« チイチイさんと奥さん | トップページ | レトロカーフェスタで実演します »

2010/06/29

また買っちゃった

先日、ついに買ってしまいました。
Rimg0002
シルキーのスゴイ(という鋸)です。

これはツリーワークに使う鋸として買いました。
特徴はカーブソーということですね。


これまでは
Rimg0010
シルキーのズバットを使ってたんです。
こちらもカーブソーです。

なんでカーブソーかっていうと、樹上では鋸の使いやすい良いポジションを常に保つことが出来る訳ではないので、「向こう側」を楽に引くことができるカーブソーを僕は選択しています。


スゴイは360mmあるんですが、鞘がごつい気がして、これを腰にぶら下げて仕事すんのはどうか、と。
邪魔なんちゃうかと。

で、ズバット(300mm)を購入してつかっていたんですが、スギヒノキなんかの枝下しならいいんですが、広葉樹になってくるとやっぱり大きい鋸が欲しくなりまして。


んで、楽天でスゴイを探してポチしたんですよ。
在庫や送料も考えて、それでも結構高いし悩んで買ったんです。


で、ポチした後にふと「amazonでもスゴイって売ってんのかな」と。

amazonでも売ってんだ〜と思った瞬間、「まてよ、amazonは送料無料だったな・・・」

まあ、数百円の差ですけど、スゴイを購入するつもりの人はamazonがお得です。
僕は気づくのがちょっと遅かった(ノ_-。)


そうそう、スゴイとズバットの使用感についてはフリップ君のブログを見てね!


|

« チイチイさんと奥さん | トップページ | レトロカーフェスタで実演します »

林業(skyteam)」カテゴリの記事

コメント

でき杉さん お疲れ様です
ホムセンで見た事あります。
カーブソー使った事、無いんですが良いですか?
やっぱ目立て不可の替え刃式ですか?
名匠が拵えた従来のノコも使ってみたいし…
う〜ん悩ましい…

投稿: 冥王星 | 2010/06/29 19:10

いいねぇ。
ボクは神沢精工の「SAMURAI一番」という曲刃を使ってます。
鞘が細めなことと安価なのが森林ボランティアにはうれしい一本です。
カービングバーはキャノンバーなんだけど鋸はSAMURAIです。

投稿: 薪バスター | 2010/06/30 00:06

 日本ガンバレー!!サッカー観戦中のyamaです。

 にしても、長い。360とは。Σ(゚д゚;)
 にしても、面白い。このメーカーのネーミングは。

 じゃあ、今度は鋸談義ですね。
枝挽鋸の歯は、いわゆるバックスロープですよね。
木工用鋸の歯は、フックですよね。
えっ、なになに。枝挽鋸は、ピッチが長く、一枚一枚の歯が大きいから、その負担を軽減する為、長切れさせる為なんじゃなかとですか?ですね。
正解かも知んない( ^ω^ )でも、断面がきれいになるからというのが一番の目的じゃないかしら。

 「長勝鋸研ぎ」って、ご存知でしょうか。日本一の目立て名人といわれている長津勝一氏の鋸目立て方法なのですが、木工鋸をフックにしないんですよね。
その方が断面がきれいだという事は上記の通りなのですが、切れ味も良いんですって。
驚きますたw(゚o゚)wわーお。
(わーお、延長戦かよ~)
じゃあ、食い付きは考えなくてもいいのかな~。

 ストレート形状の鋸で、枝切りする時は、早く落とせる様に、手前と奥を交互に挽いたりしますよね。
カーブ形状は、そのメリットを形状でこなそうとする意図から発生したものだと思っていました。
掻き出し歯(縦目)があるから、鋸屑の排出というよりも、歯先が当たる距離を短くして、食い付きをかせぐんだと思っていたのですが、関係ないのかな~、食い付き。
(うわっ、あぶねー。ヾ(.;.;゚Д゚)ノ押されてるよー。この位にして、しっかり応援する事にします。ごめん)

投稿: yama | 2010/06/30 01:07

んー このスゴイってのはでき杉さんには合うかもしんないっすね。
 要するに長いんっす。
 脚に装着できるってことで買ったんっすけど、長すぎるってか短すぎるってか(←こっちは足の長さの話)。

 それと、鞘がブカブカで刃を収めたときに変な位置・角度で決まってしまうことがあってね・・・ 思い切りツリーワークしてて気がついたら鞘からちょっこし(bleah)刃の部分がはみ出していてロープをゴリゴリ・・・ shock

 まあ、刃モノの扱いってのは基本的に自分で気をつけるっきゃない訳ですが。

 んでも、今でもやっぱし使ってますよ、一応ですがプロクソンのホビー用ルーターで目立て直しみたいな事もできるし、先端の手前向き大カッターでツタなんかをブッタギル事もできるんで。
 ただ目立て直しって言っても、刃並の先端部の角を立てるだけでそれ以上はまだ勉強しなおさにゃならんみたいです。
 あの刃の先端を落としている角度って、なんか随分と深いものがあるんだそうですね。

投稿: 月光仮免 | 2010/06/30 13:23

冥王星さん、こんにちは!

ホームセンターに売ってましたか!
こちらでは見たことがないですね〜。

基本的にカーブソーである必要はないと思いますよ。
僕も普段は普通の山ノコです。

これは替え刃式ですが、僕は替え刃式もダイヤモンドヤスリで限界まで目立てしてます。
鋸の目立ては難しい、というか僕が下手なので、目立てを繰り返すとスムーズに切れなくなってしまうんです。

そうなったら交換してます。


投稿: でき杉 | 2010/06/30 18:13

薪バスターさん、ご無沙汰しております。

「サムライ」をお使いですか!
これは地元のコメリに置いてあるし、シルキーよりも安いので、僕も迷ったんですが、噂のシルキーのズバットとスゴイを使ってみたかったんですよね。

結局ズバットのサイズはサムライでも良かったかも。
替え刃もコメリで買えるし。


話変わって、カービングのキャノンバーを円高に乗って、多めに購入したので、今度ブログで欲しい人を募る予定です。
もしよかったらぜひ!

投稿: でき杉 | 2010/06/30 18:17

yamaさん、日本の戦いを一試合でも多く見たかったです。。

さて、僕は鋸の目立てはてんでダメなんですよ。

フック、バックスロープとかも意識したことがなかったです。
今度いろいろ見てみます。

>「長勝鋸研ぎ」って、ご存知でしょうか。

この方は有名ですよね。
ネットで検索して、ぼんやりとは知っています。
もっとこの人の目立てがネットに転がっていたらいいのですが、やはりそれは問題があるのかな〜。


>カーブ形状は、そのメリットを形状でこなそうとする意図から発生したものだと思っていました。

僕もそう思います。


>掻き出し歯(縦目)があるから、鋸屑の排出というよりも、歯先が当たる距離を短くして、食い付きをかせぐんだと思っていたのですが

う〜む、僕はメーカーの言い分をそのまま鵜呑みにしていたから、あまり考えたことがなかったです。

にしても、鋸についてはまだよくわからないのが本当のところです。

投稿: でき杉 | 2010/06/30 18:39

月光仮免さん、コメントありがとうございます。

僕もスゴイは足につけるつもりだったのですが、なんだかかえって邪魔のような気がして、結局ぶら下げることにしました。

>鞘がブカブカで刃を収めたときに変な位置・角度で決まってしまうことがあってね・・・ 

これズバットでもそうなるんですよ。
片手でサッと取り出せない時があって。


>先端の手前向き大カッターでツタなんかをブッタギル事もできるんで。

僕はここを引っ掛け用に使うんで、テープを巻いて殺してしまいました。


>ただ目立て直しって言っても、刃並の先端部の角を立てるだけでそれ以上はまだ勉強しなおさにゃならんみたいです。

僕も基本的に上目を押さえるだけです。
確かに鋸の刃の角度はよくわからないことが多いです。
チェンソーの方がよほど分かりやすい。。

投稿: でき杉 | 2010/06/30 18:44

> yamaさん、日本の戦いを一試合でも多く見たかったです。。

女路やー。あらま変換ミス、同じやー。

> さて、僕は鋸の目立てはてんでダメなんですよ。

同じや~。
鋸は素人にはどうしようもない刃物ですね(ノ_-。)
ですから、私も上目を押さえるだけですよ。目立てしやすい様に、カーブではなくストレートをチョイスしています。勿論、歯が細かい鋸はパス。
知人が目立てが出来ると言うものですからね、鉈の鞘を作って上げるのとバーターで、木工鋸の目立てをお願いしたんですよ。
「yama、コイツはアサリも見るのかい?」って聞くから、こんな細かい歯のアサリも出来るのか、スゴイ人なんだぁ、って期待してたんですね。
しかし、返って来た鋸の引き曲がりの酷さに閉口してしまいました。挽き曲がりが生じるから目立てを依頼したのに、全然直ってな~い。むしろ悪くなってるぅううううう。
まあね、鋸は歯が一回り小さくなるだけで、次元が異なる難しさを提供してくれますよ、ハイ\(;゚∇゚)/

PK戦も、入れて当たり前という状況ではありますが、疲労とプレッシャーの中で、並みの神経じゃ、脚が動かなくなっちゃうと思います。
浮いて外した時には、アメリカ大会決勝のロベルト・バッジオを思い出しましたね、私。難しいんだろうなー、素人の私には分りませんが。

投稿: yama | 2010/07/01 00:06

yamaさんでも、ノコの目立ては難しいのですね。
やー、なんだかホッとした(゚▽゚*)

細目タイプも目立て使用としたことがあるんですが、さすがにすぐにあきらめました。

ノコの引き曲がりを直そうと思っても、ホント僕は絶対に直せないです。
で、スムーズに引くことすら出来なくなって、はいさようなら〜。

ノコが細くなるまで使うのがカッコイイと思ってはいるんですけど。。

投稿: でき杉 | 2010/07/01 19:59

おーっと失礼、今日になって「ベスト」さんが公開したことを知りましたので 秘密のアッ子ちゃんにしてたツリークライミング用手作りの道具紹介記事を書きました。

→ http://pabllo.cocolog-nifty.com/kobikiya/2010/07/post-c171.html

本体は
→ http://treeclimbing-best.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/arbo-holster.html

 でき杉さんのところだと波及力が桁違いだと思うんで、いつか独自に取り上げてくれると嬉しいっす。

投稿: 月光仮免 | 2010/07/07 19:10

月光仮免さん、連絡ありがとうございます。

あー、これだったのですね。
なかなかカッコイイ名前ですヽ(´▽`)/

ベストさんブログだと商品がちょっとわかりづらいので、月光仮免さんのほうも同時に紹介するようにします。


というか、ツリークライミング、アーボリカルチャー系なら僕のブログよりも木挽屋のほうが遥かに破壊力があると思いますよ!

投稿: でき杉 | 2010/07/07 22:57

でき杉さん、こんばんは!です【^o^】

あ〜あっ、また押されてしまいました→背中を!?
今日、SUGOI が青森から届きました、前々から欲しいなぁ〜と思いつつも我慢、我慢の子でしたが……(>_<)
そのついでに愛用の刈刃も追加注文しました、ちと値が張りますが、徳島の研修で知ってからはこればかり、3枚刃でメンテが楽です。

http://www.homemaking.jp/product_info.php?cPath=1103_2077_2081&products_id=52756

田畑まわりは細目、山林は荒目を使用しています。
不健康なお天気が続きますが、御身大切にまた、楽しい情報をお聞かせくださいネ。

以上です【^L^】

投稿: fan | 2010/07/10 22:44

fanさん、こんにちは。

スゴイを購入されたんですね。
僕はまだ数本枯れ枝を落としたくらいで、本格的に使ってないんです。
お互いたのしみですね〜。


あと3枚刃ですか!
僕の周りでは同僚が一時期使ってましたが、これと同じではなかったと思います。
305mmで1.65mmというとちょっと僕の刈払機のスペックからは扱えないものですが、これで雑木も切れるんですね!
3枚刃がこんなにオールマイティとは知らなかったです。
確かに仕事が速そう!

投稿: でき杉 | 2010/07/12 17:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/48750811

この記事へのトラックバック一覧です: また買っちゃった:

« チイチイさんと奥さん | トップページ | レトロカーフェスタで実演します »