« 鯉のぼりの竿状態 | トップページ | 第2回環境美化吉野川フェスタ »

2010/08/05

熱中症対策は何してますか

今日は背丈ほどある草むらジャングルの中を下刈りしてたんですね。
風はないし、もう蒸せてむせて、めちゃくちゃ暑くて。


で、仕事始めてしばらくしたら、頭が痛くなってきて。
おでこのあたりが。
あれ?と思いながらも仕事してたら、だんだんガンガンと。
「おー、これが熱中症か」

とりあえず手を止めて、水分補給(お茶)。
普段はスポーツドリンク(粉末)を2倍に薄めた物を山には持って行ってるんだけど、今日は緑茶(笑)が飲みたくてね。


んで、ひと呼吸してからまた仕事始めたんだけど、今度は気持ち悪くなってきて。
「うわー、こんなん仕事してて初めてだわ。これはどうなるのかな〜」

何度か手を止めてこまめに水分補給して休憩時間になり、同僚に声をかけると、
同僚「今日はキツイ(@Д@;」
「あ〜、やっぱりね。俺もしんどいもん」


で、日陰で少し長めの休憩を取っているうちに雲が多くなってきて、風も吹くようになり、身体も楽になったのですが、さすがに今日は参りました。


この話を知り合いの人にすると、熱中症対策の飴があると聞きました。

ガツンと塩辛すっぱいレモン塩味の飴 業務用1kg袋  塩飴の『熱中飴』で!塩分補給を忘れずに...

普段飴をなめないので、全然しらなかったけど、しらべてみたら結構ありそうです。
スーパーとかにも売ってんのかな?
僕はとりあえず上記のものを買ってみようと思います。


ブログをご覧の皆さんはなにか熱中症対策してますか?


|

« 鯉のぼりの竿状態 | トップページ | 第2回環境美化吉野川フェスタ »

林業(刈払機)」カテゴリの記事

コメント

塩飴というのは当地では伝統的にあるですよ。
夏場は1袋常備です。

大量に汗をかくと体から水分・塩分が抜けて、オシッコがオレンジ色になります。
さらに進行すると、尿意があるのにオシッコがでなくなります。
それでもがんばると吐き気がしてきます、いくら大量に水を飲んでも、受けつけずに全部吐きます。
非常に苦しいです。(つд⊂)エーン
この状態にいたると血中の白血球濃度が1200を超えているはずで、急性白血病とほぼおなじです。
腎臓の機能が低下して、内臓が怪我したのと同じ状態です。

いくら気合を入れてもムリなので医者にいきます。
人体にはナトリウムポンプというものがあって、塩と一緒にカリウムをとらないと、塩分を吸収できません。
というわけで、「冷やしたトマトに塩かけて食う」が、最適です。
あとキュウリモミ。

でき杉さんはサマータイム林業はしてないの?
あれは草刈にはよいです。

投稿: gotoれす | 2010/08/05 20:30

いや~今日も暑かったですね。ご紹介のアメ 去年 もらって舐めたことあります。すっぱく・しょっぱいような味でした。携帯性もよく手軽に塩分補給できます。

ビーバー刈払機のカテにも書きましたが、6月下旬からず~と下刈りやってます。暑いときは、頭痛も頻繁になります。調べたところ、水分・塩分補給のタイミングも、症状が出てきてからでは遅いようです。私の場合ですが、仕事を始める前に、スポーツドリンク又はクエン酸飲料(粉末タイプ 通常希釈)を、ペットボトル半分位飲んでから始めるようにしています。仕事中は、1.5倍希釈のものを午前・午後 各1.5ℓ。お昼ごはんは、永谷園のお茶づけに漬物。

装備は、ヘルメットは暑いですが、当然被ります。ヘルメットの上に菅笠つけて、少しでも直射日光避けるようにしています。ヘルメットも下刈り専用の「ベンチレーション機能」の付いたものを使用しています。今 ファンをどのように取り付けようか?思案中です。お金があれば、ヘルメット用送風機「ヘルクール」が買いたいところですが・・・・。あとは、おまけに首賭掛け式携帯扇風機で、しのいでいます。

投稿: 6年目の素人班長 | 2010/08/05 20:47

gotoさん、さっそくありがとう!

塩飴の存在は知っていても、熱中症対策に、とか考えたこともなかったです。
山仲間が塩をなめるとか言ってても???で。

でも、今日はさすがに「ナメてたらいかんな〜」って気持ちになりまして。


>でき杉さんはサマータイム林業はしてないの?

むか〜し、提案したことあったんですけどね。
みんな納得はすれど、実行する気はなくて。
まあ、真夏に汗びっしょりになって仕事するのも季節ものだしいいか〜って感じです。


投稿: でき杉 | 2010/08/05 21:03

 こう暑いと仕事にならんです。
農家の様に、朝方仕事をして、日中は休んでいた方が良いかも知れません。「夏時間」を導入している組合も有りますが、いずれみんなそうなるんじゃないでしょうか。

なにはともあれ熱中症対策ですね。
・前日の晩酌をひかえるbeer(アルコールは大敵)
・朝イチからハイペースでは刈らない。
・氷水だけを飲まない(塩分やミネラルを必ず補給する。私はハーブティとスポーツドリンクを交互に飲用している。アミノ酸入りドリンクはバテ対策にもなる。飲み物にケチケチしないのが賢明)
・作業班内の一番バテている人に合わせて休憩を入れる。
・昼休みにしっかり体を冷ます(私はパンツ一丁。「yamaさんが山にいる様に見えません」と言われるcoldsweats01

「氷水!氷水!水くれー!」と大騒ぎしてガブガブ飲む人々は必ずバテます。飲んでるそばから発汗してます。しょっぱい汗ではなく、水みたいな汗だったら、もうバランスが崩れてますよ。
(中には汗のかき方が上手な体質の持ち主がいます。皮膚の表面に到達する経路で、汗の中のミネラルを体に戻せるという体質ですね。こういう人々は水の様な汗をかいてもバテません。身の回りにいませんか、下刈りの申し子のようなベテランさん)

ドリンク代が大変だ~という事でしたら、食塩を舐めるのも手です。しかし、塩だけではダメです。オレンジジュースも時々は飲んでみて下さい。多少は違いますからね。

 spa皮ツナギの中で茹で上がった、フラフラ状態のライダーを、ピットクルーがプールに入れ、扇風機やスポットクーラーでガンガン冷やし、次のライダー交代に備える。
私は「鈴鹿8耐」をTVで見て、これはある意味で、ライダー冷やし競争だと思いました。だから休憩時間は、川や沢も利用しますし、昼休みにはハダカになって体を冷やす事にしています。

 大きな声じゃ言えませんけど、ヘルメットはダメです、笠が一番。メットは風穴があいていても、ハンモックと帽体のクリアランスが狭いので、うまく空気が流れません。
笠は、表にアルミシートを載せるといいです。扇風機にかぶせるメッシュを利用して間に挟めばOKですyo。クリアランスの話からして、どんな笠をかぶればいいのかは、お分かりですよね~。
(「機械はツーグリップ、頭には笠」ってボランティアさん達だって言ってるよー。本当だよ~、月刊誌で見たよー。「プロはアホだ!」って書いて・・・・は、・・・・なかったけどbleah

 頭が痛くなってきて、顔色が赤鬼みたいになって、仲間から「おーい!」と声をかけられても聞こえなくなって、気持ちが悪くなってきて、なんだか足にきてるな~と感じる様になって、そのうちにバッタリ。「早く点滴してもらわなくっちゃ」となる前に休憩しましょうね。
「この条件じゃだれがやっても黒字にゃならん」と開き直る事も班長の判断として、大切だと思います。
実際、義理堅く、頑張っちゃう部下が多くないですか?いくら自己管理だからって言ったってねぇ。

投稿: yama | 2010/08/05 21:38

初めまして~!
熱中飴、仕事中たまに舐めます。
塩より取りやすいし・・・良いと思いますよ。
本当の塩飴でも良さそうです。

本当に暑いですね。
どうぞ、ご安全に!

投稿: 十三夜 | 2010/08/05 21:38

6年目班長さん、こちらにも書いてくれてありがとう。

僕も普段は症状が出る前にこまめに水分補給をしているんですけど、今日は軽い気持ちでいたら、思い切り痛い目に遭いました。

>お昼ごはんは、永谷園のお茶づけに漬物。

お〜、僕は普通にお昼ご飯食べれるんですよ。
でも、これもおいしそう!
みんな夏場山で何食べてるかアンケートとっても面白いかも!


で、「ヘルクール」なるもの知らなかったので調べてみたんですが、これはなかなか面白い。

でも、効果のほどはいかほどなのでしょうか。
首掛け扇風機の方が涼しさを体感できそうですけど。
価格的にもお手頃ですもんね。
とはいえ、班長特製ヘルメットファンできたらまた『新知』の取材を受けてください!!

投稿: でき杉 | 2010/08/05 21:57

出来杉さん お疲れ様です
私も7月に一度、同じ様な症状になりました…
スポーツドリンクって、甘くて口の中が乾きません?
明日、コンビニで塩飴買ってみよ
お互い更に気をつけましょう

投稿: 冥王星 | 2010/08/05 22:36

m(_ _)mまいどです。
皆さん色んな対策してるようですが、お茶を飲まれる方は多いのかな? 
基本お茶はダメですよ~(* ̄0 ̄)ノ
緑茶はカテキン&カフェインが入っている為余計体内温度を上げてしまいます。(トレーニング前には最適な飲み物です)
よって麦茶の方が良いです( ̄▽ ̄)
麦茶はミネラルも多いですしね。
だから、麦茶か水にしたほうが良いです。(冷たーいのはダメ!)
冷たいと胃が収縮し吸収率が悪いからです。
これを5分おきに(だいたいね)一口含む程度に飲みましょう。
で、気分が悪くなったり体調が少しでもおかしいなと思えば、スポーツドリンク(ハイポトニックと書いている)を500mlなら全部飲んじゃってください。
身体の中の電解質や身体を動かす為のエネルギー源にもなるし、ハイポトニックは体内への吸収率が最も良いです。
水で薄めるのは現場ではあまりお勧めしません。
なぜなら、水で吸収率が落ちるからです。
水分をとっても吸収が遅ければその間に熱中症になりますよ。
スポーツドリンクは最低2本常備でやばくなりそうなら飲むようにしましょう。
昼食はガリを刻んだ物・細切りの塩もみきゅうり・梅干・ゴマを混ぜた酢飯(散らし寿司みたいな)の方が良いです。
常時60℃以上焼けた日陰の無いアスファルトの上で作業しているスポーツ栄養学を学んだ調理師の意見です。
長文ですいませんm(_ _)m

投稿: たにやん | 2010/08/05 23:29

m(_ _)mすいません
追加ですが、スポーツドリンクを薄めるのは別に普通の暑い日ぐらいならOKです。
猛暑日は体内への水分補給優先の為そのままの方が良いです。
あと、大量の風や水で身体を冷やすのも良いですが、現場で無理な場合、汗の気化熱で身体は冷やす構造になっていますので扇子で扇いで身体の熱を下げてください。
暑いと食事等での塩分摂取(味が濃いとか)も過多となりやすいので熱中飴も含め過剰摂取に気をつけましょう。
腎臓悪くするよ~(* ̄0 ̄)ノ

投稿: たにやん | 2010/08/06 00:19

おはようございます
うちの村では熱中症でヘリコプター
で搬送されたヒトがおります。
午前中の暑くなりはじめの時間帯に
搬送されたとあっては二日酔いの
可能性が高いと思います・・・
お年寄りも多いですがお気をつけください~

投稿: 祝い杉 | 2010/08/06 08:20

 うちのほうでは、救急車で病院送りになった人がいました。退院後、話を聞いたら「3時休みになったら飲む、もうじき3時さ」と、飲みたいのを我慢して頑張っちゃったからみたいです。現場に居合わせた人たちは、ビックリしたらしいですよ。

 たにやんさんのお話は参考になりますねー。
アスファルトの上でのお仕事という事ですから、公共事業でしょうか。では、ヘルメットを被らないわけにはいかないですよね。

 ヘルメットの空気穴は原則ダメみたいです。
就林して2~3年目頃、私は県内唯一の登山用品店へ行き、ヘルメット探しをしました。結果、ぺツルの製品を購入しました。デカ穴14個とクリアランス、そして現場で違和感が無いことを選択のポイントとしました。
私は、それを事務所へ持参し、安全管理担当である課長に使用許可を求めました。
しかし、返答は「ダ~メー」。そして、チャート式なんたらかんたらとかいう名の書籍を取り出し「穴の無い構造とする事と、ココに書いてあるから」と言う。
国際規格(UIAA規格)適合品だと説明してもダメだと言う。ぺツルは「自転車に乗るときに被りな」と、子供にあげました。

ところが、それから1年後、国内メーカーの「穴あきヘルメット」が支給になりました。チャート式はどこへやら・・・・勿論「yamaさん、あのヘルメットを被ってもいいんだよ」の一言はなく、私は頭から煙が出そうに頭にきたので、支給されたヘルメットは下刈りには使いません。
(先述の通り、空気の通りが悪スギ)

 その点、ゴルフ産業は立派です。私が高校時代、キャディのアルバイトをしていた頃から、専用のヘルメットがありました。長いツバ、白い巨大なスカーフ、当然の事ながら多数の穴もあいていました。
給水所も3ホール毎に設置されていました。ゴルファーのみならずキャディも利用OKでした。
熱中症対策、落雷事故対策、ボールの被弾対策と安全の保持には一生懸命ですね、ゴルフ場。
サービス業だから? 林業は総合サービス業であるべきだって、誰かがいってませんでしたっけ。

投稿: yama | 2010/08/06 18:47

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1029639280

 私は、このベストアンサーを投稿された方は、よ~く分ってらっしゃる、と感心させられました。
実際に、こんな事例もあるんですよ。
それは「作業員全員に安全靴の支給」。 安全靴は、小指が鋼板製先芯に納まりきれないないモノが有ります。
すると、伐根や岩石につまづいた時に、鋼板のエッジが小指をヒットし、骨折したかと思われる位の激痛が走ります。また、斜面を下る時は、足が前へ前へとずれますから、同様に小指が痛みます。
山林用として製造されたものでなければ、全く使い物になりません。
幹部達は「支給はしてある、着用しない本人が悪い」と第三者機関が入ってきた時に即答できますから、この支給は無駄な投資にはなりません。
しかし、履けないモノは現場にしてみれば、明らかに無駄です。

(上記サイトから引用)
> 私たちはこんなにしっかりヤッテルのですよと世間にアピールするためですね。
> また、何かあった時、責任を負わないようにという意味で安全第一ですね。

 全くその通りだと思います。
どうご判断になるかは貴方次第。どのように行動するのかも貴方次第。安全第一より、我が身第一とした方が良いのかも知れませんが。

投稿: yama | 2010/08/06 22:12

yamaさん、いっぱいありがとうです!!

なにからなにを書いたら良いのか迷いますが、一つ。
知り合いの人からメールをいただいたのですが、その組合では熱中症対策としてスポーツドリンクの粉末を支給しているそうです。
他にも様々なものを支給していて、まあ「保険」とも言えるかもしれませんが、口頭で注意するだけの事業所とは、やはりその姿勢の違いを感じます。

安全第一っていうのはほんと簡単なんですけどね〜

投稿: でき杉 | 2010/08/08 15:24

十三夜さん、はじめまして。

このエントリーを買いてから、お店の飴コーナーでいろいろ見てますが、とりあえず熱中飴を試したいと思ってます。

どんな味なんでしょうね〜

とにかく今年は暑い!
お互い身体には気をつけましょう!

投稿: でき杉 | 2010/08/08 15:27

冥王星さん、こんにちは。

スポーツドリンクでもポカリは濃いので、3倍に薄めてます。
あとはだいたい2倍ですね。

原液(普通の)だと確かに甘くてかえって喉がかわきますよね〜

まあ、薄めるとコストも安くすむので良いのですが。

投稿: でき杉 | 2010/08/08 15:40

たにやんさん、詳しくどうもありがとう!!

たぶんこの時期、緑茶を山に持っていってる人はいないと思うから大丈夫ですよ〜
僕は変わりもんですから。


あと扇子は常備してますんで、そのあたりエントリーにする予定です。

たにやんさんも暑い中でのお仕事ですから、お互い気をつけましょう!

投稿: でき杉 | 2010/08/08 15:46

祝い杉くん、コメントありがとう。

午前中の暑くなり始め、というのはなんとなく分かる気がする。
かえって午後のほうが身体が慣れるんだよね〜

僕は酒は飲まないけど、お酒のにおいプンプンで山に来る人は結構いるから、大丈夫かな〜っていつも思ってます。

投稿: でき杉 | 2010/08/08 15:48

みなさん、こんばんわ。

熱中飴、持ってます。以前は岩塩をピルケースに持ち歩いていましたが、今はこれです。

私の場合、スポーツドリンク1.5L(氷入れて)+麦茶とウーロン茶のブレンド1L現場にもっていきます。
下刈時は腰にブレンド茶をナルゲンボトルに、スポーツドリンクは休憩場所に、です。
調査や選木時は、ハイドレーションシステム(有名なのがキャメルバッグ)装備のバックパックです。こいつはいいですねhappy01、飲みたい時にチューブでチューチュー飲めますから。

投稿: 軽トラマン | 2010/08/09 22:02

軽トラマンさん、おはようございます。

ナルゲンボトルなるもの僕は知らなくて調べてみたんですが、こういうのあるんですね。
僕は重さを嫌ってペットボトル一筋だったのですが、うまく洗えないのが問題なんですよね。

>ハイドレーションシステム(有名なのがキャメルバッグ)装備のバックパックです。

おお〜、これはなかなか格好いい!
知らない人が見たらなにかと思いますが。


ここ最近は雨の影響で涼しい日もありますが、残暑厳しい日もあるでしょう。
皆さんに教わった対策方法で乗り切りたいとおもいます!

投稿: でき杉 | 2010/08/12 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/49068724

この記事へのトラックバック一覧です: 熱中症対策は何してますか:

« 鯉のぼりの竿状態 | トップページ | 第2回環境美化吉野川フェスタ »