« 湯浅勲の林業実践問答 | トップページ | こんなスギ、見たことない »

2010/05/18

林業動画まとめ

以前のエントリーで(こちら)コメントをたくさんいただき、そこでたくさんの動画を教えてもらったので、改めてエントリーとしてまとめておこうと思います。
関連動画も入れときますね。
youtubeだけでも林業動画そうとうな数あるね〜。

わざと?失敗?

傾斜木をうまいこと倒す

逃げろ!

狙いを定めて

危ない!

矢がいっぱい

|

« 湯浅勲の林業実践問答 | トップページ | こんなスギ、見たことない »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

出来杉さん! これも是非リストに!

http://www.youtube.com/watch?v=fZmLpnvLG-Y&feature=fvw

まるでタバコ?のCMみたいですよ~

投稿: horo | 2010/05/19 08:14

horoさん、おはよう!

ほんとだ〜、なんかアメリカを感じさせる動画だわ〜。

こういうのに憧れてforest workする人もいるのでしょうね。

投稿: でき杉 | 2010/05/19 09:20

 お久しぶりです。
hiroさん御紹介の動画は、右側はどうやって切ったんでしょうねー。あの板みたいなのが刺さってるところに立って切ったんでしょうか。
そりゃ~無理だー。足場としては低すぎますねー。
元々、足場が組んであって、その残りが刺さっているだけなのかなぁ。
にしても、デカイ!伐根の揺れること揺れること。恐いよ~(≧д≦)割れでもしたら激怒されるよ~。
銘木を伐るのは、そっちの度胸も要りますよね。

 出来杉さんチャップス切っちゃったんですか。
私は顔を切りました。顔はとりあえずこうしてみました(画像無し)4針縫った。けど、もう抜糸完了。一段と人相が悪くなりました。
甘く見てると怪我をしますね。油断大敵!

人災も忘れた頃にやってくる。大概の事を予測して行動できる様になると、不測の事態を回避すべく、予測の範囲は一旦は広がり始めますが、慣れてくると、それが狭まる事もしばしば・・・
今回の私の怪我はそれです。退避距離と退避方向のミスです。足元が悪かったですからねー。
でも、言い訳無用。怪我をする奴はアホなんです。

yamaのフリ見て我がフリ直せ。皆さんもお気をつけ下さいね。私が大地にささげた血くらいでは(場所が場所だけに結構出血した)厄落としにはなってませんから。

投稿: yama | 2010/05/20 22:34

yamaさん、おはよ、、って
えー、びっくりです!
大事に至らなくてよかった。

ん〜、でも状況、心境よくわかります。
難しいかなと思っても、できると思う自分もいたり、予測して油断していたり。

仕事仲間も細い枯れ木に思い切りたたかれて、いま仕事を休んでいます。
枯れ木でもエライ衝撃だったそうです。
ヘルメットが壊れたそうですから。

お互い、そしてみなさんホント気をつけましょう!


それでは、今日の現場、芯止め伐採行ってきます!

投稿: でき杉 | 2010/05/21 06:51

yama さん、びっくりしましたけど とりあえずはお元気の様子でほっとしてます。

> 言い訳無用。怪我をする奴はアホなんです。

 厳しい言葉ですね。
 しかし、適度に言い訳をしてくれないと傍で後輩たちがその貴重な経験を共有するってことができなくなるんぢゃないかと・・・思ったりもします。

 horoさんコメントにあるリンク先の動画で、スプリングボードの位置が低いとの指摘ですが、この高さは左の地面の高さにあわせているように見えます。
 彼らの伐採現場写真をみると追いを腰から目の高さで切ることが多いようですが、太い木では目線の高さでツルを確認することが増えるように思います。
それにしても、この動画についているコメント・・・ まあ、そこそこ応戦・反論しているようですが、彼らの場合は天然林の伐採ってケースが多いんで、非難する側の気分も判るような気がします。

投稿: 月光仮免 | 2010/05/21 16:36

月光仮免さん、ちょっと一言。

horoさん紹介の動画。
コメントたくさんついてるな〜、と思っていたんですが、そういうやり取りがされてたんですね。

あの動画だけでは判断が難しいですけどね。

投稿: でき杉 | 2010/05/21 21:33

 どうも、どうも、ご心配いただき、ありがとうございます。

> 適度に言い訳をしてくれないと傍で後輩たちがその貴重な経験を共有するってことができなくなるんぢゃないかと・・・

 はい、仰せの通りですね。「失敗」を動画としてアップされている西洋の方々の功績は、大いに評価したいですね。
 先ほど、NHKの「課外授業ようこそ先輩」でノムさんが授業してましたが『“失敗”と書いて“成長”と読む』のだそうです。
データと経験を重視するノムさんらしいお言葉でした。
『“言い訳”と書いて“分析”と読む』と言う為には、焦燥・横着・侮りを自己弁護しちゃイカンという、自己反省からアホと書きました。
それでもアホな私だと思います。しかし、今よりは一年後、一年後よりは二年後に、少しでもマシなアホになれる様にしたいと思っています。

林業の現場では、傷の痛みより心の痛みが大きい事があります。
上長が「また怪我しやがってー!」と迷惑そうに言うし、幹部連中は「労災を使いすぎだー!」と責めるし・・・・ろくな指導もしてなクセにangry
(失敗動画アップしてくれる、西洋やまいきさんや、理系ならではの分析的視点から、色々と解説して下さる月光仮免さんの爪の垢でも煎じて飲めばいいのに)

> この高さは左の地面の高さにあわせているように見えます。

 なるほど、そうだったんですか。私は40秒あたりの伐根の上に立っている場面から、目測で「ずいぶん高い位置でチェーンソーを構える事になるなぁ」と判断してしまったものですからね。
眼の高さという事だったんですね、納得です。

投稿: yama | 2010/05/23 10:33

でき杉さん、今日の埼玉は雨模様です。 そちらも作業はお休みでしょうか。

 あの動画を見たとき、おそらくアメリカ建国の歴史を遙かに凌ぐだろう樹齢を重ねた樹を誰がどのような権利で伐採するのか?と疑問を持ってしまいます。
 もう西部開拓時代は終わった筈ですし(gawk)。

 日本のように先祖が植林した代々の森を収穫伐採するというのであればともかくだと思います。
 もしあの樹を植林した者が居たとすれば、それはアメリカ先住民のことだろう と思ったりするワケで。

 「ルナの遺産」で知られるレッドウッド樹上に2年間立て篭もって土壌災害さえ招来する大規模伐採に抗議し続けたジュリアという女性の話、これがまだ記憶に新しいYO という世代からみるとこの種の動画について脊椎反射的に忸怩たる思いを抱くのも・・・アリだろうなと思います。

投稿: 月光仮免 | 2010/05/23 11:14

隠れyamaさんファンの私としては、でき杉計画ブログでyamaさんのコメントを読むのが大きな楽しみだったりしてます。
 自分に厳しくという姿勢は人生美学として大いに納得できるものですけれど、その姿を見た後輩たちが対処法の手掛かりを掴めずただ萎縮してしまう副作用をも懼れる という、なんともナマイキなコメントを入れてしまいました。
 あの後でちょっと自己嫌悪。
 かなり落ち込んでいたんですが、幸いにして御寛恕いただけたようで胸をなでおろしています。

 現場ばかりやってますとだんだん雑に乱暴になってくるようで、時々ツリークライミングのイベントスタッフに参加して丁寧な作業原点を再確認したりしてます。
 遠慮会釈なく手抜きを指摘したり甘い設定を撤去してしまったりする仲間ってのは実に良い先生だと実感します。
 これからの季節の特伐作業では雨の怖さと日照の辛さとを天秤にかけるような日々が続きますが、yamaさん、どうぞお大事に。

投稿: 月光仮免 | 2010/05/23 11:30

このブログに集う人達はyamaさんファンが多いと思います。
もちろん僕もです!

今日は大雨の中チェンソーアートスクールで暗くなるまでブンブンやってました。
すっかり声が枯れてしまいました。


>樹齢を重ねた樹を誰がどのような権利で伐採するのか?

ちょっと話はずれるんですが、
僕たちも200年300年の樹(人工林)を見て、「これどうやって伐ればいいんだろう」とか「いくらになるかな?」って考えてしまうんです。
反射的にそう思ってしまうんですよ。
たまには都市住民に混じっていろんな意見を聞いて頭を冷やさないといけないです。


投稿: でき杉 | 2010/05/23 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/48396210

この記事へのトラックバック一覧です: 林業動画まとめ:

« 湯浅勲の林業実践問答 | トップページ | こんなスギ、見たことない »