« 東京ガイダンス(2) | トップページ | 東京ガイダンス(3)ぶり縄名人 »

2010/02/09

チェンソーヤスリ、何使ってる?

こんなコメントをいただきました。

ヤスリって何処のメーカーが良いんでしょうか?
丸ヤスリは今vaLLorbe(バローベ)で落ち着いています。
三角、扁平六角は先日PFERD(ぺフォード)のを取り寄せ使用中ですが
でき杉さんも言われるように断面が一定でなく 反りが有ったり品質に??
Save Edge(セイブエッジ)も三角2本を(グーフィーは良く分らなくって、扁平六角は在庫切れで
購入できなかった)2本のみの比較だとセイブエッジがいいのかな~って
今日またBailey'sを覘いたらバローベのLime Chisel bit, forme Vallorbe, mi-doux何て読むんだろ?
断面は扁平な台形です
グーフィーと一緒にほしくなっちゃいました。お母さんに叱られソー!
こんなことを書くと女性に叱られそうだけどコーイウこだわりって理解してくれませんねー
皆さんはいかがですか?


さて、いかがでしょうか?
まず、僕の使っている丸ヤスリはバローベ、ペフォード、チェンソーメーカー純正です。
仕事仲間は他に、サンドビック、サープなども使っているみたいです。
どれが良いのかは???
善し悪しよりも、好みの問題かも。
あと、価格。
僕の場合はいつもお世話になっている販売店や森林組合に置いてあるものを使っているだけです。


>三角、扁平六角は先日PFERD(ぺフォード)のを取り寄せ使用中ですが
でき杉さんも言われるように断面が一定でなく 反りが有ったり品質に??

特にペフォードの3コーナーはダメですね。
おかしな形が多すぎます。
でも、これを加工するのは結構な技術がいるから仕方ないか〜、と仲間たちと話したことがあります。

セイブエッジはグーフィしか使った事がないですが、減りが早いように思いました。
こっちの方が安いから持ちが悪い、なんて先入観が入ってるのかも。


>今日またBailey'sを覘いたらバローベのLime Chisel bit, forme Vallorbe, mi-doux何て読むんだろ?

バローベの台形ヤスリはこんな名前じゃなかったはず、これ何語だろ。
スペイン語?
英語なら「Single Bit Chisel File」です。
普通の角ヤスリと同じように使います。
もちろんこのヤスリも国内で流通してますんで、結構使ってる人は多いかも。

そうそう、バローベは3コーナー、ベベル、グーフィ、台形と角ヤスリがそろっているので、どんどん日本に広く普及してほしいと思ってます。
そのためには需要を増やさないといけないので、このブログで少しでもその流れを作る事ができたらいいなあと思っています。


みなさんはどんなヤスリ(メーカー)を使っていますか?

|

« 東京ガイダンス(2) | トップページ | 東京ガイダンス(3)ぶり縄名人 »

林業(チェーンソーの目立て)」カテゴリの記事

コメント

台形のヤスリLime Chisel bit, forme Vallorbe, mi-doux
http://www.vallorbe.com/バローベ社のカタログから引っ張ってきました。(フランス語?)
あとプロモーションの目立て動画も参考になりますね。

投稿: 森もり | 2010/02/10 10:15

バローベのサイトでしたか。
スイスはフランス語なんですね。


目立て動画なんてありました?
バローベのサイトですよね。
ベイリーズですか?

投稿: でき杉 | 2010/02/10 18:07

バローベ社の動画
ホームページの左側メニューの下 ダウンロードリストにあります。
リストをポチッとすると、左側に出てきます。
総合カタログ、動画、・・・スキチュンナップ用具など
リストを表示したページです(英語バージョン)
http://www.vallorbe.com/Telechargement.php?p=10020&m=7&t=6&l=3
一番容量が多いのが動画です。(丸ヤスリでした)

投稿: 森もり | 2010/02/11 15:20

わ〜、ホントだ。
全然知らなかったです。

それにしてもスゥーと切れていくチェンソーは見てても気持ちいいものですね。

投稿: でき杉 | 2010/02/11 20:51

 こんばんわ、でき杉さん。忙しいですねえ。エネルギッシュ(死語?)ですねえ。あやかりたい、あやかりたい・・・(≧∇≦)

>今日またBailey'sを覘いたらバローベのLime Chisel bit, forme Vallorbe, mi-doux何て読むんだろ?

 仏和辞書引いたら、limeは[やすり]、formeは[形・タイプ]、mi- は[半分]、doux(douce)は[(食物が)甘い・(物が)手触りの良い・(動きが)なめらかな]です。

 つまり、「チゼルやすりで、バローベ型で、研ぎ味がやや滑らかである」ってことかなあと思います。ただし、最後の「mi-doux」は誤訳してるかもしれませんので、そんな感じかとお受け取りください。あしからず(死語)smile

 ちなみに私はバローベがメインです((w´ω`w))

投稿: 耕新 | 2010/02/11 22:10

うわ〜、耕新さん、凄〜い。
ありがとう!!

投稿: でき杉 | 2010/02/11 22:14

 ほ~、なかなか好ましいカンジの動画ですねー。
ダウンロードするのに、2分以上掛かるけどさー。(ウチは一応“光”。朝方、営業さんが勧誘に来てました。光がつながってる世帯は1/4程度、いまだにADSLなのが1/4弱。残りの世帯はネットにつながってないみたい。それでも、全国的にみると4~5位で、光の普及率は高い県です、と仰っていました。)

 雑談ばかりしてると、話が進まないですね(ごめん)
動画見てて思ったんですが・・・
ガイドバーのエッジって、鋼のヤスリでカエリをとるもんなの?エッジは硬いですから、ヤスリは、私なら「ダイヤモンド」をチョイスしますけどねー。
それと、デプスは、コの字型のツールを当てたまま調整磨きをするという事も、私はしませんねー。高さを見る分には使いますけど、ヤスリを当てる時は外しちゃう。

> チェンソーヤスリ、何使ってる?

 「ダイソー」な~んてね。一時期、目立てヤスリと明記して店内に有りましたよ。太いんだなー、コレが。誰がそんな大型マシンを持ってんだよー、と笑ってしまいましたが。
で、話はダイヤモンドヤスリ。
どうして上半分しかダイヤが付いてないんでしょう。研ぐ時のストロークが短くなるので、使い難くてしょうがないです。(そうじゃないのも有りますが)

 出来杉さん「コメントありがとうございます」なんてお礼は、お心遣いは嬉しいのですが、ご辞退いたしますからね。
「目立狂団団長」兼「説教山師団団長」の出来杉さんからお礼を言われると、恐縮してしまいますcoldsweats01

投稿: yama | 2010/02/13 14:39

僕はずっとお魚マークBAHCOブランドの丸ヤスリと平ヤスリでした。
平ヤスリはグーフィーと全く同じ形です。サイドに目がないだけ。
それとダブルベベル、グーフィー。
そして新たに3コーナーをササ刃に使用してみました。
これイケてます。
マニア向けブログにアップしました。
http://dffactory.cocolog-nifty.com/

投稿: だん | 2010/02/13 18:52

いや〜、yamaさんいつも詳しいコメントを恐縮です。
yamaさんのコメントを読みにくる読者もいると思うので、僕としては感謝感激なのです。

僕はガイドバーは普通に平ヤスリで落としてます。
といってもごくたまにですが。

そうそうダイソーでダイヤモンド丸ヤスリが150円で売ってて買った事があります。
最近物置で見ないから、ほかしたのかな?

>デプスは、コの字型のツールを当てたまま調整磨きをするという事も、私はしませんねー。高さを見る分には使いますけど、ヤスリを当てる時は外しちゃう

僕も外してヤスりますが、このバローベのやつはヤスリで削れない材質のものだから、そのまま置いて削ってね!ってことなんでしょうね。

投稿: でき杉 | 2010/02/13 23:42

なんだ〜、だんさんブログ始めたんだ〜。
いよいよ本命が動き出したね。
早速リンクさせてもらいます!


そういえば、お魚のヤスリも仲間が使ってたな〜。
結局は手軽に手に入るものをみんな使っているのかも。

投稿: でき杉 | 2010/02/13 23:44

 さかな、さかな、さかな~、魚でこすると~。
目立て、目立て、目立て~、目立てがはかどる~。
私も、魚。前はバローべ。その前はスチール純正だったかな~。

> いよいよ本命が動き出したね。(出来杉さん)

 きたーっ、大本命。芝でもダートでも、おも馬場でも一馬身差で来そうなサブラレッド、じゃなかったサラブレッド!

> そして新たに3コーナーをササ刃に使用してみました。(だんさん)

 おお、ナルホドです。木挽き職人がお使いになる、大鋸の“チョンガケ”みたいですね。新品チップソーなみの切り子が出とります(いや、それ以上かなー)
 「突っ込み」の記事もナルホドです。
私は、デプスが離れるから、デプスが上がったのと同じ効果が発生するからだと、そして、ソーチェーンが伸びて、スプロケットへの納まりが悪くなるから、鋸断中に踊ってしまい、正しい角度で入っていかないからだと思っていました。
眼から鱗です。

 だんさんのカッタが短くなったチェーンは、お見事です。伸びが少ないです。目立てがお上手で、しかも無茶なデプス落としはしない、押し付けて切ったりもしない、とお見受けしました。
出来杉さん、もしかして目立狂団の団長は“だんさん”かもよ~。

投稿: yama | 2010/02/14 10:18

>出来杉さん、もしかして目立狂団の団長は“だんさん”かもよ~。

僕なんて全然まだまだですから〜。
現場でつっこみ切りってほとんどしないから、あんまり深く考えた事もなかったです。
僕なんてこの程度。

僕はたんなる「情報収集屋」でつ。

投稿: でき杉 | 2010/02/14 17:47

 やだな~も~、大人だから、すぐ謙遜したがるうぅぅぅ~catface
出来杉さんは、プロカーバーでもありますから、先端の御使用頻度は、林業の数倍でしょう。突っ込み切りと酷似してるんじゃあーりませんか。

で、厚い切り子を出しながら、グイグイ食い付いていく目立てと、薄い切り子を出しながらサクサク削れる目立てと、どちらが先端部を利用してのデティール作成には向くのでしょうか?
それと、その様な細かい加工に使用される場合、今まで通りの丸棒ヤスリの目立てと、話題の目立ての、どちらが使いやすいのでしょうか?(カービングはトーシローのyamaからの質問confident

投稿: yama | 2010/02/15 23:30

確かにカービングで突っ込み切りは必須ですね〜。
でも、あんまり入っていかないときがあっても、カッターの形がどうのとか考えた事がなかったです。

んで、
>厚い切り子を出しながら、グイグイ食い付いていく目立てと、薄い切り子を出しながらサクサク削れる目立てと、どちらが先端部を利用してのデティール作成には向くのでしょうか?

仕上げ用チェンソーのデプスはあまり気にした事がないです。
意識した事がないのですが、どちらかと言えば、普通程度が良いと思います。
カービングにおいてはチェンソーは「抑えて」つかうものなので、食いついていっては困るのです。

>今まで通りの丸棒ヤスリの目立てと、話題の目立ての、どちらが使いやすいのでしょうか?

これはもう断然丸ヤスリだと思ってます。
カービングの仕上げには横刃をつかったブラッシングを多用します。
これによって表面を滑らかにしていきます。
角ヤスリを使うと、どうしても横刃に「段差」がつきますので、横刃によるブラッシングが一定しないのです。

それに仕上げのチェンは25APを使う事がほとんどですので、この場合、丸でもよく切れてくれますし。

こんな感じでいかがでしょうか。

投稿: でき杉 | 2010/02/16 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93425/47525716

この記事へのトラックバック一覧です: チェンソーヤスリ、何使ってる?:

« 東京ガイダンス(2) | トップページ | 東京ガイダンス(3)ぶり縄名人 »