« オレゴンチェンの箱書き | トップページ | 林業は森林を破壊するのか(追記) »

2010/06/20

笹刃の目立て、手作りガイド

いやあ、日本惜しかった。
さあ、次だ。


というわけで、草刈シーズンになってきましたが、笹刃をフリーハンドの目立てしてると、だんだん形が変わってきてしまいますよね。
僕はピッチがずれやすいんですが、皆さんはどうでしょう。


で、僕の知り合いの人がこういうものを作ってました。
Rimg0001 Rimg0002
Rimg0006
分度器と定規で真円とピッチが出せるようになっています。
刃先からの逃げ角は15度にしてあるそうです。

Rimg0004 裏は刈払機の部品で固定してます。

8枚刃の目立てガイドはあるけれど、笹刃のはないもんね。
どうして市販されてないんだろう。
これ良く出来てますよね〜。


僕はこれまでピッチの多少のずれはあまり気にしたことがなかったけど、これからは考えを改めないといけないなあ。

|

« オレゴンチェンの箱書き | トップページ | 林業は森林を破壊するのか(追記) »

林業(刈払機)」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは~(´▽`)/
ここのところ、ご無沙汰してました。
蒸し暑杉て、消耗が激しいです(単に老化してるだけって話もありますが・・・)

えーと、私も似たような道具を作りましたが、割付け定規(分度器)は外から追っていく方式を採用しました。
つまり、定規が下で笹刃が上になります。
何でかと言うと・・・・
最も周方向に後退した歯に合わせるしかないので(削る事は出来ても溶接で盛る訳にはいかない)それがどの歯なのかを見分け易くする為です。
理由はそれだけ。

他は同じだと思います。割付線を書いて、同心円を書いて、あとはシコシコと削るだけ。
私は油性マジックは使わず、針で書いちゃいますが、問題は今のところございません。
台金はそれほど硬い鋼じゃないから書けますし、一日使うと、その線もほぼ消えちゃってる位に浅いですからね。

たまにはピッチも面倒をみましょうね( ̄▽ ̄)
『鋼の錬金術師』も「位置は善、善は位置」って言ってるどー(゚0゚)
私は、マスタング大佐が好きです。カッコイイけど、雨の日は無能だから。
私も湿度が高い日は無能という事で、木陰でマッタ~リしててもイイかしら?

投稿: yama | 2010/06/20 23:17

yamaさん、こんばんは。
こちらも返信遅くなり申し訳ないです。

この治具は僕が使っている訳ではないので、作者の人に聞いてみたところ、

>つまり、定規が下で笹刃が上になります。

近所にあった分度器の最大が18cmだった。
治具作成が簡単。
同心円や逃げ角のケガキができる。
といった理由でこのように作ってたとのことでした。


>私は油性マジックは使わず、針で書いちゃいますが、問題は今のところございません。

けがき針のほうが精度はあがるけれど、マジックよりも見にくいので、このようにしているそうです。


この治具を作った人や、yamaさんのように手作りしている人は多そうですね!


投稿: でき杉 | 2010/06/22 20:55

僕も最近笹刈の目立てしているのですけど、刃の大きさ
がそろいません。これがピッチがずれるっていうことでしょうか。ヤスリでする回数同じにしているつもりなのですが・・・あと八枚刃の目立てガイド商品名教えてもらえませんか?

投稿: as | 2010/06/26 10:18

asさん、こんばんは。
僕の言うピッチとは刃の間隔です。
スクイ面を研ぐ回数を同じにしているとのことですが(ですよね?)、右と左では力の入りかたが異なるのではないでしょうか?

僕の場合は、刃頂がツンツンしてないといやなので、回数無視で擦るためにピッチがずれてきます。


修正定規ですが、もっとメジャーかと思ってました。
ググってもなかなかでてこず、探すのに一苦労。
林業資材店に普通に売ってるんですけどね。
http://diytool-net.com/06/0607/060709/060709641992.html
これです。

投稿: でき杉 | 2010/06/26 21:44

そうです。スクイ面を研ぐ回数、左右でピッチが同じになるよう調整してみます。修正定規の件、お手数おかけしました。

投稿: as | 2010/06/26 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/48672660

この記事へのトラックバック一覧です: 笹刃の目立て、手作りガイド:

« オレゴンチェンの箱書き | トップページ | 林業は森林を破壊するのか(追記) »