« 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 下巻 | トップページ | 森林・林業の技術者に期待される役割と課題 »

2011/05/25

アーボジャパンなう

って、「なう」じゃなくて昨日の話なんですが、奈良が誇るアーボリスト集団「アーボジャパン」さんへ取材へ行っておりました。


山いきの視点からいろいろと突っ込んできたんですが、とにかくナイスガイ集団でして、刺激的な一日でした。
Img_0710
簡単な枝下し作業を見せてもらったんですが、それだけでも大変勉強になりました。
道具へのいろいろなこだわりもあり、目からうろこがいくつも。


この取材は、全林協「道具と技vol.5」に掲載予定です。
ということはvol.5の特集はもうお分かりですね。
vol.5は山いき達に大きな衝撃をもって迎えられる内容になるかもですよ

|

« 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 下巻 | トップページ | 森林・林業の技術者に期待される役割と課題 »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

出来杉さん、
webサイト、チェックしましたよ。
前に、「とんでもない強者がいる」・・・といっていた意味、解ったような気がします。年齢層もかなり若いし、経験も豊富。これってナカナカのことです。
取材にでかけるのもわかるナー。

投稿: 無宿 | 2011/07/26 17:05

無宿さん、こんばんは!

アーボジャパンももちろんですが、ほんとこういう特伐師の中にはとんでもない(いい意味で)人がいっぱいいるんですよ。

ただ危険そうに見えることをやっているんじゃないですよ。
しっかりとした裏付けがあって実行している。

これまでは林業や造園の間の仕事でしたが、このアーボリカルチャーがより意識されていくべきですね!


投稿: でき杉 | 2011/07/28 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/51766550

この記事へのトラックバック一覧です: アーボジャパンなう:

« 藤森隆郎 現場の旅 新たな森林管理を求めて 下巻 | トップページ | 森林・林業の技術者に期待される役割と課題 »