« 林業再生の決め手!生産性を向上させる80カ条 | トップページ | 2010年年間ランキング »

2011/01/08

ソーチェンの目立てワークショップ開催!

告知です。
鳥取県にてソーチェンの目立てワークショップを行います。


開催概要
日時   2011年1月29日(土)13:00~16:30
会場   鳥取県林業試験場 2階講堂 (鳥取市河原町稲常113)

定員等     40名 ※先着順、参加費無料
※「チェンソー持参&目立て実習」をご希望の方は、会場の都合により20名までとさせていただきます(先着順)。

申込方法    申し込みが必要です
主 催     鳥取県
お問い合わせ  0858-37-4219(鳥取県農林総合研究所企画総務部)

詳細はこちらを(クリックで拡大します)
Photo 2

申し込みの締め切りは今月19日まで。
参加は県外の人も全然大丈夫です。


告知が遅くなってしまって申し訳ありません。。。
県の担当者さんとも打ち合わせたのですが、講義というか座学は基本的なことを押さえることにして、実習の時間をしっかりと取りたいと思います。


このワークショップに望むにあたって改めて勉強していこうと思いますので、ぜひとも多くの人(定員いっぱいまで!)に参加してもらい、普段の目立てや仕事などで生じるいろいろな疑問を一緒に解決して行けたら、と思っています。


今回は角丸刃を丸ヤスリで目立てしていきますが、僕が普段使っている角ヤスリやチェン、また在庫として持っているいろいろな種類のチェンも持って行くつもりです。

実習についても現場で使えないと意味がないと思うので、チェンソーを置く場所もなく、工具もヤスリ一本だけなんていう状況での目立てについても皆さんで情報交換できたら良いと思っています。


ワークショップは「教室」ではなくて「作業場」ですから、僕も含めた参加者全員で学びを深めて行けたら良いと思っています。
たくさんのご参加、お待ちしています!!

|

« 林業再生の決め手!生産性を向上させる80カ条 | トップページ | 2010年年間ランキング »

林業(チェーンソーの目立て)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます~

山陰は今日も雪です~

出来杉さん、鳥取に行かれるんですね!

近いから、参加したいです!!(o^-^o)

本日にでも、申し込みします~scissors

投稿: horo | 2011/01/11 08:19

こんばんわ。
東北での開催予定とか無いんですか?
鳥取は遠過ぎる〜

投稿: 岡P | 2011/01/11 18:12

あら、horoさん、本日担当者さんからH県から申し込みがあったと連絡をもらったのですが、horoさんでしたか!

この時にヤスリお渡ししますね。

今もいろいろとヤスリで遊びながら研究しているので、そのあたりの話もできたらいいと思ってます。
(その話題は懇親会かな〜)

会えるのを楽しみにしてます!

投稿: でき杉 | 2011/01/11 21:35

岡Pさん、初めまして、かな。

今回のワークショップは県の方からお話をいただいて実現した物なのです。

つまり呼ばれないと来れないのです(by綾小路きみまろ)。

呼ばれれば全国どこへでも行きますから、ぜひとも東北でも実現したい!!

投稿: でき杉 | 2011/01/11 21:39

そうなんですか。
県森連や県の森林課とかにお願いしてみるかな。そうそう!実は始めましてじゃ無いんです!
去年の2月にガイダンスと夜の懇親会でお会いしたりしてました。

投稿: 岡P | 2011/01/11 22:36

 おっ!いよいよ全国目立てツアーの予感。
やりますね~。さすがだわさhappy01

目立ては、絶対にコレだっていうものが掴みきれないから教えるのも難しいですよね。

 子供が受験生だという話は、先日書いたとおりなのですが、その点、勉強を教えるのは楽ですよー。
答えが用意されたところへ向かって行くというのは実に楽。
分るところと分らないところを判別して、分らないところを細かく分割して、身近なイメージできる概念になぞらえて、単純化して理解できるように解説するだけの事ですからね。
私はすぐに点が稼げる様な方法は教えられませんが、分りやすくする事なら予備校の講師にも引けをとらないつもり、一応そのつもり。
目立てはそうはいかない。私の場合。

でも、出来杉さんなら良い目立て講師ができると思いますよ。「こう研げ」とばかりに技術を押し付けたりは決してしませんからね。
尚、どう研げばいかなる切れが得られるかの経験値は高いですから、受講者のみなさん御期待あれ!
受講料も高いのか?って、無料だよ~happy02

投稿: yama | 2011/01/11 23:08

出来杉様

 ヤスリ、楽しみにしてますヽ(´▽`)/

今年の山陰地方は雪が多いので、当日は気を付けてお越し下さいね~

 いろんな話、聞かせてください。m(_ _)m

投稿: horo | 2011/01/13 08:05

岡Pさん、ガイダンスでお会いしてましたか。
それは失礼しました。

んと、僕はホント呼ばれたらどこへでも行く気マンマンですから、機会があれば中の人に声かけてみてください。

その前に鳥取をしっかりと成功させないと!

投稿: でき杉 | 2011/01/16 00:16

yamaさん、こちらにもありがとうございます。

yamaさんなら、ホントわかりやすく噛み砕いて教えてくれそうです!
普通の人は僕も含めて「身近なイメージできる概念になぞらえて、単純化して理解できるように解説する」が難しいんですけど、yamaさんは上手ですもの。


話戻りまして、目立てですが僕が思うに案外プロの人でも「30度で手元を少し下げて擦る」くらいしか意識してなくて、それ以前のカッターやチェンソーの固定とかカッターのオイルを拭いたりとか、そういう目立て以前のところが抜けているように思っています。

だから、まず教科書通り基本に忠実に新しいヤスリを使ってしっかりと擦る。
これをマスターしてもらいたいなと思ってるんです。

もちろん、興味のある人はその先の変態目立ても見てもらっていいんですけどね!

投稿: でき杉 | 2011/01/16 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/50530969

この記事へのトラックバック一覧です: ソーチェンの目立てワークショップ開催!:

« 林業再生の決め手!生産性を向上させる80カ条 | トップページ | 2010年年間ランキング »