« カービングショー告知 | トップページ | 先進国型林業の法則を探る »

2010/10/18

メタセコイアの特殊伐採

今月頭のことなんだけど、メタセコイア(おそらく)の特伐を行いました。
落ち葉が屋根に落ちて仕方ないそうで、伐採となりました。
Rimg0003 Rimg0005
胸高直径約50cm、樹高約25m
枝を下ろしてトップカットして、棒状にしてから伐倒予定。

最終的に伐倒するということで、スパーで登高することに。


Rimg0010
フリクションセーバープルジックでDdRTのシステムを作り、ランヤードと一緒にあげて行きます。
このシステムだと途中でトイレに行きたくなっても安心ですね。

スパーはバッキンガムのポールギャフ、ソフトクッション。
クライミングロープはニューイングランドのタキオン。
チェンソーはゼノア3401、12インチカービングバー。


Rimg0030
登りながら枝下ししてたんだけど、初めてのスパーで足が疲れてしまい、途中から枝をランヤード2in1で架け替えながら登り、穂先近くでアンカーをとりDdRTで枝下し。
楽だわ〜


Rimg0032
下でドコモの電波塔を作ってたおっちゃん達に支障がありそうな枝はスリングで吊り伐り(良く見えないけど)


Rimg0052
とりあえずこんな感じになったので、上にブロック(滑車)をつけます。
ブロック重いわ〜


Rimg0069
リギングロープはサムソンのスタブルブレイド5/8
慣れない仕事なので、大は小を兼ねるということでこのロープ。
これまた余裕を持って数回に分けてトップカット。


Rimg0072 Rimg0076
とまあ、こんな感じで初日は作業終了。
で、セコイアの後ろに見えるヒノキを間伐し、近くの栗の木を普通に伐採して日没。


んで、日を改めて元から倒す予定だったセコイアは、現場の近所に住むおっちゃんが「最近ヒマしてるから、ワシが伐ったろ」という事で片付けてくれました。


この現場から同僚と特伐チームを組むことになり、今後はこの同僚と特伐仕事をしていくことに。(ウチの組合は班制ではありません)
彼は身軽だし英語ができるから、助かるのよね〜
英語の資料は彼に解読してもらいます。
O君、期待してるよ!

|

« カービングショー告知 | トップページ | 先進国型林業の法則を探る »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最後の仕上げをおっちゃんに持ってかれちゃったんですね。happy01

昨日、荷物が無事届きました。
ポジショナーの六角レンチが一本だけでしたが(小さいねじ用)これはこの前お話しした状況と同じですかね?
ロープは結局僕もタキオンにしてみました。
それから、あれと、これと、あぁ色々買ってしまった。weep
どうやら僕も採算度外視の泥沼にはまってしまったようです。

僕のあのメタセコイヤトップカットの写真は実はアーボリカルチャーの技術の導入以前で、胴綱一本で登っています。
当然胴綱をかけ変えるときは木にしがみ付いてるだけです
あんなことはもう二度とやりたくないですね。

投稿: オバタ | 2010/10/19 23:20

久しぶりの特伐ネタでしたね。 オレンジ色したタキオンは私も好みなんですが、ほぼ同じもので色違いのロープ、シェリルからLAVAという商品名で出ている11.7mmも安定した操作ができるので悪くないです。

 やっぱし確実にアンカーとったDdRTでの作業が楽ですよねnote
 トップカットで吊るときに5/8のステーブルブレードは安心ですね。 んでも、ポータの操作をちゃんとやってくれるグラウンドワーカーさん育てたんですか? いいですねーっ shine

 バディを組める同じレベルのクライマーが居ない場合には、できればSRTラインをかけておいてDdRTのプーリーを吊上げ、SRTのランニングエンドにStopをセットしといて もし万が一の事が起きた場合はこのストップの赤いレバーをそっと握ってボクを下ろしてくださいね って頼んでおくと安心かも(^^?

 マジ、若い人は必ずレスキュー対応の特伐屋さんになっておいて欲しいです。
 スパーを使う時、フットプレートを組み込んでおくと足の裏が痛みませんよ。
でも、なんであんな鉄板があんな値段するんだーgawk
 なんちゃって。
 あー、みんなでき杉さんが知ってることばっかしだったか(笑)失礼しましたぁ~っ! bleah

投稿: 月光仮免 | 2010/10/19 23:43

オバタさん、おはよう!

ポジショナーはその六角がなかったんです。
で、戦利品をゲットした、と。

タキオンいいですよ。
プルージックコードと組み合わせしやすいです。
他のも試してみたいんですが、「泥沼」化しているので、まだまだ我慢です。

「空師」的な仕事はどんどんアーボリカルチャーに変わって行くでしょうね。
また安全のためにも、それを進めて行かなければならないと思ってます。
また情報交換しましょう!

投稿: でき杉 | 2010/10/20 09:28

月光仮免さん、おはようございます!
アーボリストにカービングに大忙しですね!


LAVAの色いいですね〜。
ベイリーズで販売してるタキオンの色違いは、配色がイマイチなんですよ。
タキオン11.5mmでlava12mmというのは表記の違いだけなのかしら。


>ポータの操作をちゃんとやってくれるグラウンドワーカーさん育てたんですか?

育てたというか同僚が自ら道具をそろえてくれたんです。
それはそれは、うれしかったですね〜
んで、一緒に勉強中です。


>もし万が一の事が起きた場合はこのストップの赤いレバーをそっと握ってボクを下ろしてくださいね って頼んでおくと安心かも

了解です。
SRTについてはまだ取りかかり始めたばかりで、レスキュー対応までできていないので、このあたりも同僚としっかり勉強して行きます!


>でも、なんであんな鉄板があんな値段するんだー

そうなんですよ!
なので、持ってません。。。


>あー、みんなでき杉さんが知ってることばっかしだったか

ふふふ、僕は木挽屋の「樹に登る」をプリントアウトしてファイルしているんですよ。
まだまだ頭でっかちですが、、、


投稿: でき杉 | 2010/10/20 09:58

スパーで登るときもトップアンカーを設定できると安心だし、とても楽ですよね。でも、

枝などを自由落下させるときは、クライミングロープのランニングエンドに絡むと危ないし、地面で枝の下敷きになってしまうと自力で下降できなくなってしまうので、たくし上げてまとめるかロープバッグを腰に付けて入れておいた方が良いと思います。
同じ理由でSRTの設定も慎重に。

ロープバッグからロープが全部流れ落ちてしまうと悲しいので、時々スリップノットを入れてバッグの口を閉めるとか、対策をおすすめします。

投稿: だん | 2010/10/20 22:54

だんさん、どうも!

ランニングエンドの件は、いつか月光仮免さんもコメントしてくれてましたね。
この時もどのタイミングだったか忘れましたが、ランニングエンドは樹上でまとめてました。

>時々スリップノットを入れてバッグの口を閉めるとか、

だんさんらしいtipsですね。
覚えときます!!

投稿: でき杉 | 2010/10/20 23:15

はじめまして?こんにちは。出来すぎさんにお伺いしたいのですがアーボリカルチャーに興味がありましてお金ができれば講習をうけてみたいと思っていますが、講習費用を払うくらいなら道具を揃えたほうがよいのでは?という意見もあり少し迷っています。実際 講習を受けられてみていかがでしたでしょうか?教えていただけますか?(いろんな機械の免許もとりたいしお金がたりないです)

投稿: しか班長 | 2010/10/21 18:43

しか班長さん、初めまして、かな。

まず、
>講習費用を払うくらいなら道具を揃えたほうがよいのでは?

ですが、気持ちはわかりますが、講習は受けた方がいいとおもいます。

班長さんの周りにワークに詳しい人はいるのですか?
いれば、講習は受けずにその人に教えてもらい、道具を揃えても良いと思います。
それでも、自分で仕事をしているとどうしても分からないこと、疑問に感じることが出てきます。
これを講師に教えてもらったり、講習先で知り合った参加者との情報交換により、新しい考えが手に入ることがあります。

また講習は安全第一ですから、日々の仕事ではついおろそかになりがちな細かい危険の芽も摘むことができるようになります。

>実際 講習を受けられてみていかがでしたでしょうか?

正直、お金は非常に厳しいですが、今月末2度目の講習を受けに行く予定です。
費用以上のものを得られるようにがんばるつもりです!


投稿: でき杉 | 2010/10/22 20:55

大変参考になりました。ありがとうございます。TAFCAMPでお聞きできなかったんで胸のつかえがとれました。うんスッキリ。あとはお金と高所が苦手な問題を解決します。

投稿: しか班長 | 2010/10/23 22:20

 出来杉さんには日本一の技術があるから、下枝数段目にロープを投げてセットした後、足縄かと思ったんですが、基本通りに登ってらっしゃるんですね。
それで、おっちゃんはどっちに倒したのー。

私は、枝に乗った方が楽なので、登りながら切って、下りながら切って、往復処理してますね。
いいんだか悪いんだかよく分りませんが。

投稿: yama | 2010/10/24 19:13

しか班長さん、TaF Camp参加者さんでしたか。
どなただろう??

>あとはお金と高所が苦手な問題を解決します。

お金はホント頭の痛い問題で、多額の先行投資をどのように回収しようかいつも考えてます。
高いところは僕も怖いんですよ〜。
でも、「こえぇ〜」と言いながら、仕事するのも楽しいんですよね〜


投稿: でき杉 | 2010/10/24 23:42

yamaさん、こんばんは。

>基本通りに登ってらっしゃるんですね。

悩みに悩んで購入したスパーを使いたくて仕方なかったんです!
「勇気出して買ってよかった!」ってな感じで。


>それで、おっちゃんはどっちに倒したのー。

どっちに倒したんでしょう?
いつの間にか伐られてました。


>私は、枝に乗った方が楽なので、

いや、普段は僕も枝にのって作業します。
足が固定されていた方がやっぱり楽です。
この時はスパーでの仕事が第一だったので、登りながら枝落とし、途中から上からロープにつられての仕事となりました。

現場によって、という感じで対処してます。


投稿: でき杉 | 2010/10/24 23:48

でき杉さん、LAVAは現品表示にメーカー名タキオンと明示してありまして、実際の使用感も同じです。
 DdRTオンリーで使うならXTC16も良い選択だと思いますが、SRT兼用ですとタキオンが良い感じですね。

 ブルームーンとタキオンとを比較して、ロープのコアがしっかりとしていてベターだなと感じたのがタキオンでしたが、林業関係の会社に就職した息子に取られてしまいました。
 また同んなじものを買う・・・ってのが癪にさわるんで、LAVAを120ftと150ftの2種入手して使ってますです。

 実際、通販でのロープ呼び径は同じHPで同じ商品を違う径で扱っていたりしてアテにならない事も時にありまして。

んでっ
 ロープ径ってのは、実際に自分で計測してみると、一体どういう条件下で規定しているんだろう? と疑問のカタマリになること請け合いです。

 数字に余りにこだわるってのは間違いへの第一歩になりかねないあやうさがあるかも知んないですね。

 いまごろアーボ講習で同じことを聞いてたりしてるんかな? coldsweats01

投稿: 月光仮免 | 2010/10/30 13:38

月光仮免さん、まさに講習でLAVAについて聞いてきました。

月光仮免さんと、同じ答えでした。

研修ですが、いろいろな人が来ていてよい刺激になりました。

投稿: でき杉 | 2010/11/02 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/49780985

この記事へのトラックバック一覧です: メタセコイアの特殊伐採:

« カービングショー告知 | トップページ | 先進国型林業の法則を探る »