんです、ヤレヤレです。

投稿: yama | 2011/05/24 00:35

ヒアリング、キター!!

英会話の先生がさらっと話す、ちょっと口にする表現がなんと言ってるかまったくわからないんです。
単語じゃなくて、つながって発音するので。
和製英語が頭にこびりついているので、簡単な単語も聞き取れないと言う。
(例:アニマル→エネモー)
ヒアリングを鍛えるために安いipodを買う予定。
すでに2台あるんですが、専用機でヤル気を高める。


>OCRソフトはイメージスキャナやプリンタ(但し複合機)にバンドルされてきたりします。

はい、バンドルされてました。
このアイディアを実践するつもりです。
これまでは人力辞書と、あとはググル翻訳に人力でタイピングしてましたので。
翻訳サイトはググルが一番マシな感じです。
あとは「翻訳くらべ」。


>役立つと言えば「電子辞書」これは便利です。

学生時代にエライ高いヤツを買ったのですが、まったく使わずすぐに手放してしまいました。。。使いづらくて。
ソフト(ディスク)を入れ替えて使うヤツ。
僕の学生時代って20年近く前ですからね、今のは進歩してるんだろうなあ

投稿: でき杉 | 2011/05/26 07:18

出来杉さんこんにちは
以前本を買っていただいた
ものです。
あの、翻訳してる洋書って
どんなものなのか
紹介していただけないでしょうか?

すごく興味があるんです。

投稿: ケヤマハンノキ | 2011/05/27 13:48

ケヤマハンノキさん、お久しぶりです。

訳しているのはもちろん「to fell a tree」です。

ただ、これは某所から翻訳出版が決まっているので、すでに意味がないのですが、一度決めた以上出版前に翻訳してやろう!と意気込んでいるのです。

投稿: でき杉 | 2011/05/29 15:43

でき杉様

変なタイミングの質問に答えていただき恐縮です。
そうですか。あの本ですね。わたしもさらっと読みま
したが、翻訳となると難しいですよね。がんばって
くださいね。

ところでわたしもマジカルフォレスター注文しました。
来月は新しいブーツはいて、杉を出して、少しでも
震災復興に貢献します。(岩手県民)

投稿: ケヤマハンノキ | 2011/05/29 16:14

マジカルフォレスター買われたんですね。
僕も今後、詳しく書く予定ですが、やはり少し大きめだと思いますので、中敷で調整すると良いと思います。

最初は違和感があったのですが、慣れると地下足袋と違って剛性の高さが快適です。

あと、朝露などで濡れても中まで濡れないので、こちらも快適。

思った以上にいい買い物でした。
あとは耐久性ですね。

投稿: でき杉 | 2011/05/29 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/51730176

この記事へのトラックバック一覧です: 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 下巻:

« 第4回吉野チェンソーアートスクールコンペ | トップページ | アーボジャパンなう »