« 目立てワークショップ in鳥取、終了 | トップページ | チェンソーアートの実演します »

2011/02/01

続・林業GPS徹底活用術 応用編

今日は書籍の紹介です!


業界必須のGPS、GIS本の続編です!
詳細を全林協のサイトから引用します。

本書は、好評発売中の『林業GPS徹底活用術』の第2弾です。
  ハンディGPSは近年非常に普及しています。本書では、森林・林業の現場で、ハンディGPSを日頃から活用している著者が、現場へのナビゲーションから、 作業路計画・管理、収穫調査、施業計画資料、GPSのお悩み解決策、森林境界の明確化の大戦略まで、丸ごと紹介します。

「現場作業、管理運営により役立つ内容」
「トライしてみたい事例がいっぱい」
「簡単便利な使い方」
「究極の使い方」

 本書の実践を参考にそれぞれ発展、工夫してGPSを林業の現場で使ってみませんか。

ーーーーーーーー

僕個人がGPSをしようしているわけではないので、正直中身はチンプンカンプンだったりするのですが、森林組合の職員さん達はこういうことをやっているのか〜なんて感じで読みました。

最近は山主さんにGPSのことを聞かれる事も増えてきました。

興味のある人はぜひとも本書を手に取ってみてください!!

これは「続」ですが、前著を取り上げた記事はこちらです。

|

« 目立てワークショップ in鳥取、終了 | トップページ | チェンソーアートの実演します »

出来杉店!(てん)」カテゴリの記事

コメント

 GPSは、色々と使い道がありますよ。
私は、ガーミンを使っていますが、無料ソフト「カシミール」と組み合わせると、自分の軌跡や測量や面積計算もしてくれますし、行った事もないところ立体画像も作ってくれます。(私のページの「山の遠望」がそうです。)
 ただ値段が高いので(本体もですが、地図データが
結構します。)、大変ですが、今回出た「山ナビ2」は安いのでちょっと気になっている商品です。

投稿: 千田 | 2011/02/02 22:07

追記

 そのほかに、GPSロガーという製品があって、数千円で買えますし、GPSデータを記録してくれます。
 地図のように見て使うのでなければ、ロガーをたくさん買ってパソコンで処理する方が実用的だと思います。

投稿: 千田 | 2011/02/02 22:12

追追記

 ロガー(記録装置)という表現ではなく、データロガーでした。
GPS以外にも、気温や様々なものを記録する各種のデータロガーが出ています。

投稿: 千田 | 2011/02/02 22:45

千田さん、コメントありがとうございます。

まさに千田さんが書いてくれたように、実際に使用している人がGPSの様々な利用法を書いてくれています。
カシミールを使っている人もいますし、有料ソフトの人もいます。

GPSに興味のある人には大変使える本だと思いますので、ぜひ多くの人に手に取ってもらいたいですね!

投稿: でき杉 | 2011/02/06 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/50750637

この記事へのトラックバック一覧です: 続・林業GPS徹底活用術 応用編:

« 目立てワークショップ in鳥取、終了 | トップページ | チェンソーアートの実演します »