« 来年のカレンダー | トップページ | かかり木処理の木回し »

2010/12/04

熊野古道の生きものたち10

本日は紀伊長島でのカービング作品制作。
吉野チェンソーアートスクールの福本校長、近藤講師、そして僕の3人で行ってきました。
Rimg0001

今回は午前2時間、午後2時間ということでゆったりカービングできるだろうとのんびり構えていたんです。

で、Rimg0004こんな感じで作ったんですが、やっぱりヒノキは堅かった。
チェンソーの目立てはしてたんですが、やっぱり時間制限のあるカービングとなると、杉のようにはいかず四苦八苦。

どんなデザインにしようかと考えながら彫っていたものだから、時間が無くなってきて、「こりゃー、本気で彫らないと!」と思っては見たものの、ヒノキが堅くて右手がしびれてきて久しぶりにカービングでどっぷり疲れました。


今回作った作品は、この公園前の通りに並べられるという事です。
そして、通りがカービング作品でいっぱいになるまで、このイベントは続くという事で来年も実演制作する予定みたいです。


来年ももし行く事になったら、今度はもっとしっかり準備していかないとダメだなと痛感した一日でした。。


それにしましても、関係者の皆様には大層なおみやげもいただいてしまい、かえって申し訳ないくらいでした。
ありがとうございました!


P.S.
道の駅マンボウで売っていたサメとマンボウの串焼きは確かに味らしい味はなかったのですが、焼き加減というか香ばしさというか、塩こしょう加減で結構美味でした。

|

« 来年のカレンダー | トップページ | かかり木処理の木回し »

チェーンソーアート(実演)」カテゴリの記事

コメント

でき杉さん こんばんわ~

やっぱり行けなかったです。残念!

ところで、実演は完成作品も多く見応えもあったでしょうね。

そう、尾鷲地方は桧の産地ですので、素材が桧というのも大いにあることと思います。
年輪も引き締まっているのも特徴ですね。堅いですが。
作品を見ると桧の柔らかい色合いが杉と違って美しく見えますね。

来年は是非見学に行きたいで~す。

お疲れさまでした!

投稿: がみ | 2010/12/05 20:37

でき杉さん こんばんは。

昨日は、遠い所お疲れ様でした。
スタッフのみなさんも大変喜んでいました、本当にありがとうございました。

本日、公園前の街路樹の横に設置と街路樹の電飾を無事終えました。設置の作業中に此処で凄い作品が見れると聞いたんでと言う方が奈良市から来てましたよ。

昼間に見るのも、ええですが夜見るのも電飾がピカピカして綺麗ですよ。


マンボウやっぱり食べたんやね。硬くなかったですか?サメは東紀州より鳥羽とか志摩方面が有名です。

因みに、紀伊長島のひものは、熊野灘沿岸の漁師町でも1・2を争う辛さ(塩辛い)だそうです。と初コメントでした。


投稿: 山守 | 2010/12/05 21:34

がみさん、こんばんは!

有名なヒノキの産地ですから、事前にヒノキでカービングすると聞いてはいたんですが、普段スギ以外ではめったにカービングしないので、ちょっと参りました。
いつもの感覚がだせないんですよ。

でも、やっぱり彫っていても香りがいいし、作品も赤身の柔らかさか、見た目が優しいですね!

来年もチャンスがあれば、がっつりがんばりますんで、がみさんもご都合よければぜひ足を伸ばしてください!!

投稿: でき杉 | 2010/12/05 21:53

山守さん、こんばんは。
大変お世話になりました。

お土産は生と七輪で焼いていただきました。
妻と子供も大喜びでした!

それにしてもさっそく奈良から見に来る人がいたなんて、カーバー冥利につきますね!
やっぱりマスコミ効果でしょうか。
近畿一円で有名な通りになるように、微力ながら協力できたらと思います。


あと、帰りに道の駅でせっかくだからと両方食べたんですが、僕はマンボウくらい歯ごたえがあった方がいいですね。
サメは柔らかくて、海でのイメージと全然違う物でした。
家族へのおみやげはサンマの丸干しにしました。


投稿: でき杉 | 2010/12/05 22:00

でき杉さん、こんばんは。
東紀州のポータルサイト「くまどこ」に
こんなのありますが、よろしければ見てね!動画もあるよ。
http://www.kumadoco.net/news_after/view.cgi?no=1449

投稿: 山守 | 2010/12/10 19:22

山守さん、こんばんは。

くまどこ、見ましたよ〜。
あの時の撮影がこうなるんですね。
午前の部だと僕が考えながら彫ってるのがよく分かりました。

いや〜、でも自分が彫っている姿を動画になってるとなんだか恥ずかしいですねヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: でき杉 | 2010/12/11 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/50210273

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野古道の生きものたち10:

« 来年のカレンダー | トップページ | かかり木処理の木回し »