« 地下足袋の謎 | トップページ | こんなヨキを使ってます »

2010/04/29

昔の人はエラかった

今入っている間伐現場の写真。
Rimg0161 Rimg0169
ほんとよくこんな岩場に植えたと思います。
これで40年生くらいだから、ちょうど木材景気がガンガン来てた頃に植えられたのでしょうか。

昔の人は岩場でも土を運んできて植えた 、とは地元で良く聞く話です。
こういう所でも根付いてちゃんと成長するし、うまくいくと結構いい木になったりするんだから、樹木の生命力には感服です。

|

« 地下足袋の謎 | トップページ | こんなヨキを使ってます »

林業(四方山話)」カテゴリの記事

コメント

すごいとこまで植えられてますね~。さすがにヒノキですね~。昔の方はちゃんと考えて植えておられますね。 その太さで40年ってことは伐るときチェンソーでも伐りにくいんじゃないですか?年輪詰まってて(ρ_;)

投稿: horo | 2010/04/30 07:57

なるほど、こういう現場で間伐作業、日に100本ですね。
 大変だなぁ~
 こっちでもガレた45度近い傾斜地のヒノキのヤマってのは多いです。
 搬出の人件費をそれだけ安く見積もれていた時代だったのかそれとも莫大な材積単価を見込んでいたのか。
 架線で下ろすしかないようなヤマではどうやってもコストが引き合わないみたいだし。
 緑の税やらなんやらでこれからは普通の都市住人からも色々な感想が出てくるかもしれませんね。 

投稿: 月光仮免 | 2010/05/01 04:38

horoさん、こんばんは。

年輪が詰まっているのは、いつものことだから大丈夫!
でも、同じ現場の檜でも堅さが全然違ったりするから面白いよね。

投稿: でき杉 | 2010/05/01 21:35

月光仮免さん、こんばんは。

いえ、ブログでのコメントは半日で100本ということだったんです。。
実際は100本伐れませんでしたけど。
伐り置き間伐ですから、本数伐ってナンボです。


>搬出の人件費をそれだけ安く見積もれていた時代だったのかそれとも莫大な材積単価を見込んでいたのか。

これ、おそらく後者じゃないかな〜。
単に間隔を空けると苗が余ってくるから、詰め込んだっていう説も有力ではないかと。


県の環境税の間伐の仕事を奥山でしていると、たまに登山してる都市住民さんと出会うことがあります。
まさか自分の達の税金で山の手入れされてるとは思ってないだろうなあ〜。

投稿: でき杉 | 2010/05/01 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/48217173

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の人はエラかった:

« 地下足袋の謎 | トップページ | こんなヨキを使ってます »