« 鋸谷式間伐 実践編 なるほどQ&A | トップページ | 刈払機のベルト(バンド) »

2010/08/16

月刊「杉」60号 発刊!

すっかりお盆モードでして、お祭り行ったり、花火見たり、プールに行ったりと夏休みを満喫しております。


さて、今月も月刊「杉」の紹介です!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
60号 目次
特 集 月刊『杉』WEB版 5周年記念
★ 木想のなかの杉 川村宣元 ( 建築家 )
★ 杉とのおつきあい 武田光史 ( 建築家 )
★ 吉野にて 羽藤英二 ( 東京大学准教授 )
★ 月刊『杉』WEB版 5周年に寄せて(スギダラ会)
単行本
★ 単行本第14回配本 『杉の未来』 内田みえ (編集者)
連 載
★ 杉という木材の建築構造への技術利用/第17回 田原 賢
★ いろいろな樹木とその利用/第22回 「リョウブ」 岩井淳治
★ 東京の杉を考える/第46話 「旭川で森と街とモノをつなぐために」 萩原 修
★ 杉で仕掛ける/第30回 「」 海野洋光
★ スギと文学/その28 『マサニエロ』 春と修羅 宮澤賢治より 石田紀佳
★ あきた杉歳時記/第40回 「」 菅原香織
★ 吉野杉をハラオシしよう!/第44回 石橋輝一
★ スギダラな人々探訪/第46回 「岡山・西粟倉支部『スギアワー』 発足!」 千代田健一
★ スギダラな一生/第33笑 「」 若杉浩一
★ 公共から個協へー個がつくるこれからのパブリック 南雲勝志

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

月刊杉も5周年ということです。
僕はこの月刊「杉」という不思議なタイトルのWEBサイトの立ち上げの場(夜の宴会中にアイディアが出た)にいたんですが、まず3年続けようという話でした。

それが5年。
当初は本業とどうつながるか分からないけど、とりあえずやってみようと言う感じだったのが、いまや様々なコラボレーションによるビジネスも生まれつつあるようです。

僕の出来杉計画も5年が杉て、さてさてどうなりますか〜


月刊杉興味のあるところを読んでみてくださいね!

|

« 鋸谷式間伐 実践編 なるほどQ&A | トップページ | 刈払機のベルト(バンド) »

スギダラの話題」カテゴリの記事

コメント

残暑お見舞申しあげます

突然ですが、本職の林業の方って巨木を伐倒する時、お祓いや盛り塩とかしますか?
ふと、気になったもので…
今日も暑かったですね、お身体にはくれぐれもお気をつけて下さい

投稿: 冥王星 | 2010/08/16 20:03

冥王星さん、こんばんは。

質問の件ですが、おそらくその人によるのではないかと思います。
お祓いはさすがに知りませんが、伐倒前にお酒で清めたり、伐倒後にお酒、塩、米などをお供えしたりする例は知ってます。

僕自身は巨木を倒したことがないので、そういう経験はありません。
でも、実際に倒すことになったらなんらかのことはすると思います。
その場所で永きにわたって生きてきた訳ですからね。

投稿: でき杉 | 2010/08/17 20:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/49159238

この記事へのトラックバック一覧です: 月刊「杉」60号 発刊!:

« 鋸谷式間伐 実践編 なるほどQ&A | トップページ | 刈払機のベルト(バンド) »