« キマル(笹刈刃用)をつかってみた(1)<追記> | トップページ | チイチイさんと奥さん »

2010/06/27

分かりやすいチェーンソーの目立てサイト

僕のチェンソーの目立て記事は、まず普通に目立てが出来ることが基本になってるんですね。
そこから、カッターの後ろを落とすとか、富士の裾野とか、グーフィとかベベルとかって話になってます。
多くの人に読まれる記事になっていながら、初心者さんにとっては返って混乱させるものになっていたかもしれません。


今回、ブログの読者の方からチェンソーの目立てについてまとめたページを作ったと連絡をもらいました。
これが実に良く出来ています。

チェーンソーの目立て


ーーーーーーーー
いかがでしたか?

これまで僕はヤスリを角度をあわせてきちんと使えば、上刃と横刃の接点、つまりカッティングポイント(マイクロチゼル、セミチゼルの角の丸い部分は横刃と考える)もきちんと決まると考えて、ブログでは特に強調することはありませんでした。
ちなみに、上刃と横刃の接点はワーキングコーナーとも呼ばれますが、僕はカッティングポイントを含めた丸み部分をそう呼んでます。
(チゼルの時は僕はだいたい角の部分を指すようにしてます)

「大事なのはここだ」と一番最初に先輩から教わったので、もう大前提で、これは広く一般に共有されているものだと思ってました。


ここ最近、目立てについて暴走してたので、きちんと丸ヤスリの使い方をまとめないといけないと思っていたんですが、上記のリンク先できちんとまとめられているので、その仕事はなくなりそうです。


あ、僕の丸ヤスリの使い方は上刃目立て角を30度、手元を10度下げて、カッティングポイントに刃が付くように意識するだけです。
あまり細かいことは考えてません。
もちろん、刃がブレないようにするとかそういう目立ての姿勢とかはありますよ。
それはまた別の話です。

|

« キマル(笹刈刃用)をつかってみた(1)<追記> | トップページ | チイチイさんと奥さん »

林業(チェーンソーの目立て)」カテゴリの記事

コメント

 出来杉 様

 ブログで紹介して頂いてありがとうございます。

 ソーチェーンの目立ては、30度、1/5、カッティングポイントの3点を意識すれば、普通に研げるのだと思いますが、3点目をどこも説明してくれませんでした。

 これで、目立てに悩んでいた人達が普通に研げるようになると良いですね!(ありがとうございます。)

投稿: 千田 典文 | 2010/06/28 20:22

 ほえ~っhappy01
ご熱心です。大したもんです。ご立派です。
お好きなんですね、目立て!

おっと、ご挨拶が遅くなりました。はじめまして、千田さん。よく分らない事を書き込んで、皆さんを混乱させているyamaです。

「CADで描いたソーチェーンの刃」
思わずニヤついてしまいました(^-^;
私もやった事あるもん。CADは使いませんでしたが。確かに、55度にはなりませんよね。

 私もフック気味に研いじゃってますが、千田さんもフックの方がお好きみたいですね。
手元を下げて目立てした場合、どの位置で1/5なんよ?というお話になるのですが、私はカッタを横刃が付いていない側から見た時、その上刃が45度位、反対の横刃が付いている側から見た時ワーキングコーナーが終わって平らになる箇所が80度弱位にしてます。
 正確に測ったわけではありませんが、大体そんなカンジです。ちなみに普通の間伐の時の目立てです。
「どの位置で1/5なんよ?」は、「上刃の中間あたりのどこか」としか私には言えません。深さが分る方向に私の眼は無いから。
ヤスリにどの位上刃がかぶっているかを見て、勘で見立てしているのが現状です。

出来杉さんはどうされていますか~(@Д@;

 ここに来て、yamaのイイカゲンさを見た!ってカンジかな~( ̄○ ̄;)!

投稿: yama | 2010/06/29 00:05

yama 様

 私は、目立ては嫌いです!
でも、切れないチェーンソーはもっと嫌いです!(笑)
 結局、誰にでも解るような解説が無かったので、こんな結論になってしまいました。

 フックが好きなわけではありません。
カッティングポイントを出すために下を削るので、そうなってしまいますが、上刃の先端は53度で削ってあります。

 ちなみに、20BPの新品を10度下げで研いだら、上刃のワーキングコーナーの反対側が30度以下の鋭角になっていました。
 それ以来、5度下げか上刃の傾きと平行に削るようにしています。(上刃全体が53度になるように。)
 10度下げは、メーカーがカッティングポイントを出させるための指示で、切れ味とは違っていると思います。

 そもそも、カッティングポイントが木に刺さった瞬間、傾きを持った刃はねじれるはずなのですが、その時に上刃の端が鋭角なのが良いのか鈍角なのが良いのかの説明をメーカーが試験をしながら説明しても良いと思います。(日本的感覚なのかな?)

...結局は、良く切れれば良いんですが、刃の切れが悪いと色々と考えてしまいます...笑
 

投稿: 千田 典文 | 2010/06/29 19:53

<追伸>

 yama 様

 「どの位置で1/5なんよ?」という話は、良く判ります。
 ヤスリが水平の刃の種類の時は良いのですが、10度下げだとそう思うのが普通だと思います。私も解らないので、とりあえず今は上刃の傾きと平行に削っていますし、1/5は感覚ですね!(笑)

投稿: 千田 典文 | 2010/06/29 20:07

> 私は、目立ては嫌いです!
> でも、切れないチェーンソーはもっと嫌いです!(笑)

 アハハhappy02やっぱり。主に堅木を切ってらっしゃると、そうなりますよねー。
私は、ナラやアカシアなら、少し鈍角にして目立て回数を節約したくなっちゃいます。そんな画期的には変わらないんですが。

薪ストーブ愛好家の方々は尊敬いたします。まめじゃないと務まらないですし、根気も要りますからね。
子供の頃、薪の面倒も竈の面倒もみさせられました。郷の山は松とクヌギが多かったのですが、クヌギはシイタケ栽培に回すため、薪は9割以上、アカマツでしたね。

即Res.ありがとうございます。メーカーの説明不足は、私も同感ですthinkウンウン。

投稿: yama | 2010/06/29 22:43

千田さん、yamaさん、こんにちは。
ちょっと油断していたら、コメントがいっぱい付いてました。

>出来杉さんはどうされていますか~(@Д@;

僕はエントリーにも書いたように、1/5は気にしたことがないんです。
上刃切削角が50〜60度で横刃目立て角がちょっとフックになるように意識するだけです。
あとは刃が減って行くにつれて下を擦り込むようにしています。

あと、
千田さんのホームページリンクさせていただきますね!

投稿: でき杉 | 2010/06/30 18:05

HPの件は了解いたしました。

 先日出来杉さんが言っていた、91VXLの話が気になって、写真を撮って比べてみました。(HPにupしてあります。)
 確かに25APに近い形になっていましたよ。

 さんざんお騒がせしましたが、ポイントが解ってしまうとチェーンソーの目立てってアバウトで良いのかな? と言う気になってきました。(笑)

 講習会で言う鋭角だの鈍角だのと言うのも、話の上だけのような気がします。yamaさんの実感したとおり、多少は違うのでしょうが、本当は本質とはズレた話なのだろうと思います。(皆が納得したから通用はしてきたんでしょうが...。)

投稿: 千田 典文 | 2010/07/01 14:05

千田さん、どんどんサイトが充実したものになってますね。

91VXLはVXのまま大きくしてほしかったんですが、なにか事情でもあったのでしょう。
スチールの刃は角丸刃(セミチゼルなど)でも上刃と横刃の接線が角になっているので、カッティングポイントが意識しやすいものになっていると思います。
91VXもあのカクカクがキモだと思っています。


>講習会で言う鋭角だの鈍角だのと言うのも、話の上だけのような気がします。

これは千田さんだけに向けて書く訳ではないのですが、やはりまずはカッティングポイントというよりも刃のメッキ部分まできちんと研げているかが大事だと思います。

そして、切削角もやはり鋭角過ぎ、鈍角過ぎではだめなので、目立て角をしっかり確認して研げばよい考えています。


まあ、一番はお気に入りの目立てガイドを使って研ぐことかな。

投稿: でき杉 | 2010/07/01 20:13

 そうですね。私もVXの方が好きです。
出来杉さんに言われて、買ったものを見てから「しまった!」と思いました。(笑)

 それと、私のカッティングポイントの話は、メッキ部分まで研いである(刃が付いている)のが前提です。
 「上刃と横歯に刃が付いていないのに切れない」話と、「刃が付いているのに切れない」話とは区別したいと思います。

 切削角についてはyamaさんのように説明通りに「まじめ」に研ぐとワーキングコーナーの終わりが80度で端っこが45度にするしかなくなってしまうんだと思います。  10度下げ指定の刃は、実際に刃を見ながらヤスリを当てようとすると、どこの部分で1/5なのか解らなくなりますよ。(笑)

 

投稿: 千田 典文 | 2010/07/01 21:40

千田さん、おはようございます。

そういえば、「10度下げ」ですが、オレゴンのチェンでオレゴンの目立てゲージを使う場合は、水平に研ぐように指定されてますね。

マイクロチゼルも水平研ぎに指定されていたこともありますし。

メーカーとしては、こまけぇこたぁいいんだよ、って感じなのかもしれません(*^-^)

投稿: でき杉 | 2010/07/02 05:44

 朝早くのお返事、ありがとうございます。

 さんざん苦労した目立てなんですが、ポイントが解れば意外とアバウトなような気がしてきています。
 角度もメーカーの指定だとそれが一番だと思い込んでしまうのは、日本人だからでしょうか?(笑)

 新品の刃があるので、出荷段階でメーカーはどの位の角度でどのように刃を付けているのか後で見てみようと思います。
 グラインダーで研いでいるので、丸ヤスリとは違った付き方をしているんだろうと思いますが、何か判るかもしれません。

 

投稿: 千田 典文 | 2010/07/02 18:15

>グラインダーで研いでいるので、丸ヤスリとは違った付き方をしているんだろうと思いますが、何か判るかもしれません。

グラインダの目立てはグーフィで同じことができると僕は考えているので、千田さん、ホームページの更新待ってます!!


投稿: でき杉 | 2010/07/02 23:37

 今日は仕事で草刈りをしていたら、目の前でキイロスズメバチが私を威嚇していました。
 子供達が来るキャンプ場の傍なので、捕獲して標本にし、地中の巣にも殺虫剤を撒きました。

 ところで、新品のチェーンソーを見てみましたが、出来杉さんの推測通りでグーフィーみたいな形状(普通のグラインダーの刃の形が小さく、かつ特殊形状のもの)でした。

 グーフィーを加工すると同じように研げると思いますが、今見た事をどう表現しようか悩んでしまいましたので、しばしお待ち下さい。

投稿: 千田 典文 | 2010/07/03 21:04

 新品の刃の写真を載せてみました。

 グラインダーで研ぐので、上刃は全て平ヤスリで研いだ状態でした。
 ワーキングコーナーの下まで平ヤスリで研ぐ、というのが基本のようです。

 チェーンソーの刃を、どうして丸ヤスリで研ぐというようになったのか、そちらの方が不思議になってきました。(笑)

投稿: 千田 典文 | 2010/07/05 17:25

千田さん、さっそくのページ制作お疲れさまです。
いろんなチェンが載っていてとても分かりやすいと思います。

一つ、
>出来た凹み部分より下は切削にあまり関与しない部分なので、削らなくても良いような気もします。

僕の目立ての記事で「裾野」について簡単にまとめたものがありますが、ずっと上だけ研ぐと裾野部が抵抗になってきますし、また横刃は切断面に影響してくるし、グーフィで下まで擦ると強度が落ちてしまうし、結局◯で目立てするのがベストではないかもしれないけれど、ベターなのだと思います。

グーフィで下まで擦ると強度が落ちてしまうし、

投稿: でき杉 | 2010/07/05 22:09

 日曜日はお疲れ様でした。

 出来杉さんが終わった頃、私はチェーンソーの講習会をしていました。
 素人で安全衛生講習も受けていない私が講師です。(笑)
受講生の方には修了証を持っている方もいました。

 結局、基本の説明やら安全確保と若干の実技であっという間の2時間でした。

 来てもらった受講生のチェーンソーを見ましたが、全くひどい刃の状態で、1コマか2コマを直してみせるのが精一杯でした。
とても、全員の刃を見る事など出来ませんでした。

 で! 思い立って、今日の帰りにホームセンターに行って4mm幅のグラインダー用のヤスリを買ってきました。

 ...どんな結末になるか、こうご期待...(苦笑)

投稿: 千田 典文 | 2010/07/06 20:26

>1コマか2コマを直してみせるのが精一杯でした。

千田さんお気持ちよーくわかります。
はちゃめちゃなカッタを直すのは想像以上に大変ですもんね。
僕もせいぜい1、2つをやってみせる程度です。


>で! 思い立って、今日の帰りにホームセンターに行って4mm幅のグラインダー用のヤスリを買ってきました。

報告楽しみにまっています!!

投稿: でき杉 | 2010/07/06 22:40

 暑い中の、山仕事ご苦労様です。
東北も、35度を超える日が続いています。

 私の職場でも、最近マムシがペットボトルに入って下駄箱置かれている事が多くなりました。

 ところで、やっとグラインダーでソーを研いでみましたので、ご覧下さい。
 http://www.geocities.jp/chidaten/maki/chanesaw/grinder_saw.htm 
ですが、今までの、目立ての所からもリンクするようにしてあります。

 暑い中、熱中症にならないよう、注意して働いて下さいね。

投稿: 千田 典文 | 2010/08/05 17:19

千田さん、いつもありがとうございます。
(リンク先にうまく飛ばなかったので、飛ぶように直しました)

リンク先見ましたが、きれいに復活していますね!

僕は普段、石に当てた時はオレゴンのソーチェン用の専用グラインダを使っていますが、フリーハンドでここまできれいにできるなんて、驚きです!

普通のグラインダで目立てをする技術を公開したのは千田さんが初めてではないでしょうか?

石に思い切り当てたら丸ヤスリで直すのが面倒で、そのまま交換するという人が多いでしょうから、多くの人に千田さんのホームページが参考になれば良いと思います!

投稿: でき杉 | 2010/08/05 20:39

 オレゴンから、出ていたんですね。

HPを見たら原理は同じで、4mmの丸ヤスリ用には3.2mmの円盤を使っていました。
 と言う事は、オレゴンの円盤ヤスリを買ってグラインダーに付ければ良いのですが、直径が合わないのでそれに合うブッシングを探すか作らないといけないようです。

 それにしても、1台7万円は高いと思いました。
アメリカの値段を見たら、3万円位でした。
 チェーンソーも薪スト-ブもそうですが、どうして代理店を通すと倍以上の値段になってしまうんでしょうね??

 並行輸入のhttp://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/kanadianmasa さんのページを見ると考えてしまいます。

投稿: 千田 典文 | 2010/08/07 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/48729460

この記事へのトラックバック一覧です: 分かりやすいチェーンソーの目立てサイト:

« キマル(笹刈刃用)をつかってみた(1)<追記> | トップページ | チイチイさんと奥さん »